日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

平尾昌晃特集

歌手で作曲家の平尾昌晃

プレイバック芸能スキャンダル史

作曲家・歌手の平尾昌晃 “ドロ沼離婚”の末に幼妻とデキ婚

ー1978年7月ー 売れっ子作曲家の平尾昌晃(当時40)が再婚を発表したのは7月29日のことだった。相手は元歌手の小沢深雪(同19)。高校1年の時、「平尾ミュージックスクール」の1期生になり、75年2月、歌手デビューした平尾の秘蔵っ子だ。しかし、その後、歌手をやめ、日陰の身となっていた。 平尾が現役女子大生A子さんと最初の結婚をしたのは72年7月。男の子をもうけたが…

76歳でこの若さ!/(C)日刊ゲンダイ

あの人は今こうしている

元TBSアナ鈴木史朗さんは今…ゲームの腕が「神の領域」に

そうしたら平尾昌晃さんの目に留まり、“キミに曲を作ってあげよう”と言われ、歌手デビューしちゃったんです」 61歳で出したシングル「想春譜」(永六輔作詞・平尾昌晃作曲)は約6万枚売れた。 「2枚目の『月と盃』はたいしたことありませんでした。でも、これを聞いた日本舞踊の美柳流の家元がぜひ私たちのために歌って欲しい、とおっしゃった。それで10年くらい前から個人的に歌いため…

右写真=安倍里葎子さんと平尾昌晃さん

今あるのはあの人のおかげ

安倍里葎子が感謝 “デュエットの女王”誕生に2人の巨匠

平尾昌晃先生が校長を訪ねて店に立ち寄り、私の歌唱を聴いてくださったんです。その日こそ何もなかったのですが、後日、校長に「あの子、上京してプロにならないか?」という電話が入りました。思わぬことにスカウトです。 もちろん、最初は半信半疑。でも、翌年1月にキングレコードのディレクター、所属することになった大和企画の部長とマネジャーの3人が契約のために来られました。 ディレ…

コンプレックス克服のため手術を受けていた

土屋太鳳が告白 松田聖子も受けた“舌の手術”と滑舌の関係

〈聖子が久留米の実家から通っていた福岡市内の平尾昌晃主宰の音楽学院。そこの若い先生によると、聖子は「ラリルレロ」の発音が良くなかった。そこで「そんなことじゃ、とてもプロの歌手にはなれないぞ」と注意したところ、1週間後、聖子はそれまで通りの様子で再びレッスンに来ました。「先生、ワタシ、舌の裏の神経を1本切りました。ラリルレロの発音はもう大丈夫です」と言って〉 舌の裏…

「今も現役」と岡村さん(写真右はアイドル時代)

あの人は今こうしている

元アイドル岡村有希子さん 1字違いで味わった苦い思い出

企業イベントや町おこしのゲストに呼んでいただくと、歌大好き人間の心に火がついちゃって、フフフ」 ■1字違いで「混同」 さて、岡村さんは小学5年生の時から平尾昌晃ミュージックスクール福岡校に通い、中2でユピテルレコードに見いだされ、中3で上京。堀越高校芸能コースに進み、84年、「哀しみのレイン・トリー」でデビューした。 「それから間もなくしてタモリさんのラジオ番組に出…

アグネス・チャン「ひなげしの伝言」

姉と比較され「存在そのものが失敗」と言われた幼少期

ところが! 「アグネス・チャン ショー」というTV番組に平尾昌晃さんがゲスト出演して下さった後、日本デビューという道が突然目の前に敷かれたのです。「香港から来た妖精」などとPRしてもらいましたけど、お風呂にも入らないネクラな毒舌娘がどうしてそうなってしまうのか、いま考えても首をかしげてしまいます。でも運命って、自分の意思とか、夢とは違うところで決まっていくのかも知…

歌唱力には定評があった

あの人は今こうしている

「ミカンが実る頃」歌った藍美代子 銀座ママまでの紆余曲折

山上路夫作詞、平尾昌晃作曲の「ミカンが実る頃」だ。この曲を透明感ある歌声で歌ったのが藍美代子さん(61歳)。さて、今どうしているのか。 「いらっしゃいませ。お待ちしてました」 東京・銀座5丁目の飲食店ビル4階のミニクラブ「Biene(ビーネ)」のドアを開けると、笑顔の藍さんがいた。 「丸34年間、仙台・国分町でガンバってたパブは今年4月28日を最後に閉め、8月18日…

