日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

仮面女子・メンバーの関連ニュース

美川憲一と仮面女子の面々

「仮面女子」と異色コラボで美川憲一が狙う紅白返り咲き

歌手の美川憲一(69)と地下アイドルグループ「仮面女子」がスペシャルグループ「ミカワ仮面」を結成、18日に都内でコラボ曲「さそり座の女 feat.仮面女子」の発表イベントを行った。 大晦日のNHK紅白出場を目標とする仮面女子の面々は美川に紅白でのコラボ出場を猛アピール。しかし、美川は「紅白は段階があるのよ。日々の積み重ね。もうちょっと歌をヒットさせないと」と淡々と語…

神谷えりな

仮面女子・神谷えりながAKBを意識「指原さんは3億円…」

史上最強の地下アイドル・仮面女子のメンバー神谷えりな(24)が、3枚目となるイメージDVD「I♡えりにゃん」(イーネット・フロンティア)の発売を記念したイベントを19日にソフマップアミューズメント館で行った。 3月にサイパンで撮影された今作は、恋人と熱々なのだが、神谷がツンデレになって、彼氏を困らせたり優しくなったりといろいろな神谷が楽しめる内容。DVDも3枚目にな…

神谷えりな

地下アイドル“仮面女子”神谷えりな 目標は「やっぱり紅白」

史上最大の地下アイドルと呼ばれる仮面女子が、11月23日にさいたまスーパーアリーナでコンサートを行い、そこに民主党の枝野幸男幹事長が応援に駆けつけ話題になった。 そのメンバーである神谷えりな(24)が、29日に書泉ブックタワーで、2016年度のカレンダー(トライエックス)の発売を記念したイベントを行った。今年は1月にシングルでオリコン1位を獲得。さいたまスーパーアリ…

民主党の枝野幹事長 (左から2番目)と仮面女子

地下アイドル“仮面女子” 枝野氏に「カリスマ性身につけて」

“最強の地下アイドル”こと「仮面女子」が23日、さいたまスーパーアリーナで初のワンマンライブを行った。 地下アイドルとは大手事務所に所属せず、ライブハウスを中心に活動するマイナーアイドルだ。それがナント、収容人数3万人超のビッグスタジアムで全20曲、仮面を取り外すパフォーマンスまで披露し観客を沸かせまくったのだ。 この日は民主党の枝野幸男幹事長も応援団として参戦。昨…

窪田美沙

仮面女子 窪田美沙がおねだり「彼氏は近くにいてほしい」

アイドルグループ・仮面女子のメンバーとしても活躍中の窪田美沙(22)が、2枚目となるイメージDVD「まるごと♡みーしゃん♪」(スパイスビジュアル)の発売記念イベントを10月29日に秋葉原のソフマップアミューズメント館で開催した。 6月に下田で撮影された今作は、普段のパワフルなステージと違いセクシーでキュートな姿が楽しめる作品に。遠距離恋愛の彼氏がいるという設定は決し…

「仮面女子」はダイブする/(C)日刊ゲンダイ

団塊ジュニアが汗だく キャバクラ化する「地下アイドル」急増

地下アイドルでも特に人気があるアリスプロジェクトの「仮面女子」は総勢40人、秋葉原で活動し、「ダイブするアイドル」として注目を集めている。あのAKB48にも迫る勢いだという。 「仮面女子は通常は仮面をかぶり、ライブに来たファンだけが素顔を見られるのが特徴です。ライブは毎日開き、公演回数は年間1000本を超え、現在ギネスに申請中。多い時は1日600人以上のお客さんに…

「毎日ヒマ」と高野人母美

高野人母美 ジムと対立で仕事激減「スケジュール真っ白」

21日、“モデルボクサー”高野人母美(29)が「第2回アキバコレクション」にゲスト参加し、地下アイドルグループ「仮面女子」のステージに乱入。 高野は「アイドルになってみたいと思ったことがあって、念願かなった。『モー娘。』や『SPEED』に憧れて、小学校の作文では『歌手になりたい』と書いていました。『モー娘。』のオーディションは受けたことがあるかもしれない。好きな割に…

同性だからといって無理強いはNG

矢口真里がアイドルを…同性間でもセクハラは成立するの?

地下アイドルとして活躍中の「仮面女子」の3人とゲームをし、スタイル抜群の神谷えりな(24)に罰ゲームをすることになった。すると、矢口は神谷の足をナデナデしては、胸をワシワシと揉みだした。 神谷は「私、Gカップで~す」と豪語するほどの美巨乳。本人はブログに<ぐはっっwww わ、し、づ、か、みwww 矢口さんに、かっかかか、、神谷のネ申乳(ぱいおつ)を揉まれました(//…

ブレークしたのは菊地亜美くらい

世間にも飽和の空気 「アイドリング!!!」解散の“衝撃と波紋”

さらには新潟発の「Negicco」などご当地アイドルや「仮面女子」などの地下アイドルがテレビに進出するほどまでに「市場」は拡大している。 しかし、猫も杓子もアイドルという乱立状態になれば、淘汰が始まるのが世の道理である。今回の「アイドリング!!!」でいえば、芸能界の土俵で生き残れるのは昨年11月にグループを“イチ抜け”していた菊地亜美(24)くらいのもの。他のメンバ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事