日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

鳥取県の関連ニュース

今年4月には熊本地震が起きたばかり

地震学者が危険性指摘 鳥取巨大地震は南海トラフの予兆か

21日午後2時7分ごろ、鳥取県中部の倉吉市や湯梨浜町で震度6弱(M6.6)の地震があった。死者の情報はないが、鳥取県内で約4万戸が停電し、家屋の倒壊も発生。一斉に緊急地震速報が流れ、3.11の恐怖を思い出した人もいたのではないか。今回の鳥取の地震が南海トラフの巨大地震につながる危険性を指摘する地震学者もいる。 つい最近まで、鳥取県は地震が多い地域ではなかった。ところ…

鳥取県はたった4分で完売!

鳥取県は発売後4分で完売 「ふるさと旅行券」はこんなにお得

鳥取県が1日に販売した「プレミアム宿泊券とっとりで待っとるけん」1万4000枚が、発売開始後わずか4分で完売し、話題を呼んでいる。 完売してしまったため、売るモノがなく、午後に予定していた石破茂地方創生担当相を招いた“体験購入イベント”は急きょ中止に。購入予定者から苦情が相次ぐ異例の事態になった。 このいわゆる「ふるさと旅行券」は今後、他の自治体も販売を始めるが、何…

平井知事(左)とゴディバの04年バレンタイン・イベント(壇蜜)/(C)日刊ゲンダイ

ゴディバに勝算は? 鳥取に有名小売り店が進出しない事情

47都道府県で唯一の空白地域だった「鳥取県」にベルギーの高級チョコ「ゴディバ」が出店すると話題になっている。 国内に250以上の店舗を持つ「ゴディバ」。バレンタインの“本命”チョコといわれるほど日本で人気が高いメーカーだが、これまで鳥取県だけには進出していなかった。 鳥取県はコーヒーチェーン「スターバックス」も国内で唯一、店舗がない。つい最近までは「セブン─イレブン…

城原海岸とかにクン

おでかけ出張コンシェルジュ

鳥取を知る「5スポット」

約59万人――全国で最も人口が少ない「鳥取県」の人気が高まっている。航空便の新規就航や増便でアクセスが向上したこともあり、観光客が増えているのだ。これまであまり目が向けられなかった地方だが、これからは山陰の時代だ。 海 鳥取県随一の観光名所といえば「鳥取砂丘」だが、山陰海岸ジオパーク屈指の景勝地「城原海岸」も注目だ。案内してくれたのは、“かにクン”こと中谷英明さん。…

ホットな2人(錦織圭選手と逸ノ城)/(C)日刊ゲンダイ

最近ニュースが多い島根・鳥取 躍進支える「人・モノ・名所」

鳥取県と島根県が元気だ。理由は不明だが、普段はあまり目立たない山陰地方のこの2県が、ここ1年くらいやたらと新聞やテレビに顔を出している(ような気がする)。勢いがあるといってもいい。 まず、鳥取県。直近では大相撲秋場所で史上最速で三賞を獲得した“モンスター”こと逸ノ城だ。モンゴル出身ながら4年前に私立鳥取城北高校(鳥取市)に相撲留学。実業団(鳥取県体協)を経て湊部屋に…

右が福本さん

新・お出かけ紀行

観光シーズン真っただ中 地震に負けず「鳥取営業中!」

先月21日、マグニチュード6・6の地震が鳥取県中部を襲った。倉吉市、湯梨浜町、北栄町で震度6弱の激しい揺れを観測。住宅の被害は1万2767棟で、11月24日現在も14人の方が避難生活を余儀なくされている。観光への影響も大きく、震源地に近い三朝温泉ではキャンセルが1万件を超えた。あれから1カ月余り、被災地はどうなっているのか。秋深まり、観光シーズン真っただ中の鳥取県中…

鳥取県は注意を呼びかけた

鳥取県が注意喚起 被災地“ブルーシート詐欺”をどう防ぐ?

