日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「二宮和也 映画」に関する記事

佐藤健のファンも多い

上海で「64」大当たりも 邦画に中国全土“外国映画枠”の壁

それぞれ、佐藤健(27)、二宮和也(33)が主演しており、2人は中国でも非常にファンが多い。 また、メジャーな作品ばかりではなく、現在日本で公開中の「葛城事件」や「蜜のあわれ」、25日から公開される「二重生活」などの単館系作品までチケットが完売だった。 上海は中国の中でも日本映画に関心が高い。それにあわせて、日本の映画界サイドも近年、上海での日本映画上映を着々と進め…

None

芸能界クロスロード

木村拓哉と岡田准一の差

不可思議だったのは、映画公開から1週間も経たないうちに来年公開の映画「検察側の罪人」で“嵐”の二宮和也との共演を発表したこと。SMAP時代ではありえなかった二宮との共演。話題性は十分だが、二宮人気に頼るかのようにも見えてくる。あまりに早すぎる発表。まるで公開中の映画を諦めて次の話題に転換したとの見方もされている。 スタートに失敗した木村の映画から1週間後、今やジャ…

山田洋次氏は監督生活50年以上

「家族はつらいよ」がヒット 山田洋次監督に再び全盛期が

今月、授賞式があった第39回日本アカデミー賞で、二宮和也が最優秀主演男優賞を受賞した「母と暮せば」は最終で19億円前後まで伸びるという。「家族はつらいよ」と合わせると、何と40億円近くまで見込めそうだというから驚く。 50年以上にわたる監督生活の中で、ここまで短期間でヒットが続いたのは珍しい。失礼ながら、ひょっとして再び監督の全盛期がやってきたのかもしれない。 「…

ジャニーズは是が非でも映画賞をとらせたい

ソロ初仕事で正念場 キムタク「無限の住人」にかかる重圧

「ジャニーズ事務所の後輩であるV6の岡田准一、嵐の二宮和也がここ2年連続で『日本アカデミー賞』の最優秀主演男優賞を受賞。今年度は岡田が主演作『海賊とよばれた男』で2度目の同賞受賞の呼び声が高い。となると、来年はどうしても、キムタクの主演作が後輩たちの作品と観客動員などで比べられてしまう」(映画業界関係者) キムタクといえば「武士の一分」で「日本アカデミー賞」の優秀…

ファン垂涎のVRアトラクション

目玉は“疑似転送” 映画「GANTZ:O」公開記念特別展示開催

死んだはずの人間たちと謎の星人の壮絶な死闘を描き、2011年に嵐の二宮和也主演で実写映画化され大ヒット。10月14日からはフル3DCGアニメーション映画として公開になる。 それに先駆けて特別展示「GANTZ:O―驚愕の映像世界への転送体験―」が14日からNEWoMan SHINJUKUで開催になるというので話題だ。 今回の展示会の目玉は疑似転送を楽しめるVRアトラク…

None

数字で読み解く芸能界

菅田将暉ガッツポーズか

木村サイドの意向もあるのか、公開後に話題はパタッと減り、報じられたのは来年公開の映画で嵐の二宮和也と共演するという情報だった。「無限の住人」の外国人プロデューサーが木村を「次世代の三船敏郎になる可能性は十分ある」と語ったが、リップサービス? としてはありでも現実は違う。キムタクがミフネになる可能性などないし、2人を比べる感覚をどうかと思う。(作家・松野大介)…

女優の凄さを見せた吉永小百合

大ヒット 吉永小百合が「母と暮らせば」で見せた渾身演技

吉永小百合と二宮和也が出演している「母と暮せば」がヒットしている。予想では興収20億円以上。とくに平日が強い。この1週間は各シネコンではもっとも稼働率が高かった。 今年84歳の山田洋次監督、執念の映画化である。長崎に投下された原爆で亡くなった息子を思いやる母(吉永)のもとに、ある日突然、息子(二宮)が現れた。母は息子とかつての記憶の話を重ねながら、彼と束の間の逢瀬を…

ブログで交際をアピール?

