日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

森進一特集

森進一&日本エレキテル連合/(C)日刊ゲンダイ

「日本エレキテル連合」ブレークに森進一がニヤリとする理由

演歌の大御所・森進一(66)だ。 「キーワードは彼女たちのギャグ『だめよ~、だめだめ』。実は森の大ヒット曲『年上の女』にも同じフレーズが出てくるのです。一説にはエレキテルが森の歌詞を参考にしたとも言われている。これから森が地方公演などでこのギャグを使い倒すのは容易に想像できます」(音楽関係者) 実際、先々週放送の「BS日本のうた」(NHK―BS)ではエレキテル風「だ…

鳥越俊太郎氏と森進一は40年来の友人

都知事選で応援演説 森進一と鳥越俊太郎氏の意外な“交友”

わずか40秒の演説にはビックリだったろうが、聴衆たちがもっと驚いたのは都知事候補・鳥越俊太郎氏(76)の応援弁士として歌手の森進一(68)が登場したことではなかったか。なんでも2人は「40年来の友人」(鳥越氏)なのだとか。どんな付き合いだったのか? 「鳥越さんがまだ『サンデー毎日』の記者だった77年、すでに大スターだった森さんを密着取材して以来の付き合いだそうです。…

28歳年下女性と再々婚の話も

森進一「紅白」卒業も…歌唱力継いだ“息子”に高まる期待

森進一が「紅白」からの卒業を自身のHPで発表した。森は今年で歌手生活50周年。「紅白」は48回連続出場になる。自らの卒業宣言は一昨年の北島三郎に続く。 最近は毎年のように「落選」を喧伝されていた。演歌不振のなか、どう周囲が騒ごうと、連続で選出されたことは、「紅白」には欠かせない歌手だったことを意味する。これで今年の大トリを森が務める可能性も出てきた。 多くのヒット曲…

ピンチの森進一と復帰の小林幸子

ジャニーズ内闘争、森進一の落選危機…ドタバタ紅白の舞台裏

一新を図りたいNHKが市川由紀乃、山内恵介、三山ひろしらを初出場させたい一方、藤あや子、細川たかし、森進一らベテランを当落線上で検討している。ちなみに歌手生活50周年の森は納得できない。森自ら作詞作曲した記念曲のタイトル『あるがままに生きる』とは裏腹に、泣くに泣けない落選だと猛アピールしているそうなんです」 そんな舞台裏のドタバタなんて「勝手にやって」と視聴者は言い…

28歳年下のOLと交際中の森進一

お相手は28歳年下のOL 森進一「3人目の妻」の射止め方

森進一(67)に、恋人の存在が明るみになった。 相手は28歳年下のOL。7月下旬に映画「ターミネーター:新起動」を六本木ヒルズで仲良く観賞した際、「女性セブン」の記者が見つけ森を直撃したところ、「大切な人です」と交際を認めたという。 森昌子との離婚から10年、孤独死のニュースに「明日はわが身」とおびえるような日々を送ってきたが、約2年前に彼女ができて以来、「人生に彩…

熱狂的なファンの妄想に巻き込まれた

プレイバック芸能スキャンダル史

事実無根の婚約不履行で訴えられた森進一の悲劇

―1973年1月― 1月18日、午後1時30分、山口地裁下関支部の法廷に森進一(当時25)が立っていた。森側の弁護士が尋問を開始した。 ――Iさんと会ったことはありますか? 「ありません」 ――自分から手紙を出したり、彼女からもらったことは? 「彼女の方はあるかもしれませんが、ボクは一度も見ていません」 ――Iさんの家に行ったことは? 「ありません」 Iさんとは森を…

上田正樹(左)

ドロップアウトから始まった ライフ&ライブ

結成と解散繰り返しサウス・トゥ・サウスができた

「おまえの声は森進一だ。森進一歌え!!」とか。 リズム&ブルースをやりたいなんてわがままは許されない。ハワイアンも演歌もジャズも、何でもやったね。 でも、若い頃にそういう経験をしたのはいい勉強になった。だいたいそういうお店では対バンっていって、2つのバンドが交代で張り合って演奏する仕組みになっている。 フィリピンやインドネシア、アメリカのバンドと対バンすることがよく…

