日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「鈴木奈々 テレビ」に関する記事

政治バラエティー向き/(C)日刊ゲンダイ

大手民放よりのびのび ロンブー淳は「MXテレビ」と好相性

「淳と隆の週刊リテラシー」(MXテレビ)、8月23日の放送で、スペシャルゲストの小沢一郎氏をイジった鈴木奈々がネット上で話題をさらった。 スタジオのコメント席で隣に座った小沢の顔をいきなり触ったり、検察との一件でマスコミに叩かれた時期の解説をMCのひとりの上杉隆から聞くと「本当にかわいそうな人間ですね」と小沢の肩に手をかけてしみじみと呟いた。なんと番組後半には「昨日…

角南圭社長はなぜ、突然…?

鈴木奈々CMがヒット 「うちナビ」カリスマ社長が謎の失踪

角南社長が自らテレビ番組に出演したり、タレントの鈴木奈々を起用した派手なCMを流し、男女問わず幅広い世代に企業イメージを浸透させてきた。 「角南社長が掲げていたのが16年の株式上場です。そのため、鈴木奈々だけでなく、磯山さやか、ヤクルトの山田哲人といった有名人を会社のホームページに載せて、知名度アップを図ってきました。昨年4月には直営店舗が20店舗まで拡大。急成長の…

大声で同じ発言を繰り返す

おバカで一人勝ち “ガヤ”タレント鈴木奈々はなぜウケる?

13日、紅茶ブランド「リプトン」の新キャンペーンローンチ記念イベントに登場した鈴木奈々(26)。 この日も大声で同じ言葉を繰り返すおバカキャラはフル回転。紅茶を試飲すれば「リプトン大好きです!」と叫び、キャンペーンソングを聞けば、「この歌大好き! CDほしい!」と連呼。さらに、「ダンナ大好きアピール」も健在で、12日に発表された上戸彩(29)の妊娠について「私はまだ…

ビジネスカップル説は否定

激安ギャラでオファー殺到 ぺこ&りゅうちぇるの“稼ぎ方”

鈴木奈々のように言葉を連呼するだけでは飽きられるので、時々ケンカをしたり別居したり、痴話喧嘩を起こすのも話題を引っ張るポイントになるでしょう」(芸能リポーターの川内天子氏) 薄利多売とはいえ“本業”であるモデルの仕事も多く、アパレルショップ店員出身という経歴を生かしてファッショングッズもプロデュースしている2人。りゅうちぇるは「夜寝る前には『ピンクのお家に住んで、ダ…

“ニャー”だけでは… (C)日刊ゲンダイ

目玉なし…フジ「東京マラソン」中継特番に透けた“低迷”理由

「ゲストも武井壮、ピース綾部、鈴木奈々、はるな愛などスケジュールがあいている賑やかしタレントを並べ、ありきたりな企画をタレ流しているだけ。ゴールゲートに集まった報道陣の数も昨年に比べると格段に少なかった」(取材していた記者) この分では新番組も日テレに惨敗の予感アリアリだ。…

政界転身のウワサは尽きない/(C)日刊ゲンダイ

ロンブー淳が政治ショー司会 「紳助流」で目指す総理のイス

「週刊リテラシーはタレントの鈴木奈々もレギュラー。周囲におバカを配することで、相対的に賢く見せるのも紳助流です」(桧山氏) 紳助はテレビ番組での発言がきっかけで裏社会とつながり引退に追い込まれたとされる。たびたびツイッターが炎上する淳は、そのあたりも紳助流だが……。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事