日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

壇蜜に関する記事

比べないで

橋本マナミと過激路線に距離? 壇蜜が数秒「沈黙」した意味

タレントの壇蜜(34)が18日、都内で行われた「えひめフルーツコレクション」キックオフイベントに、真っ赤なドレス姿で出席した。 10年かけて改良された新品種「紅い雫」の開発に思いを馳せたり、イチゴの花言葉について語るなど、商品PRを完璧にこなした壇蜜。イベント終了後、現場にいたスタッフは「本当に頭の回転が速い方で、台本にないことまで効果的に盛り込んでくれた」とキャス…

ヘアメーク:カツヒロ、スタイリスト:奥田ひろ子(ルプル)

「売名とちょっとのお金」 壇蜜が明かした恋愛の悟りの境地

壇蜜が地上波ギリギリのエロスに挑む。 壇蜜(33)が連ドラ初主演を飾るのは7月25日からスタートする「アラサーちゃん 無修正」(テレビ東京系)。原作は峰なゆか作、シリーズ累計15万部を突破した同名の4コマ漫画。壇蜜は「自我とモテの間で悩む30歳」のフリーパタンナー・アラサーちゃんを演じる。 「人からも好かれたいけど、こうしたいという自我も捨てきれない。アラサー世代は…

3年…あるいは6年後か?

出馬報道は否定も…壇蜜が“日本版チチョリーナ”になる日

「エープリルフールはかなり前に終わったと思うのですが……」 11日に行われた「NHK高校講座」発表会見に出席したタレントの壇蜜(35)。放送開始から今年で64年目を迎える長寿番組は現在、テレビとラジオを合わせて「年間36科目1500本の番組をさりげなく放送している」(大古滋久チーフプロデューサー)という。 さらなるパワーアップを図り、今年度から新しく10科目が開講。…

今週グサッときた名言珍言

「自分の存在は極力消すようにしています。自我の電源を切る」by 壇蜜

今週は、壇蜜(34)が仕事をやる上での心得を語った言葉を取り上げたい。編集者やカメラマンが作り上げた世界観を壊さないように、自分のやりたいことなどの欲求を捨てるのだという。 壇蜜は2012年ごろからグラビア雑誌を席巻。その後はテレビにも引っ張りだこになった。最初に彼女の魅力に飛びついたのは、いわゆる「おじさん」層だ。テリー伊藤が、「壇蜜は日本の女性の価値観変えてます…

セクシー路線は卒業?

橋本マナミが猛追…壇蜜はグラビアの“辞めどき”選べるのか

18日放送の「徹子の部屋」(テレビ朝日系)で、グラビアの辞め時について「元を取ってから」と発言し、黒柳徹子(82)を驚かせたタレントの壇蜜(34)。つまり「しばらく辞めるつもりはない」という意味のようだが、はたして自分で引き際を選べるかどうか。 壇蜜が築いた「エッチなお姉さん」枠は、いまやグラビアアイドルの橋本マナミ(31)が浸食中。オジさん好きする容姿とGカップで…

壇蜜は自衛隊の制服より和服がお似合い?

5月には“9条バッジ”の壇蜜 「自衛官募集」CM出演に賛否の声

タレントの壇蜜(34)が出演する、「平成27年度自衛官募集」のCMが、ファンの間で賛否を呼んでいる。 8月1日よりオンエアが始まった同CMのほか、“リクルート隊長”に任命された壇蜜が陸・海・空それぞれの自衛隊の制服に身を包み、ほふく前進や輸送機の操縦シミュレーションを行うなど、さまざまな訓練を体験するという動画も公開。陸上自衛隊編では訓練後、感慨深げな様子で「定期的…

三十路セクシー対決勃発?

キャラかぶり? 壇蜜と橋本マナミに流れる「共演NG」情報

壇蜜(34)と橋本マナミ(30)だという。 壇蜜といえば29歳でデビューという遅咲きにもかかわらず、瞬く間に「エッチなお姉さん」キャラで多数のグラビア、バラエティー番組に出演。 一方の橋本はというと、最近は「愛人にしたい女」というキャッチフレーズで注目されバラエティー、ドラマに大活躍のセクシークイーンである。 「2人とも人気のバロメーターともいえる潜在視聴率は6%以…

「壇蜜日記」発売記念イベントで/(C)日刊ゲンダイ

日記本も高評価…壇蜜はなぜこれほど周囲を魅了するのか?