「森のくまさん」

パーマ大佐「森のくまさん」 気になる円満解決のお値段は

「馬場氏側には提示額の半分、150万円程度が支払われたのではないでしょうか? 07年には、森進一が『おふくろさん』にセリフを加えたことに、同曲を作詞した作詞家の川内康範氏が激怒。森は同曲を歌うことを禁じられたことがありました。そのくらい原作者の意向は重要で、改作側に弁解の余地はない。今回の件で馬場氏も入らないお金が入ったし、パーマ大佐も話題の『森のくまさん』が歌え…

今年の紅白は「見たくない」と恨み節

あれもこれも言わせて

和田アキ子「紅白落選」は終わるものは終わる閉経と一緒

もっとも、小林幸子が落選した時、サブちゃんや森進一が卒業した時、我が身の処し方を考えるチャンスはいくらでもあったのに自分だけ安泰と思っていたアッコも愚かだ。 それで慰めるわけではないが、今の「紅白」にアッコが固執するほどの値打ちがあるとも思えない。今年の出場歌手をざっと見れば、ちょっと豪華な「うたコン」レベル。司会が谷原章介じゃないという違いだけ。 考えようによって…

紅白初出場の歌手たち

NHKが一縷の望みをかける 「SMAP紅白出場」の大バクチ

「かつて森進一、布施明、小柳ルミ子、沢田研二ら『渡辺プロ』所属の歌手が、紅白を“占拠”したことがあります。その時は歌手にそれぞれの個性があった。もちろん、ジャニーズも各グループに個性はある。しかし、中高年にとっては、同じ“少年”にしか見えないかもしれません。こういう特定の事務所に偏った状態が続けば、ジャニーズに興味のない視聴者は白けるし、紅白が根本からダメになって…

北島三郎、森進一に続き、細川たかしも卒業表明

細川たかしまで…大物歌手が続々「紅白卒業」の裏事情

さらに昨年は、森進一が公式サイトで紅白から身を引くことを表明した。音楽評論家の富澤一誠氏はこう言う。 「平均視聴率が70%近くあったころの紅白では『落選』となると、“歌手人生が終わった”というくらいの影響力がありましたが、今はそこまでではない。紅白に出なくても、やっていける歌手はやっていける。逆に落選する前に“卒業”したほうが、世間的には『度量が広いよね』となる。ベ…

山路徹さんは紛争地取材を精力的に送っている

私が書いた離婚届

山路徹さん 「いつ名前が変わったの?」と追及されて…

今思うと、大原麗子さんが森進一さんと離婚した時の言葉、「家庭に男が2人いた」というのに近かったんだと思います。別れる時は「これからも助け合っていきましょう」と言ってくれました。そんな彼女から「いつ名前が変わったの?」と追及される日が来るとは、思いも寄りませんでしたね。 ミャンマーでウチの記者が殺され、その弔いもあって、潜入取材を敢行した時のこと。僕はブラックリストに…

ぶら下がり取材は黒山の人だかり

スキャンダルで離れる共産女性票 鳥越氏に起死回生策は?

18日、歌手の森進一(68)を引っ張り出した巣鴨の練り歩きでは、あいさつ程度で森にマイクを渡す“伝説の40秒演説”をやってのけ、集まった有権者の猛反発を買った。そこに降ってわいた醜聞だ。挽回にどう動くのか。 「街頭演説は今後も1日2回ペースで調整していますが、都民と触れ合い、都民の声に耳を傾ける機会を増やしていきます。保育所や老人介護施設などの視察も始めました」(鳥…

