日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「高倉健 現在」に関する記事

(C)AP

高倉健インタビュー秘録

拷問シーンで本当に痛がっている顔は必見

それを実写にして、まして高倉健が主演するなんて……。それでいいのか」 そう思って見たのだが……。これが意外に面白かったのである。 奇妙な映画ではある。しかし、一見の価値はある。なんといっても、この映画はイランでオールロケを行っている。イランの首都テヘラン、第2の都市イスファハン、そして砂漠地帯。日本は一切出てこない。そのうえ、出演者は高倉健以外、すべてイラン人である…

(C)AP

高倉健インタビュー秘録

大量のレトルトカレー&ご飯を持ち込み撮影に臨んだ

高倉健はパリダカに出る車をサポートするトラックのドライバー。パジェロをレースカーとする三菱自動車チームには本来のドライバーだけでなく、芸能界の男性アイドルが参加している。そこへ、アイドルを追ってきた女性歌手(桜田淳子)がひそかに高倉健のサポートトラックに潜り込んでいることがわかる。彼女を乗せたままレースに参加するチーム。そこへ、高倉健が以前、結婚していた女性(いしだ…

None

スクープドッグ咆哮記「高倉健」編

どこで亡くなったのか。誰が看取ったのか。最期の容体は――。すべてがわからなかった

だから、頼むから派手な葬儀はしないでくれ」 高倉健は、闘病中のベッドで近親者にこう告げたという。2014年11月10日、多くのファンから尊敬を込めて「健さん」と呼ばれた男が亡くなった。悪性リンパ腫。83歳だった。 没後1年たった現在も、健さんを偲ぶイベントが各地で開催され、大勢の人が詰めかけている。私も健さんが好きだった。「網走番外地」など任侠映画で見せた迫力にしび…

NHKドラマ「風のガーデン」で共演

デビュー35周年 中井貴一大いに語る

無名女優だった吉田羊は「強い思いを発していた」

若い頃は反発心を原動力に仕事をしていましたね」 ■高倉健に言い当てられた「佐田啓二さんの息子」という苦悩 ところが、30代前半の時、誰にも明かしたことのない胸の内を言い当てる人物に出会った。 「高倉健さんです。映画『四十七人の刺客』(94年)で共演し、初めてお茶を誘っていただいた時だったと思うんですが、『周りはやっかむかもしれないけれど、貴一クンの一番の不幸は佐田啓…

写真はイメージ/(C)日刊ゲンダイ

年末年始が見極めるチャンス 老親の認知症「15の兆候」

たとえば、高倉健の写真を見て、「ほら、この人が出てた、あのハンカチが出てくる映画、ほら、あの……」というように名前が出てこないケースはよくある老化現象。しかし、高倉健を知らないはずがないのに、「これ、だれだっけ? 近所の人だっけ?」となるのは認知症が疑われる。 「これまで家事をきちんとこなしていた母親が、部屋の掃除をきちんとしていない、洗濯物がたためていない、下駄箱…

来年は「ドクターX」最新作も決定か

離婚問題も決着へ 米倉涼子“視聴率女王”に本格カムバック

それもこれも『女優・米倉涼子』をきちんと演じられる力が備わっているからで、自らの型を確立した高倉健に匹敵する役者といっても過言ではありません。一度の離婚ごときで潰れるようなことはありません」 ここまで持ち上げられると米倉も背中がムズがゆくなるだろうが、「来年10月クールには『ドクターX』シリーズ最新作の放送も決まったそうです」(芸能関係者)というから期待大。2016…

「誘われたら断らない」という渡嘉敷さん

今だから語れる涙と笑いの酒人生

不良が酒とたばこピタリやめ 渡嘉敷勝男を変えた先輩の雄姿

■現在は「飲み会チャンピオン」 そんな環境だったせいか、憧れのヒーローといえば、東映の「網走番外地」「昭和残侠伝」シリーズの主人公、高倉健さん。中学生の頃から健さんになりきって、義理と人情でケンカばっか。だれかがイジメられてると見過ごせなくて、ついつい助けに行ってました。 高1の時、仲間がカツアゲされたことがきっかけで40対1のケンカになったことがあってね。あんま…

島田洋七と「スティング」を結成したことも(左)

あの人は今こうしている

伝説の漫才師・浮世亭ケンケンさんが語る“失踪事件”の真相

その他、高倉健、石原裕次郎、五木ひろしなどが歌マネのネタだそうだ。 「洋ちゃんはボクのこと、今でも気にかけてくれていて、“また漫才やろうや”って誘ってくれる。ありがたいことです」 夫婦2人暮らし。43歳になるひとり息子は「ある会社の部長に昇進した」とうれしそうに話した。…

しゃべるほど墓穴/(C)日刊ゲンダイ

忘年会シーズン 周囲をウンザリさせる「話がつまらない男」

雑談がうまい人は他人からいろいろな意見を引き出すことができるから、より多くの情報を掴むこともできるのです」 亡くなった高倉健じゃないけど、相手の話をジッと聞いてあげる。結局はこれが人の心を掴む近道ということか。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事