日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「松坂大輔 西武」に関する記事

もう“怪物”にあらず/(C)日刊ゲンダイ

ソフトバンク松坂を専門家がシビアに予想 「せいぜい6勝」

4年16億円ともいわれる破格の条件でソフトバンク入りする松坂大輔(34)には専門家のシビアな見方が多い。 9年ぶりに日本球界復帰が決まった松坂は西武時代、新人年の99年にいきなり16勝を挙げる鮮烈デビューを果たしてチームのエースとして君臨。04年アテネ五輪、06年WBCでは日本のエース格として活躍すると、06年オフにポスティングでメジャー移籍。1年目に15勝、2年目…

松坂にかつての面影なし/(C)AP

メジャー帰りは弊害ばかり 積極補強に走る日本球界の“魂胆”

ドン底に沈んだそんなチームの再建をかつてのエースに託したいという球団は松坂大輔(34)に、愛着のある背番号「18」を用意するだけでなく、一説には現年俸(1億5000万円)の倍以上の金額を準備しているというのだ。 来年で35歳になる「元怪物投手」は今季所属したメッツで先発、中継ぎとして34試合に登板したものの、成績は3勝3敗1セーブ。防御率は昨季の4.42より改善した…

高卒ルーキーで初完封の高橋光成

16年ぶり高卒新人完封 西武高橋光を「松坂超える」と評論家

西武の高卒新人1年目での完封勝利は、99年の松坂大輔(現ソフトバンク)以来、16年ぶりの快挙である。 群馬・前橋育英高の2年時。夏の甲子園初戦の岩国商業戦で9者連続三振を奪って以降、プロのスカウトに注目され続けた。昨年のドラフト1位で西武に入団。「大事に育てたい」というチーム方針もあって、開幕は二軍スタート。今月2日のソフトバンク戦でようやく一軍から声がかかり、初登…

岸も楽天へ流出

プロ野球人物研究 対岸のヤジ

常勝軍団の落日 西武がかつての「長期低迷球団」と重なる

これでかつての松坂大輔、涌井秀章に次いで、3代続けてエースを失うことになった。その他、ここ10年間だけでも和田一浩、細川亨、帆足和幸、中島裕之、片岡治大ら、多くの主力がFA権を行使して退団。93年にFA制度が導入されて以降、西武のFA流出数は計15人にものぼる。これは12球団トップの数字だ。 これだけ人材が抜ければ、さすがの常勝球団も弱体化して当然だ。近年の西武は親…

松坂以来の高卒新人月間4勝をあげた高橋光成

高卒で月間4勝 高橋光成の快挙生んだ西武「育成失敗」の教訓

5回4安打2失点で4連勝を飾り、パ・リーグ高卒新人としては99年の松坂大輔(現ソフトバンク)以来となる「月間4勝」をマークした。8月2日のソフトバンク戦でプロデビュー。初戦は黒星を喫したものの、その後は勝ち続けている。 2年前の甲子園優勝(前橋育英高)投手。プロ入り前から実力は評価されていたが、ここまでの躍進は、チーム方針のおかげもある。 西武はここ数年、即戦力の高…

リハビリ施設を転々としているという

「本当は辞めたいけど」SB松坂の心境を西武時代の同僚“代弁”

5月下旬の二軍戦を右肩痛で回避したソフトバンクの松坂大輔(34)。現在はリハビリ組が練習する西戸崎合宿所すらも離れ、県外のリハビリ施設を転々としている。 冒頭の三井氏は「試合で投げて痛めたわけでもないし、肩自体は軽症じゃないか」と、こう続ける。 「問題は大輔のモチベーションです。そもそも、日本に戻ってきたのはメジャーと違って先発を確約してくれるから。逆に言えば、日…