福田こうへい(左)の復帰宣言で大混戦に…

本命が小林幸子なら大穴は? 今年の紅白“演歌枠”は大混戦

このうち森進一は“卒業宣言”しているから、小林の指定席は確保されたも同然。問題は誰が当落線上になるか、だ。 「昨年は“けん玉”の三山ひろしや“イケメン演歌”の山内恵介という2人の初出場組、さらに14年ぶりに復帰した島津亜矢が演歌枠では注目を浴びました。しかし、初出場や復帰組の2年連続というのは非常に難しい」(前出のプロデューサー) 安泰なのは五木ひろし、氷川きよし、…

増田氏(左)と鳥越氏(右)

増田氏は今井絵理子を動員 都知事選“候補者たちの選挙戦”

応援に駆け付けた演歌歌手の森進一との交流もしかりで、「森さんもC型肝炎と闘った」と紹介していた。 「選対は高齢批判や体調不安のレッテル貼りに反論していますが、実際そこを一番気にしている。応援弁士がみな健康のことに触れるのはそのためでしょう」(民進党関係者) ■人気投票批判の増田氏が… 小池氏と鳥越氏に水をあけられた増田氏はこの連休に街頭18カ所に立ったが、演説はペー…

大滝詠一「DEBUT AGAIN」

ヒットチャートめった聴き

歌い手 大滝詠一の卓抜した資質が味わえる奇跡の新作

森進一に提供した「冬のリヴィエラ」も英語詞による「夏のリビエラ」として収められている。いわゆる“セルフカバー集”。 そういう意味ではソングライターとしての大滝詠一にスポットを当てた作品集のようにも思えるが、実際に音に接してみると、他のシンガーによる歌唱との比較の中、むしろ歌い手としての大滝詠一の卓抜した資質を味わえる仕上がりになっている。 たとえば「熱き心に」など、…

辺見マリ「半生」を語る

レコード会社の会議でようやく決まったデビュー

この日のメーンはデビューが決まっていた森進一さんだった記憶があります。 そしてこの会議は、同時にデビューさせるかどうかのボーダーにいる子を判断する場でもあったんです。私は正式には何も決まっていない状態でしたから、ドキドキしながら皆さんの前で歌いました。 それで歌い終わって待っている時に、「次は君の番だ。僕がやるからデビューするよ」って声をかけられたんです。もう、あの…

いまだ前近代的な価値観がまかり通る

どうなるSMAP「解散ノムコウ」

SMAP独立騒動で白日の下に 芸能界の「暗部・恥部・力学」

そこへ芸能界の大物といわれる一部の人間が顔を突っ込み、“独立したらテレビに出られない”とか“俺が話をまとめてやる”なんて口を挟んで利権に一枚噛もうとし、結果的にグチャグチャにしてしまったのです」 過去の例として肥留間氏が挙げるのは演歌歌手・森進一(68)の独立劇だ。昭和54年1月に渡辺プロダクションから独立した森は、直後から出演が決まっていたテレビ番組のキャンセルが…

目玉だったはずの黒柳徹子(右)も添え物感タップリ

歴代最低視聴率 NHK紅白“トリの人選”がオワコンの証明

そもそもなぜ、紅白卒業の森進一に花を持たせなかったのか。一事が万事で、出場歌手の不透明な選考に始まり、人によって歌う時間や曲数が異なる不平等さが際立っていました。年々、面白くなくなっていますが、今回は本当にダメダメな紅白でした」 たしかに、目玉のはずだった最高齢司会の黒柳徹子も添え物感タップリ。だいたい、トップバッターが郷ひろみの「2億4千万の瞳」で、数少ない目玉が…

NHK紅白歌合戦の軍配はどちらに?

2015年紅白歌合戦をより楽しむための「10の基礎知識」

森進一は見納め? 「北島三郎は50回出場で紅白を勇退しました。一方の森は今年がデビュー50周年。区切りの年です。これが最後という条件をのんで出場を勝ち取った」(音楽関係者) ⑥きゃりーぱみゅぱみゅがいない! 「表向きの理由は今年の活躍やNHKへの貢献度が高くなかったから。実際は、破局した元恋人『SEKAI NO OWARI』のボーカルFukaseとのバッティング…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事