日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「佐藤浩市 出演」に関する記事

三國連太郎が死去し、囲み取材に応じる息子の佐藤浩市/(C)日刊ゲンダイ

プレイバック芸能スキャンダル史

三国連太郎・佐藤浩市 確執の父子が映画「美味しんぼ」で共演

演技派として評価が高い長男の佐藤浩市とは長らく確執が伝えられ、仕事で顔を合わせることはほとんどなかった。だが、三国73歳、佐藤35歳の時に本格的な共演が実現する。それも同じく父子の対決を描いた96年の映画「美味しんぼ」だった。 佐藤の母親は三国の3度目の結婚相手。この時すでに俳優としての評価を確立していた三国は神楽坂の芸者と同棲生活を始め、ほどなく佐藤が生まれた。し…

テレビ界の矜持が問われている

事なかれ主義テレビ界に一石投じた 佐藤浩市の“反骨直言”

いまのテレビドラマのあり方に一石を投じた俳優・佐藤浩市(55)のインタビューの波紋が日に日に広がっている。 先月30日付の朝日新聞朝刊に掲載されたもので、〈ナショナリズムに訴えかけるようなドラマしか、もう残された道はないんだろうか。冗談ですが、そんなことを口にしたくなるほど、テレビドラマの現状は方向性を見失っていると思う〉と厳しい意見を言い放っているのだ。 これまで…

交際中の北川景子(右)は痛し痒し

24時間マラソン指名のDAIGO 熱愛の北川景子が“困惑”のワケ

「同映画の主演は佐藤浩市で、共演は7年ぶりの映画出演となった樋口可南子。そんな大ベテラン2人がいてただでさえ気を使うのに、話題になったのは北川ばかり。会見の際も関係者が報道陣に『北川のピンの写真を使うのだけはやめてほしい』と頭を下げていた」(映画ライター) 未来の夫の勇姿も痛し痒しのようで。…

(C)AP

高倉健インタビュー秘録

降旗監督が「もう一度」といった最初で最後のシーンがある

ビートたけし、大滝秀治、長塚京三、原田美枝子、佐藤浩市、浅野忠信、綾瀬はるか……。見ていると、それぞれの俳優、女優が高倉に向かって演技しているように見える。 出演者は大物ばかりで、映画に出てくる風景は美しい。しかし、物語は平坦で、ショッキングな出来事、立ち回りのシーンなどは一切ない。 撮影時、高倉健は「あなたへ」について、次のように語っていた。 「降旗(康男)監督が…

勝つのはどっちだ?/(C)日刊ゲンダイ

有吉は戦々恐々…ヒロミが「毒舌」復帰でレギュラー半減危機

それこそタモリやとんねるず、ダウンタウン、ウンナン、ビートたけし、所ジョージ、藤井フミヤ、中井貴一、佐藤浩市らとプライベートでゴルフをする仲。ヒロミが出演するとなれば、これらの大御所も格安で番組に出てくれる可能性が高い。 今年後半、テレビ業界の注目は有吉VSヒロミ。果たして勝つのはどっち?…

故・三国連太郎氏

男たちの性豪列伝

「血やツバも飲めた」という太地喜和子との関係

俳優の佐藤浩市である。 39歳の時に太地と出会う。抜けるような白い肌をもち、19歳ですでに女の色香を匂わせていた。三国は彼女との情愛にのめり込む。後に太地はある雑誌で次のように告白している。 「私の過去をききたがったわ。太い指と、火のように熱い舌で、私の全身をまさぐりながら、あきることなく彼はきいたわ。私はまるで彼の催眠術にかかったように、結局すべてを話してしまった…

None

「HERO」再び映画化 なりふり構わぬキムタクのプライド

前シリーズの視聴率より大幅にダウンしたこともあり、このまま“負け戦”で終われないというのが偽らざる彼の心境でしょう」(前出の芸能関係者) 今月末にクランクイン予定の続編には新旧のヒロイン、松たか子(37)と北川景子(28)に加え、おなじみの城西支部の面々と、佐藤浩市(53)などが“大物ゲスト”として出演する。豪華な顔ぶれを揃え、前作の興行収入80億円超えを目指すこと…

日中合作映画「単騎、千里を走る。」での高倉健/(C)AP

ベールに包まれた高倉健さんの私生活 定宿で毎日散髪の理由

ビートたけし、佐藤浩市、田中裕子といった健さんお気に入りの役者を並べ、ある意味、遺言のような映画でした。ただ、どんなにすごい役者を並べても、やっぱり最後は健さん映画になってしまうのです。 (談/前田有一・映画評論家)…

ヌード写真集情報も/(C)日刊ゲンダイ

バラエティーでも引っ張りダコ 宮沢りえ人気再燃の理由

宮沢りえは映画でもTVでも共演者やスタッフの評判がすこぶる良く、佐藤浩市とか、懇意にしている俳優は数えきれないから、TVマンは、喉から手が出るほど出したいタレントなのだ。 彼女にとっては実りの秋と言うべきか。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事