日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

梅宮アンナに関する記事

梅宮辰夫(右)直筆による病名と局部が書かれたイラストを持参

家族で辰夫の“回復アピール” 梅宮アンナ緊急会見の裏側

どうかと思う時もありましたが、現在は自宅で療養しております」 8日発売の「週刊新潮」の記事を受け、7日夕に緊急会見を行った梅宮アンナ(44)。およそ150人の報道陣(スチル31社、ムービー28社)を前に語ったのは、父で俳優の梅宮辰夫(78)に関するがん報道の“真相”だ。 「病名は十二指腸乳頭部がんで、ステージは1から2の間。十二指腸と胆のうは全て取って、すい臓も摘出…

「娘はしっかりせざるを得なかった」と梅宮アンナ

「育児放棄」完全否定…梅宮アンナが語る母娘の本当の関係

梅宮アンナ(43)が初の書き下ろしエッセー「女は『ひとりの時間』に磨かれる」(KADOKAWA)を発売。ワイドショーを騒がせた恋愛、結婚と離婚、一人娘についてなど私生活についても赤裸々に告白している。先日は同書の発売記念イベントで娘(百々果)とは別々に暮らしていることを告白。「育児放棄ではないか」とバッシングされたが「ぜんぜん違う」と言う。 ■離れる時間も必要だと思…

梅宮家の女性はたくましい

梅宮アンナ “育児放棄”批判にキッパリ「ウチでは普通」

タレントの梅宮アンナ(43)が11日、「女は『ひとりの時間』に磨かれる」(KADOKAWA)の出版記念記者会見に出席。かつて実業家との不倫関係が報じられたアンナをおもんぱかってのことだろう。 司会者から報道陣に対し「不倫の話は勘弁」というお達しが出されるピリピリムードの中でスタートしたのだが、当の本人はまるで意に介さず。「何でもいいんで聞いてください」と苦笑いし、ち…

ブロンドのロングヘアを披露した梅宮アンナ

ロングヘアに一新も…梅宮アンナのイメチェンに論争勃発

タレントの梅宮アンナ(43)がインスタグラムで公開した新しい髪型をめぐり、ファン同士の論争が勃発している。 近年は金髪のショートヘアがトレードマークだったアンナだが、11日のインスタグラムでは胸元までかかるロングヘアの写真を投稿。過度なブリーチで髪が傷み、後ろの髪がほとんどなくなってしまったことを明かし、「この際やってみます。後ろが伸びるまで」とエクステ姿の理由を説…

三つ子の魂百まで/(C)日刊ゲンダイ

また破局? 実業家を疲弊させた梅宮アンナの“放蕩生活”

昨年10月、山形在住の実業家S氏(47)との不倫交際が明るみになった梅宮アンナ(41)に、破局説が流れている。東日本大震災前に関係が始まったと伝えられた2人だが、別離原因のひとつはアンナの“浪費癖”だと一部で報じられた。 梅宮辰夫(76)のひとり娘として何不自由なく育ったアンナの金銭感覚は独特のものがある。ほぼ毎日更新されるブログの内容はショッピング、ファッション、…

None

“超肉食”梅宮アンナに惚れた「山形の大金持ち」の不運

山形在住の実業家S氏(46)との不倫疑惑が噴出した梅宮アンナ(41)が久々に芸能マスコミの注目を集めている。父親の梅宮辰夫(75)も“公認”というから驚きだが、それには事情があった。 所属事務所は「仕事上のお付き合い。お世話になっている方で驚いています」と交際を否定しているが、“超肉食女子”のアンナ。プラトニックなビジネスパートナーで終わるわけがないだろう。しかも、…

小倉智昭(左)と舛添前知事はどっちもどっち?

覚醒剤逮捕俳優の絵を高評価 小倉智昭に問われる“鑑定眼”

「庄司容疑者は画家の父親から絵を学び、あの羽賀研二に頼まれて梅宮アンナの肖像画を代筆したとして、週刊誌に取り上げられたこともある。そうした“実績”から、最近は俳優の仕事よりも絵を描くことが多いとフェイスブックなどで喧伝し知人らに絵を売りつけ、50万円をぼったくろうとしたりしていた。確かに美術品は好き好きで、気に入った作品をいくらで買おうが自由だけど、美術品というだ…

親子の前途は多難

母も道連れ破産危機…高畑裕太容疑者“心の闇”の核心部分

逮捕されてもドジを踏んだと思うだけで、次はうまくやろうと考えます」 裕太容疑者と同じ2世タレントの梅宮アンナは24日のテレビ番組で、裕太容疑者について「空気が読めない。人が言っていることを理解するのにちょっと時間がかかる」などと分析していたが、妙に符合する部分がある。 いずれにせよ、高畑親子の前途は多難だ。 「裕太容疑者が出演予定だった日本テレビの『24時間テレビ』…