日本復帰2年で登板わずか1イニング

松坂、涌井、筒香を育てた 鬼の秘伝書

教え子のソフトバンク松坂大輔を復活させる方法がある

教え子のソフトバンク・松坂大輔(36)である。 3年契約の2年目、10月2日のシーズン最終戦でやっと出番が訪れた。10年ぶりとなる日本の一軍マウンドは2点を追う八回。いきなり4連続四死球とコントロールが定まらない。暴投や3者連続安打で1回5失点と散々な内容で降板した。引っ掛ける球が目立ち、最速は144キロだった。 ■できない「体重」移動 見ていて悲しくなった。投球フ…

16日は捕手の高谷と話し込むシーンも

一軍遠いソフトB松坂 安定感抜群“同学年”和田と何が違う?

16日の西武戦に先発したソフトバンク・松坂大輔(35)のことだ。 右肩手術から7カ月が経ち、約1年ぶりの一軍マウンド。用意された舞台は勝手知ったる古巣の西武ドーム。寒さを考慮され、試合前に予定の4回から2回に短縮されもした。それでも結果が伴わない。 ソロ本塁打を浴びるなど、2回を投げて3安打1失点。ベース手前でワンバウンドするシーンもあり、制球の悪さは相変わらず。3…

今季がダメなら…

宮崎パレードに姿なし…ソフトB松坂大輔はいきなり正念場

華やかな出迎えにナインが頬を緩ませる中、影も形もなかったのが松坂大輔(35)だ。 パレードに参加したのはキャンプ一軍スタートの選手のみ。今季から古巣復帰の和田(前カブス)は、「僕がいてもいいのかな」と苦笑いしていた。昨季一度も登板せずに二軍スタートの松坂がパレードに参加しなかったのは当然だが、輝きを失った背番号18はそれどころではない。 ソフトバンクの先発ローテは昨…

江夏豊氏(左)は松坂大輔を心配する

球界のエースから虎の有望株まで 江夏豊氏が「投手」を斬る

今季プロ野球の話題を独占しているのは8年ぶりに広島に復帰した黒田博樹(40)だが、松坂大輔(34=ソフトバンク)も9年ぶりに日本球界に戻ってきた。松坂は開幕前にインフルエンザにかかり、さらに右肩の筋疲労で調整が大幅に遅れている。彼に高校1年の時から注目しているのが、現役時代に「優勝請負人」と呼ばれた江夏豊氏(66)だ。通算206勝の元剛球左腕が、松坂や二刀流の大谷、…

孤独な元怪物がラウンド中に笑顔/(C)日刊ゲンダイ

孤独にじむ“元怪物”…ソフトB松坂大輔のキャンプに密着

息抜きは休日のゴルフくらいでしょう」(チーム関係者)…

松坂は「若手のようにアピールする立場じゃない」とマイペース調整続ける/(C)日刊ゲンダイ

「ダメなら厳しく書いて」 ソフトB松坂大輔が語った“覚悟”

日本球界へは9年ぶりの復帰となるソフトバンクの松坂大輔(34)。マイペース調整とはいえ、8日の投球練習はまだ5割から6割程度。変化球はたびたびワンバウンドした。5日のブルペンでは佐藤投手コーチからまるで新人のようにヒジの上げ方や体が開く悪癖を修正されて話題になった。マイペース調整の現状をどうとらえているのか、松坂本人に聞いた。 ――日本のキャンプはどうですか? 「今…

日本の現役では最多安打

橋本清の取りたて直送便“本音を聞きたい”

現役最多安打の松井稼が語る 「対戦して手ごわかった投手は」

西武時代に一緒だった(松坂)大輔もそうでしたね」 (野球評論家)…

手術は無事成功したようだが…

怠惰と慢心にファン怒り 右肩手術の松坂を待つさらなる孤立

ソフトバンクの松坂大輔(34)が18日、関東地方の病院で右肩の内視鏡手術を行った。実戦復帰まで約6カ月の見込み。今季絶望である。 今季9年ぶりに日本球界に復帰した「平成の怪物」は、オープン戦で右肩の不調を訴え、開幕からファーム暮らし。5月の二軍戦で一度は実戦復帰したものの、再び肩の異常を訴えペースダウンを余儀なくされていた。その後は二軍施設でトレーニングを続けてい…