芸能界クロスロード

熱愛報道の伊藤綾子に苛立ち 二宮和也ファンの複雑“女心”

名実ともにアイドル界の頂点に立つなか、7日発売の「女性セブン」が二宮和也(33)の熱愛を報じた。 相手は2歳年上のフリーアナ・伊藤綾子(35)。記事によると二宮の住む高層マンションに伊藤が通い、部屋だけで会う徹底した密会ぶり。「結婚願望が強い」という伊藤。記事からは伴侶を得た感さえ読み取れる。両事務所とも否定も肯定もなしだが、熱愛に敏感なファンが苛立つのはいつもの光…

ルックスと演技力は申し分ないが…

冬ドラ女優“辛口”通信簿

「いつ恋」1ケタ…有村架純が超えられない“視聴率の壁”

過去にも、4回共演している福士蒼汰や、『失愛ショコラティエ』での松本潤、『弱くても勝てます』での二宮和也と海老蔵が有村にメロメロでした。映画『劇場版SPEC』で共演した竜雷太もデレデレにしてしまった。今回も共演する高良健吾や西島隆弘、坂口健太郎などとの熱愛疑惑が起きないとも限りません。番宣で若手俳優陣のチームワークの良さをアピールする中で、熱愛発覚なんてことになれば…

None

ドラマ2本が高評価…二宮和也が“利き腕”で見せた芸達者

なかでも「嵐」の二宮和也(32)を主役に起用した2本――TBS系「赤めだか」(12月28日放送)と、フジテレビ系「坊っちゃん」(1月3日放送)はド派手な前宣伝もあって注目されたが、いい具合に期待を裏切る内容だった。 「2作とも良質で見応えのある青春ドラマでした」(コラムニストの桧山珠美氏)と識者も太鼓判を押すだけあって、思わず涙腺が緩む場面やセリフがたんまり。録画し…

若手だらけ(左から綾瀬はるか、福士蒼汰、広瀬すず)/

“番宣目的”の若手ばかり…テレビ各局「終戦特番」を振り返る

その中で最も数字を稼いだのは、「嵐」の二宮和也(32)を起用したNHKスペシャル「“終戦”知られざる7日間」の9.3%だった。二宮は映画「硫黄島からの手紙」(06年)に続き、今年12月には長崎の原爆投下をテーマにした映画「母と暮せば」(吉永小百合主演)への出演が控えている。番組ではこういった経歴とともに戦争に向き合う若手俳優の代表格として二宮を紹介したが、ま、早い話…

None

じぇじぇじぇ! 能年玲奈の「金髪ヤンキー役」に評論家の見方は?

恋人の春山役は嵐の二宮和也(30)が有力だという。 アイドル評論家の北川昌弘氏はこう話す。 「『あまちゃん』はありのままの姿でやれただろうけど、それだけじゃないという成長を見せるにはいい役かも。主演映画で、相手がジャニーズならそこそこ客も入るし、安全。一番リスキーなのは恋愛ものの連ドラです。ただ、私はどうしてもイメージを変えなきゃいけないという必要性は感じない。年末…

セクシーな衣装がサマになっている

伊勢谷友介と破局で脱皮 長澤まさみ「初ヌード」の期待度

伊勢谷と交際する前には、嵐の二宮和也、同郷のEXILEのAKIRA、さらには一部報道で広末涼子の元夫でモデルの岡沢高宏と交際し、岡沢の借金返済を迫られていたことまで報じられたのだが……。 「よく、女優として成長するため、恋愛は不可欠といわれるが、長澤は図らずもそれをしっかり実践している。転換点となった作品は『モテキ』(11年)で、男性経験が肥やしになって、いわゆる…

黙り込んでしまうのも無理はない

嵐・二宮の目の前で…長澤まさみが黙り込んだ“ダメ男”の話

西田がなぜそこまで“ダメ男”にこだわったのかは不明だが、壇上の長澤の前には、映画「母と暮せば」のキャスト・製作陣のテーブルがあり、主演の二宮和也(32)がちょうど目の合う場所に座っていた。 長澤と二宮は、過去に「熱愛」「半同棲」が報じられた仲。“昔の男”の前でダメ男が好きか尋ねられるなんて、お互いさぞかし気まずかったに違いない。…

None

嵐・二宮はともかく…ジャニーズだらけだったフジの凋落

そんな中、評価を上げたのは日刊ゲンダイ本紙でも取り上げていた年末の「赤めだか」、1月3日の「坊っちゃん」と2つのドラマSPで主役を張った嵐の二宮和也だろう。 二宮はもともと芝居がうまい。夏目漱石の名作「坊っちゃん」では、生徒との確執から打ち解けるまでがストーリーの軸だが、教室で生徒に対し、「謝る気がないなら、謝るな!」という短いセリフでも、声に高低(少しずつ盛り上…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事