鳥取県消費生活センターの担当者が言う。 「統計を取り始めたばかりですが、すでに県には7件の相談がありました。『屋根にブルーシートをかけてもらったが料金が高額ではないか』『家の補修工事をしてもらったが施工が雑で困る』といった内容です」 今年4月の熊本地震後も便乗詐欺が多発し、国民生活センターに313件の相談が寄せられた。当時の内容を見ると、〈瓦のふき替え工事を勧められ…

美しい棚田も智頭町の魅力

昨年は移住2000人 若者注目「鳥取県智頭町」の魅力とは

少子高齢化や人口減少で存続に危機感を募らせている地方が多い中、ここ数年、鳥取県に移住する人が増えている。2012年度は700人、その後は1000人近くずつに増加し、昨年はおそよ2000人が移住してきたという。中でも若者が関心を寄せるのが、智頭町(ちずちょう)だ。 ■若い子育て世帯が注目する保育園 智頭町は県の東南部に位置し、土地の9割以上が森林という場所。この自然豊…

「鳥取珈琲館」の田中治氏

スタバ進出から1年足らず 鳥取県がなぜ“コーヒー天国”に?

今回、家庭での購入額がトップとなったが、もともと鳥取のコーヒー消費量は全国でも常に上位に位置しており、鳥取県民は根っからのコーヒー好きと言えそうだ。 ■マニアをうならせる店が乱立 「鳥取は共働きの家庭も多く、手軽に出せて、お茶よりおもてなし感があるのがコーヒー。それにコーヒーはカフェインが入っているので、中毒性も考えられるのでは」 その言葉が示すように、鳥取にはコ…

平井知事のネタに困惑…/(C)日刊ゲンダイ

「ナニ金」 上戸彩の降板でヒロイン蓮佛美沙子に高まる期待

5日に行われた「鳥取県ウェルカニキャンペーン」の記者発表会に出席した蓮佛美沙子(23)。上京するまでの15年間、地元の鳥取で過ごした蓮佛は、同席した平井鳥取県知事(53)と共に6日から漁が解禁になった松葉ガニをPRした。 鳥取県は47都道府県で唯一、大手コーヒーチェーン「スターバックス」がないことで有名。そのため、平井知事の持ちネタは「スタバはないけど砂場はある」。…

None

特産プレゼント充実 ふるさと納税で消費増税をカバーする

北海道当麻町は黒皮の「でんすけすいか」、鳥取県倉吉市は「新甘泉」という梨。長野県阿南町は地元産「阿南米」を20キロくれる(表(1)参照)。 1万円ずつ3つの自治体に寄付すると、記念品を3つ(1万5000円相当)もらえるが、それでも自己負担は2000円。1万3000円分のプラスとなる。ただし収入によって控除額が異なるので、自分の控除目安を確認しておきたい(表(2)参照…

「『住みたい田舎』ベストランキング」で1位

住みたい田舎1位 若者呼び寄せる「鳥取市」の魅力とは?

鳥取県が打ち出した方針で、ストレスを感じない地域づくりといった意味ですが、鳥取市はこれにピッタリです。鳥取空港からクルマで20分とアクセスの便が良く、市街地からクルマで20分走ると鳥取砂丘に着く。家族連れが多い浦富海岸は実にキレイです。夜は満天の星空を眺められるし、子供が森の中で遊べる幼稚園もある。永楽温泉は駅から徒歩で行ける距離と、とにかく環境に恵まれています…

昭恵夫人もガッカリ…

許可業者が違法大麻 昭恵夫人も騙された“ペテン師”の正体

鳥取県の許可を得て大麻草を栽培していたが、許可されたものではない大麻を外部から譲り受け、所持・使用していたとして、今月4日に逮捕された。 上野容疑者は兵庫県出身。営業マンとして働いた後、群馬県で麻の栽培に携わる。東日本大震災がきっかけで2012年、鳥取県智頭町に移住。13年に大麻栽培の許可を得て、麻薬成分の入っていない業務用大麻の栽培を始めた。町おこしの一環で「しめ…

夫・田中裕二に鍛えられたか?

