日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「清原和博 写真」に関する記事

引退後の風貌は6代目山口組組長そっくり

シャブ漬け番長 堕落の軌跡

目上を籠絡し後輩たらし込む…清原和博の“ヤクザ的気質”

清原和博(48)はヤクザの世界に憧れた。 携帯電話には6代目山口組の中核組織のストラップ。飲み屋では、暴力団幹部との交遊を声高に自慢した。薬物疑惑が取り沙汰される直前、巨人の沖縄キャンプを訪れた際の白のスーツ姿はヤクザそのものだった。 「イタリア製のスーツを着込み、サングラスと素足に白の革靴。頭髪を短く刈り込み、鼻の下にはちょび髭。モデルは6代目山口組の司組長ですよ…

平石医師のHPから

運転手も主治医も一緒…ASKAと清原和博に“共通点”のなぜ

シャブ&ASKA容疑者(本名・宮崎重明=56)と、元巨人の清原和博(46)の“共通点”は多い。そもそも同じ週刊文春で薬物疑惑を報じられたし、「ASKAの運転手だった人物がその後、清原の運転手として雇われた」という知人の証言も出てきた。 さらに共通の“主治医”まで登場だ。22日、テレビの情報番組で「私がアンナカ(安息香酸ナトリウムカフェイン)を処方した」と告白して話題…

身の潔白を証明することなく引退

芸能界クロスロード

芸能界も驚いた 成宮寛貴の電撃引退に“写と文”の威力痛感

清原和博元野球選手もASKA容疑者も週刊誌の疑惑報道から逮捕に至ったこともあり、世間の風潮は「成宮も怪しい」という方向に傾いていた。 身の潔白を晴らすべく、成宮は尿検査を実施。「陰性」と回答したが、公的機関の検査ではないこともあり、薬物を完全に打ち消すだけの説得力はなかった。不利になる成宮。それが突然の「芸能界引退」発表。その理由は「セクシュアリティーな部分などプラ…

左腕にハッキリと…

初代表FW小林は左腕に 日本サッカー選手の仰天入れ墨事情

タトゥーといえば、覚醒剤で懲役2年6月、執行猶予4年の判決を受けた元プロ野球選手の清原和博の昇り竜がすっかり有名になったが、小林祐みたいな選手はサッカー界にウジャウジャいるのか? 「まだ国内ではタトゥーにマイナスイメージがつきまとい、これまでタトゥーを入れた日本人サッカー選手も肩、胸、足首などユニホームで隠れる部分を探して施していました」(マスコミ関係者) 小林祐…

31日、地裁を後にする清原被告を乗せたワゴン車(右)

暴露された黒い借金 清原被告は裏社会との縁を断てるのか

清原和博被告(48)に判決が下った折も折、同日5月31日発売の写真週刊誌「フラッシュ」に、清原被告と暴力団の関係を暴露する記事が載った。証言しているのは、清原被告の元タニマチにしてクスリ仲間の会社社長。ふたりのメールのやりとりを公開したうえで、清原被告が昨年、6代目山口組の主流派組織である弘道会から1500万円の借金をしていたと明らかにしているのだ。 生活費に困窮し…

「息子と会いたい」と号泣した清原被告だが…

薬物中毒よりつらい 清原被告を待つ“もうひとつの地獄”

覚醒剤取締法違反の罪に問われ、31日判決が下された清原和博被告(48)。溺愛する中学2年の長男と小学5年の次男は現在、離婚した元妻・亜希さん(47)とともに暮らしているが、会える日はくるのか。 逮捕されて以降、2人の息子とは会えていない清原被告は初公判で「(息子と)会いたい。会って謝りたいです」と号泣した。しかし、亜希さんは清原被告と息子たちが会うことを希望していな…

