日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「狩野英孝 事務所」に関する記事

“懲りない下半身”がまたも?

今度は女子高生と淫行疑惑…狩野英孝は芸能界追放の危機

お笑いタレントの狩野英孝(34)に17歳の女子高校生との淫行疑惑があると、発売中のフライデーが報じている。相手は千葉県の通信制高校に通うMさんで、昨年末まで地下アイドルもしていた。狩野のファンで、ライブなどに通ううちに狩野のほうからツイッターでダイレクトメールが送られてきたという。 昨年7月くらいから親密になり、11月になると半同棲のような状態だったらしい。Mさんの…

狩野英孝の三角関係は泥沼化

LINE&ベッド写真流出…狩野英孝“第2のベッキー”へ一直線

お笑いタレントの狩野英孝(33)をめぐる、“三角関係騒動”が泥沼化している。 発端は歌手の川本真琴(42)が先月25日に更新したツイッター。「半年まえから彼氏がいます」「(相手が)誰かは言えない」などとツイート。すると、一部スポーツ紙がこの相手が狩野であることを報じた。 ところが、今度は別のスポーツ紙が狩野の“本命”がタレントの加藤紗里(25)であることを本人を直撃…

世間の風当たりは強くてもライブ人気は高まるばかり

芸能界クロスロード

加藤紗里、ゲス川谷も…スキャンダルで焼け太りの損得勘定

狩野英孝と加藤紗里の熱愛。芸人と無名のモデルでは、一瞬の報道で終わっていたはず。それが元カノの川本真琴が自ら参戦したことで騒ぎは大きくなり、ドロドロ劇に発展。今では新旧2人の女性がブログなどでやり合う騒ぎになり、加藤はバラエティー番組に引っ張りだこの人気。損して得を取った。 昔、梅宮アンナが男性タレントと熱愛で騒がれた。単純な熱愛なのに、彼の浮気や借金問題が浮上。ア…

不倫は褒められたことではないが…

ビジネスに使えるスターたちの処世術

狩野英孝は円楽に学べ 謝罪の場すら売り込みに変えた話術

最近、同じように女性問題で話題になった狩野英孝に会った。彼は「自分はマスコミ被害者の会だ」と言い出した。僕は「取材されたら、まずその記者とカメラマンを笑わせなきゃ」と提言したのだが、「語れないことが多くて……」と黙ってしまった。 そこをけむに巻くのが芸人としての腕だろう。円楽を見習ってほしいと言いたくなった。…

狩野英孝

今週グサッときた名言珍言

「お祓いとお笑いを両立してる」by 狩野英孝

1500年の歴史のある由緒ある神社に生まれ、昨年、神主の資格も取得した狩野英孝(33)。先輩芸人たちに「お笑いか神主、どちらか一方に絞るべきだ」と助言され、彼が返した言葉を今週は取り上げる。 狩野は「ラーメン、つけ麺、僕イケメン」という勘違いナルシシストキャラでブレーク。他の多くの“キャラ芸人”と同様に「一発屋」として、すぐ人気が低迷するだろうと思われていた。だが、…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事