ヒットチャートめった聴き

日本音楽会への影響力を再認識

ハワイアンと歌謡曲を融合したマヒナスターズ、ロカビリーと合体した水原弘や平尾昌晃、ジャズボーカルの味を取り入れたフランク永井、ラテンにアプローチしたロス・プリモスや東京ロマンチカ……。古い名前ばかり並んでしまったが、これは決して昔話じゃない。今も基本的な構造は同じだ。近年のトレンドはソウル音楽との融合か。エグザイル・ファミリーを頂点に、ファンキーなダンスビートやセク…

昭和のかおりがプンプン

あの人は今こうしている

ベテラン芸人はたけんじさん 「仕事よりゴルフ」で豪華な人脈

でもね、そのゴルフのおかげで長嶋茂雄さんとプライベートなお付き合いをさせていただいたり、平尾昌晃さんのチャリティーゴルフや叙々苑カップなどのゴルフ番組からも声がかかったんですよ。実際、ひと頃はゴルフ関係の仕事も多かった。つい最近もさるライオンズクラブのコンペが潮来CC(茨城県)であり、そこで司会の仕事をね。プレー? 当然じゃないですか、ハハハ」 ちなみに、ハンディは…

生歌を初披露した松岡修造

松岡修造が自作応援歌 ブームの“暑苦しさ”はいつまで続く?

(作曲家)平尾昌晃さんのスクールに通ってボイストレーニングもやりました。松岡、おまえは歌手になったのか! そう捉えてもらっていいです」とご機嫌な様子。 さらに一般ゲスト3人に「打ち上げてみろよ、心の花火を!」「今日からキミは富士山だ!」といったおなじみの“格言”を歌とダンスに乗せて送り、途中からは応援ソングのイントロが流れただけで会場からは笑いが起きていた。 ■錦織…

献歌する五木/(C)JMPA

作詞家・山口洋子さんお別れ会 五木ひろし「渚の女」で惜別

伊集院静氏、権藤博氏、平尾昌晃氏(代読・中条きよし)、野坂昭如氏(代読・講談社OB)らが弔辞を捧げた。 また、山口さんが世に送り出した歌手の五木ひろしは、山口さんが作詞、自身が作曲した「渚の女」を献歌。故人を偲んだ。…

昔を振り返る松尾一彦さん/(C)日刊ゲンダイ

あの人は今こうしている

元「オフコース」松尾一彦さんが明かす“解散の本当の真相”

阿久悠作詞・平尾昌晃作曲の「美しい季節」でデビューするも、パッとしなかった。 「で、東芝のレコード配送センターでバイトをしたりしてね。そんなとき、バンド仲間だった大間(ジロー)が時々ドラムを叩きに行ってたオフコースから、“松尾、ハーモニカ吹けるよな?”と声がかかったのが最初」 76年、大間、清水仁とともに、小田和正と鈴木康博の2人組だったオフコースに加わった。 「ハ…

(C)日刊ゲンダイ

プレイバック芸能スキャンダル史

天馬ルミ子 ピンク・レディーのマネーで大型デビューも活動休止

その後、通い始めた平尾昌晃歌謡教室でも「歌のうまいことにかけては天才だ」と高く評価された。この教室に話が舞い込んだことがデビューのきっかけとなった。 事務所に入る時は“ピンク・レディーの育ての親”として有名な相馬一比古制作部長が面接。しかし「ちょっと立ってみて」といわれただけでOKが出て、天馬は「歌手を取るのに歌も聴かないで」と驚いたという。 デビュー後の宣伝活動は…

(C)日刊ゲンダイ

SKE山内鈴蘭のプロ級スイングに池田勇太「憎めないお嬢」

13日、千葉県内で「たかの友梨CUP 第37回平尾昌晃チャリティーゴルフ」が開催された。男子ゴルフの池田勇太(28)と「SKE48」の山内鈴蘭(19)は同組でラウンド。山内は小学校3年生からコースに出ていたこともあって、ゴルフの腕前はセミプロ級。かつてゴルフ番組で共演した古閑美保(31)に才能を認められ、「プロを目指すなら本気になれ」と言われたことをきっかけにプロ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事