初公判では終始小声だった

嘘と矛盾だらけの証言 清原シャブ裁判「6つの疑念」

覚醒剤取締法違反で逮捕・起訴された清原和博被告(48)は、昨17日の初公判で懲役2年6カ月を求刑された。起訴内容を「間違いありません」と認めた清原は、「プロ野球を目標とする少年たちに申し訳ない」などと涙ながらに謝罪。紺のスーツをまとった大きな体を何度も震わせ、嗚咽を漏らした。「これからは覚醒剤と向き合い、自分の寿命がくるまで闘いつづけたい」と更生を誓ったが、清原の証…

奇行の数々はこんなところでも…

月96件の“中毒状態” 清原容疑者の情緒不安定ブログの中身

2日に覚醒剤取締法違反の疑いで警視庁に逮捕された清原和博容疑者(48)。一昨年3月に薬物疑惑が報じられた後は、警視庁の内偵捜査が進む中、昨年11月に始めた自身のブログを頻繁に更新。今年1月には1カ月で96件もの記事をアップするなど、こちらも“中毒状態”だった。 例えば、1月19日には飲食店で他の客とトラブルになったことを報告。笑いながら指をさされたことに、「完全に頭…

“ブログの女王”も今は昔

読者減も平気? 若槻千夏の再開ブログは「リア充」の暇つぶし

あの清原和博でさえ、ブログ開設2日で読者数6000人を超えた。だが、若槻のブログは2週間たっても読者数1万人を突破できないでいる。この不人気ぶり、いったいどうしたことなのか。 「理由は簡単、面白くないからです。若槻がアメブロで最多アクセス記録を打ち立て、初殿堂入りで、“ブログの女王”ともてはやされたのは、もう8年も昔。当時は芸能人のブログが物珍しい時代。若槻のブログ…

走行距離2万キロで1380万円スタート 「ヤフオク」より

1380万円開始で入札ゼロ 「清原ベンツ」ヤフオクで店ざらし

ヤフオクに出品された清原和博(47)が愛用したベンツが、“店ざらし”の憂き目に遭っている。 売りに出されているのは、「メルセデス・ベンツ モーゼル M65RS 清原和博特別使用車!!」。商品説明によると、2010年モデルで排気量は6リッター、700馬力以上。掲載されたボディや車内の様子が写った9枚の写真を見たところ、さすが元“番長”らしく、外観もインテリアもかなりヤ…

「ナンバーワン」に見送られキャバクラを出る清原

一晩ドンペリ14本 清原の異常キャバクラ豪遊「秘蔵写真」

先月の「緊急入院」に端を発する清原和博(46)の騒動。週刊文春は「覚醒剤などの薬物使用」が原因と書き、清原の所属事務所は「糖尿病治療のため」と反論している。確かなのは、清原が加療を必要とする状態だということだ。09年にも一度、病院に緊急搬送されている清原は、腎臓に持病を抱えているといわれる。 原因は、クスリでなければ、酒だろう。08年に引退した直後に出演したテレビ番…

髪形を変えただけでニュースになるオンナ

華麗人脈と豪華ランチ 石田ゆり子が送る独身私生活のナゾ

石田のほか、滝川クリステル(39)、NHK有働由美子アナ(47)、陣内貴美子(52)、清原和博の元妻の亜希(47)が並び、満面の笑みを浮かべている。 女性セブンによれば、陣内の夫で元プロ野球選手の金石昭人さん経営の高級寿司店だそうで、石田らはランチタイムを貸し切って集まり、特上寿司がバンバン出てくる豪華パーティーになったとか。 昨年はTBS系ドラマ「逃げるは恥だが役…

不許処分で釈放となり、東京湾岸署を出るASKA

芸能界にはびこる薬物汚染 ASKAは本当に“シロ”なのか?