世間の風当たりは強くてもライブ人気は高まるばかり

芸能界クロスロード

加藤紗里、ゲス川谷も…スキャンダルで焼け太りの損得勘定

昔、梅宮アンナが男性タレントと熱愛で騒がれた。単純な熱愛なのに、彼の浮気や借金問題が浮上。アンナパパの梅宮辰夫まで巻き込んで大騒ぎになった。昔から熱愛はさまざまな問題や人が絡むことで世間の関心も増す。不倫はその典型。発覚した時点でドロドロは想定できる。当事者だけでなく、奥さんなど取材対象者が広がり、ある程度の決着がつくまでメディアは追い続けられる。 ベッキーとの不…

「誠意大将軍」と呼ばれた羽賀研二の再来か…

上京後に極貧生活 狩野英孝が無類の“女好き”に変わるまで

羽賀研二が梅宮アンナとの交際を宣言した後に、巨乳のグラビアタレントら別の女がゾロゾロ出てきて、お茶の間を騒がせたスキャンダルは94年に始まった。いくら叩かれてもひるまず、身の潔白を訴える際に「誠意」を連発することから、羽賀は「誠意大将軍」と呼ばれた。しかし巨額借金も明るみになり、アンナパパ梅宮辰夫からはダメ出し。そして未公開株をめぐる詐欺事件で世間を騒がせた。 お…

米ロスの教会で挙式してから18年…

平子&栄作「離婚」へ 仮面夫婦の節目は妻のひとり歩きか

彼女は英語がペラペラで、F1の鈴鹿サーキットでレーサーの通訳をしたり、ファッション誌の表紙モデルをして、梅宮アンナに負けず劣らずの女性ファンがいたのに、家族ぐるみで『栄ちゃん、栄ちゃん』と持ち上げ、吉田の米国滞在をロスの実家で面倒をみたりしていた。吉田の事務所の目と言いますか、プレッシャーもあったのでしょうけど、三歩下がってついていくような、昔の日本女性の妻を目指し…

手を振っただけで大歓声

ママは見た! 六本木夜の芸能事件簿2

過去最大級…路上がパニックになった石橋貴明の“大名行列”

Y子が見ただけでも、女性なら西野カナ、梅宮アンナ、あびる優、AKB48の総選挙下位メンバー。男性なら、アンジャッシュ渡部、アンタッチャブル柴田、ノンスタイル井上、東京03の3人とかお笑い芸人がほとんどね。 騒がれるのは面倒かもしれないけど、まったく気付かれないのも相当ショックなはずよね。まぁだからといってY子は、キャーキャー騒いであげるほどボランティア精神にはあふれ…

湯あがり写真をアップした市川由衣

市川由衣は湯あがり…ブーム便乗「寝起き写真」変異型が続々

タレントの梅宮アンナ(42)はヘアカラー中、髪の毛がディズニー映画のマレフィセントの角のように立ち上がった写真を投稿。ビジュアルのインパクトを狙った。 色気で勝負のグラビアアイドルたちは、ほぼ下着姿のような写真を日常的に公開しているが、整形告白で話題になった森下悠里(30)は、エステ中の写真と称して紙パンツ姿を大公開。いやはや、そこまでやるか、である。 かつて貴重だ…

年齢を感じさせない(写真は40歳当時)/(C)日刊ゲンダイ

本当に40代? 元「ジュディマリ」YUKIの美貌に絶賛の嵐

女優では梅宮アンナ、寺島しのぶ、石田ひかり、鈴木砂羽、高岡早紀らそうそうたる名前がズラリだが、<年を追う毎にかわいくなる>と絶賛されるのは、やはりYUKIくらいだろう。 YUKIはかつてインタビューで、「いつまでも輝き続けるためにも、人前に出て、どんなに年齢を重ねても、私は歌っていくと決めました」と語っている。 何か“秘訣”でもあるのか……教えてほしいと願う同年代の…

彼女が何人もいた/(C)日刊ゲンダイ

梅宮辰夫 「1週間に1回じゃ回りきれない」モテ期を回顧

その3つとは、半世紀以上の付き合いだという松方弘樹(71)とのハワイロケ、72年ぶりの出生地・中国ハルビン訪問、娘の梅宮アンナ(41)との会話。 これまでの人生について聞かれた梅宮は、「やりたいことは、やり尽くした」そうで、「昔は写真週刊誌もなかった。彼女を何人持とうと、誰からも何も言われなかった。1週間に1回じゃ回りきれない、やたらモテた時代もありましたから」と…

None

「クリス?」「前園?」 長谷川理恵の“イメチェン”に波紋

実はこの川畑氏、松たか子(36)や梅宮アンナ(41)をはじめとした芸能人御用達のカリスマ美容師として活躍していた04年、大麻所持で逮捕された過去がある。 何かと火種をつくりやすい長谷川だが、芸能人は“話題性”が命。これだけ反響があれば、長谷川の「イメチェン」はある意味、大成功だろう。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事