日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

林雅之に関する記事

気になる新刊

「男をあきらめるな」林雅之著

(ルネッサンス・アイ 1200円+税)…

写真はイメージ

5年で5倍に…梅毒は1カ月しないと感染有無はわからない

そこで、梅毒について、サラリーマンの病気に詳しい、弘邦医院(東京・葛西)の林雅之院長に聞いた。 「ペニシリンが発見されるまでは不治の病として有名でしたが、いまは早期治療すれば注射薬や飲み薬で完治する病気です。ただ、梅毒に感染すると、HIV(エイズウイルス)に感染しやすくなる。梅毒感染が確認されたら、必ずHIV検査を受けるべきです」 梅毒はトレポネーマと呼ばれる病原菌…

None

梅毒は1500年代に日本に…病人は神様にすがった

海外旅行者に対して、性感染症の教育が行き届いているわけですが、果たして今の日本はどうなのでしょうか? (弘邦医院・林雅之院長)…

青いひし形を見る機会はメッキリ減った

あの話題の治療法 どうなった?

バイアグラに新タイプ “フィルム製剤”でシェアに変化か

それでも、ED治療薬の売り上げが全国有数のクリニックの公表データでは、半数以上がバイアグラとその後発薬のようです」 こう言うのはED治療に詳しい弘邦医院(東京・葛西)の林雅之院長だ。ネームバリューがあるせいか、ED治療薬初心者はバイアグラを希望し、その後、バイアグラ改良型といわれるレビトラ、次にシアリスというケースも多い。 しかも、昨年から新たなバイアグラが登場し、…

None

放っておくと危険 太もも付け根のシコリは梅毒の症状かも

(弘邦医院・林雅之院長)…

None

感染拡大止まらぬ梅毒 男女で危ない年代はいくつなのか

(弘邦医院・林雅之院長)…

全身麻酔の様子

世界で初めて全身麻酔下の乳がん摘出に成功した日本人

(弘邦医院・林雅之院長)…

歯磨きも予防に

本当は怖い!歯の病気

歯の損失の原因は感染症 EDをも招く歯周病菌の恐怖

EDの診療に詳しい、弘邦医院(東京・葛西)の林雅之院長が言う。 「EDはなんらかの理由で海綿体への血流が減り、陰茎内の圧力が低下することで発症する病気です。その主な原因は動脈硬化といわれています」 かつて動脈硬化は肉や脂などの食べ物との関係が指摘されてきた。ところが最近の研究では細菌やウイルスなどの感染により血管内皮が傷つけられて発症するとの説が注目されている。 「…

写真はイメージ

はしか、結核、梅毒…忘れ去られた病気はなぜ広がった?

弘邦医院(東京・江戸川区)の林雅之院長が言う。 「感染力の強い新型梅毒が登場したわけではないので、感染拡大は外国から持ち込まれた可能性も否定できません。梅毒は世界的に増えています。いまのように防疫体制が整わないまま人の出入りだけが増え続ければ、日本は感染症が蔓延することになりかねません」 これからは、忘れ去られた感染症に強いベテラン医師を知っておくことが大切かもしれ…

人が大勢集まるところは要注意

千葉県で集団感染発生 「はしか」からどう身を守る?

麻疹の予防と発症時の対策について、弘邦医院(東京・葛西)の林雅之院長に聞いた。 「麻疹は、空気感染、飛沫感染、接触感染などさまざまな経路で感染します。感染力はインフルエンザの数倍ともいわれ、1人の患者が平均12~18人に感染させることが知られています。免疫を持たない人がウイルスに触れると、ほぼ100%感染します。感染後10日前後が潜伏期間で、せき、鼻水などのカゼに似…

五輪テレビ観戦だけが原因じゃない?

どうすれば治る? 疲れや目の痛みは“プチ脚気”の疑いも

■原因はビタミンB1不足 なぜアリナミンを飲むと肩こりや眼精疲労が解消されるのか? サラリーマンの病気に詳しい、弘邦医院(東京・葛西)の林雅之院長が言う。 「アリナミンというのは、もともと脚気治療薬開発の過程で発見された、ビタミンB1受容体“アリチアミン”が名前の由来です。脚気というのは、主に糖質やタンパク質の代謝に必要なチアミン(ビタミンB1)の不足によって、末…

肩こりも「低血圧」が原因かも?