「良くも悪くも私生活の切り売りが形になって感無量です」 15日に著書「壇蜜日記」(文春文庫)の発売記念イベントを行った壇蜜(33)。昨秋から今夏までの10カ月間の徒然をつづった書き下ろしの文庫本を片手に、謙虚に喜びを語った。 「33歳の女性が寝る前の余力で書いた雑記」と謙遜していたが、なかなかどうして。「文芸誌の編集長が“彼女に本格小説を書かせたい”と前のめりになる…

スリーサイズはB84・W51・H87/(C)日刊ゲンダイ

福山雅治が大絶賛! グラドル佐野ひなこは「第2の壇蜜」

今や「大スター」となった壇蜜が、実は福山雅治が“火付け役”だったのはすでに有名な話。 グラビアで壇蜜を気に入った福山がラジオで「壇蜜愛」などと面白がったことで壇蜜人気が広がったわけだが、今、グラビア界には「第2の壇蜜か」と言われているアイドルがいる。佐野ひなこ(19)だ。 同じく福山がラジオで「奇麗だよね。産毛の処理をしてないのがいい」とやって話題になっている。つい…

ジュノン・ボーイの真剣告白に…/(C)日刊ゲンダイ

意外にモテない? 壇蜜「最後の告白」は3年前だった

「壇さん、僕は壇蜜さんの全てが知りたいです。付き合ってください」 27日にベルギー王国大使館で開かれた「ゴディバ」主催のホワイトデーPRイベントで、壇蜜(33)が“公開告白”を受けた。壇蜜の理想の告白が「手書きのメッセージを添えて、勇気を出して手を握りながらがいい」ということで、手を握っての真剣告白。愛を伝えたのは「ジュノン・スーパーボーイ」グランプリの上遠野太洸(…

None

歌も演技もヘタでいい? 芸能界に「壇蜜」という新ジャンル

アニメ「ごはんかいじゅうパップ」コラボ発表会見に登場した壇蜜(33)は、クリスマスの予定を聞かれてため息交じりに答えた。このアニメでは声優と挿入歌を担当。歌といえば、4日に生放送された「FNS歌謡祭」(フジテレビ系)で谷村新司(65)とのデュエットで披露した生歌が「放送事故だ」と話題になった。本人も傷が深いのか、「今回の歌は合いの手程度。科学の力で何とかしてもらいま…

6月に発売された写真集も好評

壇蜜を凌ぐ衝撃エロスと話題 謎の“特殊モデル”七菜乃って?

ブログやツイッターだけで情報発信することも、“謎めいた女”に拍車をかけています」(週刊誌記者) 同誌では“あの壇蜜を脅かす”と煽るが、七菜乃は<女性の裸は服だ><ヌードは着衣のひとつ>と公言。このあたりは確かに、<脱ぐことは天命>と言っている壇蜜(33)とカブる。 だが、七菜乃の儚げな表情や精気なく移ろう視線は、壇蜜とは別世界のエロさ。自分のことを“女体愛好家”と名…

ファン大喜び?/(C)日刊ゲンダイ

壇蜜が“原点回帰”…「アラサーちゃん」で過激ラブシーンも

地上波連続ドラマ初主演の壇蜜(33)が主人公「アラサーちゃん」役を務める。原作はアラサー女子の恋愛観やSEXの実態、本音を赤裸々に描いた作品。原作の中には映像化は困難なシーンも多数ある。しかし、工藤里紗プロデューサーは「地上波ギリギリに挑戦した」と自信マンマンだ。エロ満載の過激なラブシーンにも期待が集まっている。 ブレークした頃はエロスの代名詞だった壇蜜。ドラマ初出…

None

NHK紅白で初披露 壇蜜「日本舞踊」師範の腕前は?