結婚でツッコミ転向? 山口もえがダジャレ知事と舌戦応酬

かつて「スタバはないけど砂場はある」のダジャレを誕生させた平井伸治鳥取県知事(54)はこの日も“舌好調”。 山口が「夏休みは1泊2日で家族旅行で軽井沢へ行ってきました」と話すと、平井知事は「蒜山高原は“西の軽井沢”と呼ばれているんです」と返球。山口は「知事はなんでも拾いますね」と苦笑いしながら、「鳥取県は別名『乗っ取り県』ですから」「砂丘があるために早急にお越しくだ…

「人生の大事なことは野球基準で決めてきた」

上田まりえ「ショックです」 清原は卒論のテーマだった

でも日本テレビに内定をもらったときも『鳥取県の田舎の出身で、普通の子だから良かったんだ』と言ってもらっていたので、これからも遠い親戚みたいな感覚でありたいと思っています」 ▽うえだ・まりえ 86年、鳥取県出身。09年、専修大学卒業後、アナウンサーとして日本テレビに入社。「PON!」や「真相報道バンキシャ!」などに出演。16年1月末に日テレを退社し、2月から「タレント…

秋田出身の佐々木希と加藤夏希/(C)日刊ゲンダイ

「いい女調査」トップは秋田 本当の“美人の産地”はどこだ?

ちなみにワースト1位は鳥取県の0%。ワースト2位は0.1%の同率で茨城、山梨、滋賀、広島、山口、香川だった。 上位5都府県は本当に美人が生まれるのか。 「秋田と福岡は美人の産地ですが、ほかは外部から美人が集まったり、美女のイメージが広がっただけだと思います」とは県民性に詳しい「ナンバーワン戦略研究所」代表の矢野新一氏だ。 「秋田はある大学の調査で、県民の一部に東南ア…

None

広島ドラ2九里亜蓮 金髪「特攻隊長」を更生させた祖母の愛

鳥取県米子市でアメリカ人の父、マーク・アントニオ・シェックさんと母、早登江さんの間に生まれた。父はブレーブス傘下の3Aで遊撃手としてプレーした元プロ野球選手。大学までは野球の他にアメリカンフットボール、バスケットボール、アイスホッケーの4大スポーツを並行してやっていた。アスリートの才能を受け継いだ九里は言う。 「体は強いと思います。これまでケガをしたことがないんで…

None

明細書が語る日本の医療

乳がんの部分切除 沖縄は三重の2倍

少ないほうは高知県(324件)、鳥取県(332件)、島根県(370件)の順です。 これらの県の女性人口は東京都の20分の1前後に過ぎませんが、手術件数には35倍前後もの違いがあります。つまり、かなりの患者が他県に流出しているわけです。 手術を受ける女性にとって、部分切除か全切除かは切実な大問題。全国平均で見ると、ちょうど半々になっています。しかし、ここでも大きな都道…

None

明細書が語る日本の医療

胃がん医療の均てん化

しかし、上位2位の鳥取県や6位の和歌山県も、胃がんが多いことで知られています。また逆に岩手県や沖縄県、三重県などは胃がんが少ない地域です。胃がん患者の多さと腹腔鏡手術の割合は、どうやら無関係。この違いは、やはり医療技術の格差が反映された結果と考えるべきでしょう。 東北や北関東には、腹腔鏡で胃がんを切れるような高度なスキルを持った医師が少ないのかもしれません。…

None

「移住女子」伊佐知美著

登場するのは、岩手県遠野市の土地と人に強烈に引かれて農園を始めたファッションデザイナー、ボランティア活動を契機に宮城県石巻市で漁業に関わることになったホテル従業員、理想の子育てを実現するために鳥取県智頭町に移住し幼稚園を始めた母親ら、計8人。 背景に違いはあるものの、共通するのは、都会暮らしに対する疑問と、新しい生き方を開拓しようとするチャレンジ精神だ。 田舎はユ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事