日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「佐藤浩市 結婚」に関する記事

三國連太郎が死去し、囲み取材に応じる息子の佐藤浩市/(C)日刊ゲンダイ

プレイバック芸能スキャンダル史

三国連太郎・佐藤浩市 確執の父子が映画「美味しんぼ」で共演

演技派として評価が高い長男の佐藤浩市とは長らく確執が伝えられ、仕事で顔を合わせることはほとんどなかった。だが、三国73歳、佐藤35歳の時に本格的な共演が実現する。それも同じく父子の対決を描いた96年の映画「美味しんぼ」だった。 佐藤の母親は三国の3度目の結婚相手。この時すでに俳優としての評価を確立していた三国は神楽坂の芸者と同棲生活を始め、ほどなく佐藤が生まれた。し…

「非情」と報じられた佐藤浩市/(C)日刊ゲンダイ

三国連太郎さん納骨めぐり…佐藤浩市と義母に“決定的な溝”

時の流れを感じるが、三国さんの長男・佐藤浩市(53)と、三国さんの妻、佐藤にとっては義母のA子さん(64)の間に“溝”が生まれているらしい。 発売中の女性セブンは「佐藤浩市 非情納骨に義母は再び泣いた!」と報じている。 ちなみにA子さんは三国さんの4人目の妻で、佐藤の実母は3人目の妻だ。 A子さんは、81年に三国さんと結婚。公私にわたってサポートし続け、断絶状態だっ…

交際中の北川景子(右)は痛し痒し

24時間マラソン指名のDAIGO 熱愛の北川景子が“困惑”のワケ

「同映画の主演は佐藤浩市で、共演は7年ぶりの映画出演となった樋口可南子。そんな大ベテラン2人がいてただでさえ気を使うのに、話題になったのは北川ばかり。会見の際も関係者が報道陣に『北川のピンの写真を使うのだけはやめてほしい』と頭を下げていた」(映画ライター) 未来の夫の勇姿も痛し痒しのようで。…

故・三国連太郎氏

男たちの性豪列伝

「血やツバも飲めた」という太地喜和子との関係

俳優の佐藤浩市である。 39歳の時に太地と出会う。抜けるような白い肌をもち、19歳ですでに女の色香を匂わせていた。三国は彼女との情愛にのめり込む。後に太地はある雑誌で次のように告白している。 「私の過去をききたがったわ。太い指と、火のように熱い舌で、私の全身をまさぐりながら、あきることなく彼はきいたわ。私はまるで彼の催眠術にかかったように、結局すべてを話してしまった…

山本耕史

今週グサッときた名言珍言

「待たせたな!」by 山本耕史

実はこれも共演者の佐藤浩市からの期待に応える行動だった。佐藤は、香取が人付き合いの苦手なタイプだと見抜いていた。座長がそれでは長丁場の大河の撮影は持たない。佐藤はそう思い、山本に囁いた。 「お前、腹心役なんだから、なんとかしろよ」(エムオン・エンタテインメント「デジモノステーション」13年11月号) その期待に山本が応えた結果、誰とも交流を持たなかった香取はその後…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事