この一年、大忙しだった壇蜜(33)にとってビッグな“仕事納め”になりそうだ。NHK紅白歌合戦への初出場が決定。ゲスト企画枠で特技の日本舞踊をテレビで初披露するというのである。 ある紅白歌手のステージで踊るというが、気になるのはその腕前だ。14歳から習い始め、舞踊歴は19年。昨年4月には日本舞踊師範の資格を取得している。壇蜜本人は流派を公表していないが、「半沢直樹」で…

None

今度は「西友」の“顔”…壇蜜人気のヒミツは「庶民派」にアリ

6日の「第26回トレンド大賞2013」で特別賞を受賞した壇蜜(32)。昨年冬ごろにブレークするも、「すぐに飽きられて、来年には消えている」なんて囁かれていた。が、ブレークから1年、消えるどころか冠番組を持ち、グラビア、ドラマ、映画と大忙し。エロさを売りにしているはずが、昼夜問わずテレビに出続けている。 壇蜜が飽きられず嫌われない理由のひとつが、庶民的な一面。ブログ…

「ずっと小蜜やめたかった」と副島美咲

壇蜜似の副島美咲が“小蜜”封印 グラビア活動休止で再出発

壇蜜似のセクシータレント、副島美咲(22)が18日、都内で会見を開き、今後のグラビア活動休止を発表した。 これまで壇蜜人気にあやかり、“小蜜”のニックネームで活躍してきたが「ずっと小蜜をやめたかった」と暴露。「60代の男性とお付き合いしたというのもウソ。本当は最高で30代です。ドSというのもウソで本当はドMかも」と全てはキャラ設定だったことを明かし、壇蜜に対しては「…

意外や意外/(C)日刊ゲンダイ

イメージ一変 日記でわかった壇蜜のノーマル過ぎる日常

セクシー女優の壇蜜(33)が書いた文庫本「壇蜜日記」が、おじさん読者を萌えさせている。この本、昨年10月から今年8月までの日記をまとめたもの。これを読む限り、世間が壇蜜に抱いている「エロ系タレント」のイメージとはガラリ一変、極めてノーマルな日常を送っていることがわかる。 なにしろ、登場する舞台は、スーパー、コンビニ、熱帯魚店に動物病院、ファミレスとそば屋の繰り返し。…

艶やかな着物姿/(C)日刊ゲンダイ

壇蜜が告白「40代ワケありサラリーマンに“食べ逃げ”された」

私は、あきたこまち」 フツーは気にならないフレーズも、壇蜜(33)が言うと途端にエロくなるのはなぜだろうか。 8日、「秋田県産『あきたこまち』デビュー30周年」新CM発表会が開かれ、昨年「名誉あきたこまち大使」に就任した秋田県出身の壇蜜が着物姿で登場した。 「お水はちょっと少なめで硬めに炊いて、ほんの少し蜂蜜を入れると照りと艶が出るし、少し甘くなっておいしいんです」…

「ハァハァしてる?」/(C)日刊ゲンダイ

壇蜜&森高千里 ヒットの共通項は“自己プロデュース力”

(パンチラ演出も)もういっちゃえ~みたいな感じで」 この自己プロデュース力はさすがだが、そういえば似たような話を言っていたのが壇蜜(33)だ。あるインタビューでこんなことを――。 「教員免許も持っていたし、葬儀の専門学校にも通ってましたが、ある時、自分の恩師があっけなく亡くなったんです。それで死生観が変わった。人の死もエロスも普通は伏せたがる部分。そういうタブーに触…

意外な顔ぶれが…/(C)日刊ゲンダイ

嵐と壇蜜、神田うのと紗栄子も…独占入手「共演NGリスト」

壇蜜も敵(?)が多い。嵐の松本潤や二宮和也はファンだそうだが、壇蜜のセクシーなイメージが事務所的にダメらしい。その壇蜜と大久保佳代子は「だんくぼ」という番組で共演したが、後で大久保が「仲がよくなかった」とぶっちゃけてリスト入り。 スギちゃんと武井壮は短パンキャラ。神田うのと香里奈はともにウエディングドレスを手がけている。紗栄子は一時、ブランドを手がけたことがあり、…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事