日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「清原和博 恋人」に関する記事

保釈はあるか

ハーフ恋人は望み薄か 憶測飛ぶ清原容疑者の「身元引受人」

覚醒剤使用で昨25日に送検された清原和博容疑者(48=東京都港区東麻布)への関心は、来月中旬以降とみられる「保釈」に移ってきている。焦点は「身元引受人」だ。法律的には保釈の絶対条件ではないが、一般的には、いなければまず認めてもらえない。 「売名のために名乗りを上げる輩も今後出てくるでしょうが、有力視されているひとりが40代の飲食店経営者です。2014年3月に清原容疑…

髪形を変えただけでニュースになるオンナ

華麗人脈と豪華ランチ 石田ゆり子が送る独身私生活のナゾ

石田のほか、滝川クリステル(39)、NHK有働由美子アナ(47)、陣内貴美子(52)、清原和博の元妻の亜希(47)が並び、満面の笑みを浮かべている。 女性セブンによれば、陣内の夫で元プロ野球選手の金石昭人さん経営の高級寿司店だそうで、石田らはランチタイムを貸し切って集まり、特上寿司がバンバン出てくる豪華パーティーになったとか。 昨年はTBS系ドラマ「逃げるは恥だが役…

身の潔白を証明することなく引退

芸能界クロスロード

芸能界も驚いた 成宮寛貴の電撃引退に“写と文”の威力痛感

清原和博元野球選手もASKA容疑者も週刊誌の疑惑報道から逮捕に至ったこともあり、世間の風潮は「成宮も怪しい」という方向に傾いていた。 身の潔白を晴らすべく、成宮は尿検査を実施。「陰性」と回答したが、公的機関の検査ではないこともあり、薬物を完全に打ち消すだけの説得力はなかった。不利になる成宮。それが突然の「芸能界引退」発表。その理由は「セクシュアリティーな部分などプラ…

松戸市の病院と清原和博被告

“金欠”清原被告 メディアに「報復訴訟」で荒稼ぎの現実味

千葉・松戸市内の病院から“極秘転院”したとの報道も出た清原和博被告(48)。現在は“雲隠れ”状態となっており、マスコミ各社がその行方を追っている。陽動作戦なのか。あるメディア関係者がこう言う。 「一部スポーツ紙が『都内近郊にある医療施設』に転院したと報じて、テレビ、新聞、週刊誌各社が都内の施設をしらみつぶしに調べたんです。だが、どこにも清原被告がいない。実は、まだ松…

ここにきて引く手あまたに…

始まった清原争奪戦…学校法人や住職が身元引受人に名乗り

覚醒剤取締法違反容疑で逮捕された清原和博容疑者(48)の後見人をめぐる“争奪戦”が始まった。 学校法人「日本航空学園」の梅沢重雄理事長(63)が、2月29日のスポーツ新聞で「野球界復帰の力になりたい」と宣言。清原容疑者の身元引受人に名乗りを上げたほか、27日の一部スポーツ紙では、最福寺住職の池口恵観法主(79)が「私が手を差し伸べたい」と話していた。 逮捕後、タニマ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事