まず2月に清原和博(49)が覚醒剤所持で逮捕。懲役2年6月、執行猶予4年の有罪判決を受けたが、ここ数日は立て続けにメディアのインタビューに登場。留置場では「114番」と呼ばれていたことのほか、「『今日は使わなかった。明日も頑張ろう』の積み重ね」などと更生の苦労を語っている。 6月には高知東生(52)が覚醒剤所持で逮捕。妻で女優の高島礼子(52)に「ばれるのが怖かっ…

芸能界を電撃引退

成宮引退に芸能リポーター城下尊之氏「事務所の判断も」

さらに、清原和博(49)の覚醒剤逮捕があった今年2月には、警察や麻取がマークしている「次の大物有名人」として成宮の名前がマスコミの間で挙がっていたとも。事実関係は分かっていないが、「芸能人はね、カネを持っていて、しかも払いがいいというんで、売人に狙われているんです」と関係者は言っている。 またしても芸能界の暗部が露呈した。…

薬物疑惑を完全否定

「相棒」またも災難…成宮寛貴“コカイン吸引疑惑”の波紋

「実は清原和博が逮捕された際、薬物疑惑のある有名人の中で、名前が挙がったのが成宮だったんです。かねて怪しいウワサはあった。コカインは覚醒剤に比べ、手に入れるのが難しい。もし疑惑が本当だとすれば、よほど確実なルートがあるのでしょう」(週刊誌記者) 成宮は「相棒」で、主演の水谷豊の3代目相棒を務めたことでブレーク。現在放送中の「シーズン15」も、15%前後の高視聴率を…

有罪判決から6カ月

ASKA逮捕で気になる“清原は今”…入れ墨やハーフ美女は?

もちろん、元巨人の清原和博(49)のことである。今年2月に覚醒剤取締法違反で逮捕され、6月に懲役2年6月(執行猶予4年)の有罪判決が確定。裁判で涙ながらに更生を誓ったものの、40歳代の再犯率もまた、72.2%と高い。 この11月には清原に覚醒剤を融通していた元密売人の男が告白本を出版し、その中で「出会ってから17カ月間で300回分以上の覚醒剤を清原さんに売った」と…

週刊文春の取材で悪事が発覚した高木京介元選手(左)と清原和博被告

“劣化”激しい大メディア もはや週刊誌の後追いしかできず

清原被告を乗せた車のはずが…(東京地裁前)

熾烈なカーチェイスも 清原被告は別人と入れ替わりドロン

初公判を終え、17日午後4時前に清原和博被告(48)を乗せたとみられるワンボックスカーが裁判所を出ると、2カ月前の保釈時と同じようなカーチェイス状態となった。 車5台、バイク20台が追跡。外苑東通りから三軒茶屋に向かうと思ったら、青学大付近で急に右折し、そこから渋谷駅方面に方向転換。円山町界隈のラブホ街に入り、六本木に急旋回した。 “ゴール”は高級ホテルの地下駐車場…

法廷では何を語るか

インタビューは100万円 “金欠”清原被告が必死の売り込み

いよいよ、清原和博被告(48=覚醒剤取締法違反で逮捕・起訴)の初公判が17日に迫った。20席程度の傍聴席には、傍聴希望者が殺到するとみられている。依然として世間の注目度は高く、マスコミ各社も最新の姿をとらえようと狙っている状況だ。 しかし、清原サイドの“ガード”は堅く、3月の保釈直後に日テレが病室から外を眺める様子をキャッチして以降、その姿はとらえられていない。現在…

元夫の未来を案じていたのか…

清原保釈とシンクロ 元妻・亜希が“厳戒態勢”で「再出発」

17日、覚醒剤取締法違反(所持・使用)の罪で起訴された元プロ野球選手の清原和博被告(48)の元妻で、モデルの亜希(46)が自身のプロデュースブランド「AK+1 by EFFE BEAMS」の発表記念イベントに登場した。 先月2日の清原逮捕以降、初の公の場ということで、集まったファン以上に大勢のマスコミが集結。黒のセットアップスーツに黒縁メガネというクールなスタイル…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事