復活の気配を感じる涌井

鬼の視点

松坂が涌井を復活させた

涌井に一番効くのは、6歳上の先輩・松坂大輔(34=ソフトバンク)である。松坂が9年ぶりに日本球界に復帰したことで、やっと自覚が芽生えたのではないか。 涌井にとって松坂は特別な存在だ。中学3年の時、同じ神奈川の強豪・桐蔭学園からも誘われていた。しかし、松坂の活躍を見た涌井親子に「松坂さんを育てた小倉部長がいる横浜高校がいいんです」と言われたことを覚えている。西武入りし…

マイペース調整に「待った」がかかりそうな松坂 (C)日刊ゲンダイ

本拠オープン戦登板か ソフトB松坂に「投げる営業マン」指令

9年ぶりに日本球界に復帰したソフトバンクの松坂大輔(34)。20日にはベテランらを相手に打撃投手として登板。途中、薬指に巻くテーピングが気になり松中に死球を与える場面もあったが、安打性の当たりをわずか4本に抑え、順調さをアピールした。松坂は3月に入ってから実戦で投げることを想定。早い時期での実戦登板は見送りたい意向だ。 ところが、そんなマイペース調整を続ける右腕に新…

松坂にアドバイスする工藤監督/(C)日刊ゲンダイ

2015 キャンプ探訪

山崎裕之氏がソフトB工藤新監督に松坂の“見切り時”を直撃

【山崎裕之 2015キャンプ探訪】 ホークスキャンプの話題を独占している松坂大輔(34)は、1年間フルに働けるのか? 恐らく工藤新監督が最も懸念している点を、ズバリ聞いた。 「松坂については今のところ、何も心配していません。本人は(スポーツ)新聞などで、『左足のステップが開く』とか『左肩の開きが早い』などと書かれているので、それを気にしながらフォームをチェックしてい…

ホントに大丈夫?

調整=投げ込み 汚名返上狙うSB松坂「熱投239球」の不安

7日、周囲が心配そうに見守る中、延々とブルペンで投げ続けたのが、ソフトバンクの松坂大輔(36)だ。 その数、なんと239球。それでも本人は涼しい顔で「疲れた状態で投げたい」と話し、報道陣の目を白黒させた。 松坂は14年オフに3年12億円でソフトバンク入りするも、2年間はほぼ何もせず。「給料ドロボー!」との非難はいまもなおやんでいない。今季は契約最終年。汚名返上に燃え…

早くも清宮争奪戦が勃発

巨人が血眼になるほど加速 清宮の“大学経由メジャー挑戦”

松坂大輔や田中将大、近い将来の大谷翔平のように、日本のプロ野球を経由してポスティングシステム(入札制度)でメジャー入りの夢をかなえる方法を清宮が選択してくれればまだいいが、巨人だけはいまだにポスティングによるメジャー移籍を認めていない。逆指名が廃止された今のドラフト制度では、巨人がドラフトで清宮の当たりクジを引く可能性があり、入団したら最低でも海外FA権を取得するま…

ボロボロだった

1回5失点の大炎上でも…SB松坂は来季も現役で年俸4億円

ソフトバンク松坂大輔(36)が昨2日の楽天戦の八回に日本復帰後初登板。大きな拍手で迎えられた3648日ぶりとなる日本の一軍マウンドに待っていたのはしかし、厳しい現実だった。 先頭打者から4連続四死球を与えるなど、1回3安打5失点。試合後は「しっかり受け止めて、来季に向けて一からつくり上げる」と話した。 9年ぶりに日本球界に復帰した昨年は、オープン戦で右肩を痛め、一…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事