日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「陣内智則 お笑い」に関する記事

また下半身でお騒がせ/(C)日刊ゲンダイ

陣内智則の自宅ロケで「TENGA」が映り込む“放送事故”

3月29日に放送された「オールスター感謝祭」(TBS系)で、お笑い芸人・陣内智則(40)の自宅に“とんでもないモノ”が映り込んでいたとネットで話題になっている。 問題のハプニングは、「芸能人自宅のぞき見クイズ この家の持ち主は誰でしょう?」という4択設問中に起こった。「都内22階建て賃貸タワーマンション」と紹介された自宅VTRで、「様々な調味料&キッチングッズ」とい…

二股騒動・ノラリクラリにもめげず

結婚間近か 松村未央アナが乗り越えた陣内智則の“悪い癖”

交際中のお笑い芸人・陣内智則(42)が22日に開いた単独ライブで、フジテレビアナウンサーの松村未央(29)との結婚を明言した。 8月1日、ロサンゼルスのフォンダシアターで全編英語での単独ライブを行うことを発表するとともに「ライブを成功させて、一回り大きくなってから、真剣に考えたい。プロジェクションマッピングを使って求婚するネタで(プロポーズ)できたら、芸人冥利につき…

片岡愛之助(左)と藤原紀香

紀香&愛之助にソロバンはじくTV局「2度目でも披露宴を」

07年の放映権料1億5000万円といわれた『陣内智則と藤原紀香の披露宴』は視聴率24・7%をマーク。同様に1億円といわれた10年の『市川海老蔵と小林麻央の披露宴』が視聴率18・7%で、大物、話題のカップルの披露宴はテレビ局にとってドル箱なんです」(編成関係者) 最近は大掛かりな結婚披露宴を中継する芸能人が激減している。理由はいくつもある。2人だけの思い出とか家族関係…

G★MENS時代のザコシショウ(左)と静岡茶っぱ

ザコシショウの芸人風雲録

ボクの部屋でエッチした先輩、ウンチしてた礼二

◇ ◇ ◇ 前回まで話したように同じ11期の陣内智則、ケンドーコバヤシ、中川家たちとは気が合って、ボクと相方(G★MENS/静岡茶っぱ)が住んでた2間のアパートに遊びに来てたっスね。同期じゃなくても、メッセンジャー、ユニットを組ませてもらった世界のナベアツさんがいたジャリズム、なだぎ武さんとかも来てた。心斎橋筋2丁目劇場の近くだから、たまり場になってたんスよ。 だ…

左上から時計回りに、石原さとみ、きゃりーぱみゅぱみゅ、日本エレキテル連合

石原さとみ、剛力彩芽で違い 「ネットの声」芸能人どう対応?

一方、お笑い芸人の陣内智則(41)は、4月放送のバラエティー番組「旅ずきんちゃん」(TBS系)に出演した際、ネット上で自身についてウソを書かれるのは困るとしながらも、評価を書かれることについては全く関心がなく、エゴサーチは行わないことを明かしている。 ネットの声の受け止め方、対処法は芸能人によって千差万別のようだ。…

ザコシショウ

ザコシショウの芸人風雲録

ベテランのスベってる漫才を見てニヤニヤ

同期の陣内智則、中川家、ケンコバ、たむらけんじたちは一緒にいた当時からおもしろかった。ボクら「G★MEMS」なんか、NSC(吉本総合芸能学院)の総決算的な卒業公演で思い切りスベっちゃって。あの時は相方が「静岡帰りてえ!」って泣き言、言ったくらい。ハハハ! 11期は強いメンバーばっかりなんスね。ボクはその中にたまたまいられてよかった。1年ズレて、違う芸人と友達になっ…

ザコシショウの芸人風雲録

大阪時代につるんでいた陣内、ケンコバ、中川家…

当時、みんな金がなくて、同期のひとりの陣内智則は実家じゃなくてバイトの住み込みみたいなとこに暮らしてた。ある夜、ボクが寝てる時間に、酔っぱらった陣内がボクの知らない友達を連れて勝手に上がって、ボクのファミコンをピコピコやってたんスよ。行くとこがないらしい。 勝手に上がるなよ! と思うけど、ま、ボクも「だれか来るかな~」と思っていつも鍵を開けてるんスけどね(笑い)。…

毒舌を吐いてスッキリ

文枝、陣内、乙武ネタに 桂文珍が浴びせた“毒舌シャワー”

その後も文珍の舌鋒は鋭さを増し、出演者のひとりである陣内智則(42)を「今日は来ていないですが、昔の彼女(藤原紀香)が結婚して心の傷が癒えない陣内くんも出演します」と言ったり、なだぎ武(45)を「乙武……あ、違うか。なだぎ武くんとは、障害のある方の性について考えようと思います」と紹介。 テレビ朝日の記者が質問すると「古舘(伊知郎)さんはどうして(『報道ステーション…

こなれた芝居を見せるピース綾部

ピース綾部主演の昼ドラ「別れたら好きな人」の意外な評判

そして、今週9月28日から放送が始まったのだが、「同枠の昼ドラ『シンデレラデート』(14年)で際立った大根ぶりを披露した陣内智則とは異なり、綾部はコントで鳴らしてきただけあって間違っても演技派ではないが、こなれた芝居をしています」(コラムニストの桧山珠美氏)。 白石美帆(37)演じる元妻が投資ファンドから出向してきて突然、上司となり、仕事もプライベートも“ゴッタ煮…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事