日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

官能小説・キャストの関連ニュース

None

HOT Interview

女性のための官能小説指南で話題 藍川京さんに聞く

その秘訣と裏話をつづったのが「女流官能小説の書き方」(幻冬舎 820円)である。我々の不埒(ふらち)な欲望を刺激し続けるコツはどこにあるのか、聞いてみた。 読者層も書き手も男性が多い官能小説界では、デビューしても、残るのはほんの一握りで、いつの間にか消えてしまう作家も少なくない。そんな中、デビューして25年間、第一線で独創的な淫猥(いんわい)の世界観を描き続けている…

草凪優氏

著者インタビュー

「黒闇」草凪優氏

男を勃たせるだけでなく女をも濡らす、官能小説界の“両刀遣いのカリスマ”が恋愛小説に挑んだ。著者自身、初の単行本化に気合も十分だ。 「官能文庫はオジサンを意識してヤボなほうがいい部分があるけれど、今作は女性読者を意識して、洗練を心がけました」 とはいえファンの期待は決して裏切らず、切なく狂おしい濡れ場もある。 「当初、濡れ場がなくてもいいと言われたんだけれど、ないとや…

ザッツエンターテインメント

エロスの探求編

■「日本の官能小説」永田守弘著 世相を背景に出版され続けた、戦後70年にわたる官能小説の歴史をたどる本書。 官能小説の嚆矢とされるのが、昭和22年の「群像」に掲載された田村泰次郎の「肉体の門」だ。街娼たちの生態を描いた作品で、仲間からリンチを受ける女が紐で縛られ竹ぼうきで尻を打たれるシーンなどが、淫心をかき立てるものだった。 高度経済成長期には、仕事が忙しく性欲が…

None

ラブホでご休憩の人たち

「2次元女性」を好む男性の忘れ物

しかも、チェックアウト後に清掃すると、ベッドの下からは、官能小説が。なぜ隠してあるのかまったく理解できませんが、先輩いわく、「2次元の彼女が好きだけど、シナリオは官能小説の通りにプレーしたかったのではないか」。なるほど、そう考えれば、納得。 ラブホのお客さまは、ほとんどがフツーの方ですが、たまに強烈な方がいるので、ことのほか楽しい職場です。…

話題の映画「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」/

米映画がハリポタ超え 「マミー・ポルノ」が女を虜にするワケ

最近、一部の官能小説が主婦層に大人気で、新たに「マミー・ポルノ」というジャンルまで生まれている。その代表格が世界50カ国以上で翻訳され、1億部を超える大ベストセラー「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」。映画化され(写真=配給・東宝東和)、先月中旬、日米同時公開となったところ、女性たちが劇場に続々と足を運んでいる。 同作はイギリスの主婦がネットに投稿し、話題になった…

None

土曜あらかると

「秘事」勝目梓著

■奇妙な関係を描く異色官能小説 36歳の純子は、結婚して6年の夫・信雄との間に生まれたばかりの子どもがいる。一方で、バイセクシュアルの純子は、10年来の恋人・綾子との関係を結婚後も続けていた。 信雄は、結婚後、急な用事で帰宅した折に純子と綾子が自宅の浴室でむつみあっている姿を目撃するが、2人の関係に気づかないふりをして過ごしてきた。女だけしか愛せない綾子は、自分とい…

None

シニア層に志望者急増 「小説家」になるにはいくらかかる?

自分史、官能小説、郷土史、文学作品、歴史小説、ノンフィクション……ジャンルは多岐に及ぶが、書店には「文章の書き方」といった書籍が並び、他方、朝日カルチャーセンター主催の「文章通信講座」(1クール、2万500円)なども人気を見せている。 しかもネットの普及で、ツイッターやメールなどを利用する情報発信者も急増した。そのため、上手な文章の書き方を学ぼうとする中高年が増え…

None

ジャニーズの股間を…“韓流主婦”をコーフンさせる昼ドラ「天国の恋」

古書店主の夫との暮らしにヘキエキしている床嶋は、官能小説を万引しようとした高田翔(20=ジャニーズJr.)を取り押さえる際、誤って股間を握ってしまう。自室に戻り、股間を触った右手で左胸をつかみながらヘタヘタと座り込むと、「万引青年の体温が、まだ私の中に余韻を残していました」というナレーション。その後、再会した高田から「オレと寝てくれませんか。ラブしてくれませんか」と…

仏大統領マクロン氏と妻ブリジットさん

話題の焦点

70代女性の動画に興奮…“美老婆マニア”の若い男が増殖中

出会った頃は男子高校生と、既婚で子持ちの女教師という官能小説のような世界を、「何があっても結婚する」と成就させてしまったのだから、大したものだろう。 が、こちらの19歳少年も別の意味で仰天だ。 10日に県迷惑行為防止条例違反と公然わいせつの疑いで徳島県警に逮捕された阿南市の会社員少年は1月、同市の路上でいきなり70代女性のおっぱいを背後から両手でモミモミした揚げ句、…

菊池梨沙

女子大生・菊池梨沙の秘めたる野望「女の子脱がせたい」

学校での様子について聞いてみると「ミステリーと官能小説を主に書いています。その小説をいつか映画とかドラマ化してオーディションで女の子を選んでその女の子を脱がせてみたいです」と野望を語った菊池。今後が楽しみな新人が現れました。…

週末に読みたいこの1冊

「わたつみ」花房観音著

「花祀り」で第1回団鬼六賞大賞を受賞してデビューして以来、官能小説やホラー小説の分野で注目されている作家の最新作。田舎町で繰り広げられる女たちの性愛をこまやかに描いている。(中央公論新社 1600円+税)…

写真はイメージ

就寝時もブラ…20、30代女性に聞く“おっぱいケア”の現実

官能小説家の大泉りか氏が言う。 「最近は『胸をメークする』といって、寄せて上げたり、着る服によってブラジャーを選んだりすることが、身だしなみを通り越して当たり前のことになっています。『服を着こなすためには、胸の形を整えることも必要』と女性たちは気づいたのです。必ずしも男性の意識を引くためのことではありません」 ドラッグストアなどでは、バスト専用のシートマスクや美容液…

写真はイメージ

バレンタインに定着“逆チョコ” 女子ウケする贈り物は何?

男女の恋愛に詳しい作家の加藤文果氏は「親しい女性はもちろん、『あと一押し』という女性には、ちょっとしたランジェリーや官能小説をチョコとセットで渡してみると、関係が発展します」とアドバイスする。 「20、30代の女性に取材すると、意外にも男性からもらうセクシーグッズのウケが良い。意識していなかった同僚男性に黒い下着をもらって『私ってこんなイメージなんだ、とドキッとした…

「水槽の中の女」勝目梓著

告白記という体裁で中高年夫婦の性愛を描いた長編官能小説。(中央公論新社 1200円+税)…

日本劇団協議会主催、新進演劇人育成公演「音楽劇 メカニズム作戦」

演劇えんま帳

「音楽劇メカニズム作戦」時代に抗う若者たちのエネルギー

モチーフとなったのは、その後、官能小説家として名を馳せる泉大八の芥川賞候補作「ブレーメン分会」。旧弊の大人=組合役員を尻目に底抜けに明るく自由で実験的な運動を繰り広げる4人の若者の行動力が小気味よい。 2年後に東京オリンピックを控え、高度経済成長を突き進む時代。まだ未来を信じることができたが、今や組合の大ボス「連合」が歯止めなく右傾化し、自民党に軸足を移そうという…

写真はイメージ

「早漏」と「遅漏」で許せるのは? 女性作家2人に聞いた

女性の恋愛事情に詳しい官能小説家の加藤文果氏が後を続ける。 「挿入が5分以下なら『次は会わない』とはっきり言う女性がいます。ただ、長すぎるのもそれはそれで疲れるし、乾いて痛くなる。要は感じさせてくれればいいのであって、アレが瞬殺でも、なめるとか、耳を軽く噛むとか方法はある。その献身的な努力に対し、女性は精神的にもMAXになるのです」 言い訳だけは無駄だ。…

写真はイメージ

成功のヒミツ失敗しないコツ

NHK契約アナも愛人クラブに 「パパ活女性」5つの共通点

年間100人以上の女性を取材している官能小説家の加藤文果さんが「パパ活」という言葉をよく耳にするようになったのは、3~4年ほど前から。 恋人以外や、夫とは別にパパがいる、または探している。大抵、パパは複数。高級レストランに連れて行ってくれるパパ、旅費を出してくれるパパ、ブランド品を買ってくれるパパなどなど。 「さまざまなサポートをパパに求めているのですが、援助交際と…

丸山ゴンザレスさん

プロの本棚

丸山ゴンザレスさん 木村政彦の自伝が人生のバイブル

官能小説ですね(笑い)。女子高生や女教師ものが多い。みなが旅の道中で、読んでいるんだと思うと情緒を感じますよ」…

ポップな色とカタチ

トレンドは“女子受け” アダルトグッズ&ラブホが進化中

官能小説家の大泉りか氏が言う。 「女性は、アダルトグッズの見た目に抵抗がなければOKしやすい。男性のペニスに装着するリング型のローターも人気。これも2人で楽しむアイテムです」 リングについた突起が女性のクリを刺激する仕組み。リングも突起もブルブルするから、2人同時に楽しめる寸法。女性は「振動でクリが刺激されるから、密着しているだけで気持ちよかった」と言えば、男性は「…

官能小説「……and LOVE」を発表した杉原

「枕営業」実態は? 杉原杏璃が明かした“お誘い”のかわし方

グラビアアイドル・杉原杏璃(33)が官能小説「……and LOVE」を発表して話題になっている。主人公は杉原と同じく「アンリ」。広島から上京するときに別れた地元の彼氏、グラビア引退まで考えるきっかけになる年下の彼氏……。業界の描写や濃厚な濡れ場はリアルそのものだが、これはあくまで“小説”。実話なのか、フィクションなのか? 「そこが一番ポイントというか想像を膨らませて…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事