狭心症、脳梗塞リスクも高く 夏バテに潜む低血圧を侮るな

サラリーマンの病気に詳しい、弘邦医院(東京・葛西)の林雅之院長に聞いた。 「低血圧」にはいくつかの種類がある。病気によるもの(二次性)、原因が分からないもの(本態性)、急に立ち上がったときに起こるもの(起立性)などだ。このうち、肩こりや疲労感、頭痛などの症状が表れるものが本態性低血圧だ。 「安静時の収縮期血圧(上の血圧)が100㎜Hg未満のものをいい、日本人の1.7…

写真はイメージ

重篤な糖尿病発症も “子供の感染症”は大人も侮れない

弘邦医院(東京・葛西)の林雅之院長が言う。 「以前は秋から春先に流行する病気でしたが、いまは季節に関係なく流行する傾向にあります。原因菌であるムンプスウイルスは、くしゃみやせきなどを介して広がります。そのため、学校で集団感染しやすいのです。18日前後の潜伏期があり、最初は首に痛みが出ます。その後、耳の付け根から顎にかけて耳下腺が腫れ、1週間から10日程度うまく噛めな…

写真はイメージ

集中力と免疫力アップ 「呼吸器筋」は2つの運動で鍛える

ところが加齢と共にこれらの筋肉が衰え、柔軟性が失われ、うまく胸郭を動かせなくなります」 こう言うのはサラリーマンの病気に詳しい、弘邦医院(東京・葛西)の林雅之院長だ。 ■毎日5分間、2週間続ける 呼吸器筋を鍛える運動法はいくつもある。例えば、(1)両足を肩幅に開いて立ち、両手を胸の上において口からゆっくり息を吐く。その後、鼻からゆっくり息を吸い、頭を後ろに倒す。胸が…

写真はイメージ

筋力低下は早死を招く 中高年はダイエットより“握力強化”

どういうことか? サラリーマンの病気に詳しい、弘邦医院(東京・葛西)の林雅之院長が言う。 「握力は単にモノをつかむ力というだけでなく、全身の筋力の代表的指標となり得るものです。握力の強い人はある程度、全身の筋力も強いと考えられます。これが衰えると病気やケガにつながり、高齢者は転倒や骨折から寝たきりリスクが高まる恐れがあるのです」 握力が強いほど長生きであることは、厚…

自己判断は禁物だ

梅雨前に激増する「股間がかゆい!」は性病とは限らない

サラリーマンの病気に詳しい、弘邦医院(東京・葛西)の林雅之院長に聞いた。 ■汗に含まれる塩分が刺激に 田中義男さん(仮名、40歳)は最近、股間のかゆみに苦しんでいる。袋(陰嚢)が湿っぽく、酸っぱいにおいが漂い、かゆくて仕方がない。特に夜寝る前にかゆみがひどい。赤くただれてヒリヒリ痛むまでかいても、一向に治まらない。思い余って氷を押し付けたり、熱いお湯をかけたりもした…

健康は住まいがつくる

屋内熱中症スポット 鉄筋コンクリート住宅の寝室が危ない

サラリーマンの病気に詳しい弘邦医院(東京・葛西)の林雅之院長(内科医)は、夜間の熱中症対策をこう呼びかける。 「寝るときにクーラーをタイマーにする人がいますが、猛暑日では危険です。タイマーにするなら、扇風機の風が直接、体に当たらないように工夫して併用したり、少し窓を開けて風通しをつくる。寝る前に水分を十分補給するようにしましょう」 なお、入浴中の汗や体温上昇が見られ…

写真はイメージ

健康診断では分からず 日常動作が失神招く「危険な病気」

サラリーマンの病気に詳しい、弘邦医院(東京・葛西)の林雅之院長が言う。 「失神は脳への血流が6~8秒途絶えたり、収縮期血圧が60㎜Hgに低下したり、脳への酸素供給量が20%低下するだけで起こります。その原因は①起立性低血圧による失神②心血管性失神③反射性失神に大別できます。①はパーキンソン病や糖尿病や脊椎損傷、尿毒症に伴うもの、抗うつ剤、血管拡張剤などの薬によるも…

写真はイメージ

体が丈夫でも油断禁物…健康な人がかかる「貧血」とは?

しかし、田村さんはもともと『溶血性貧血』だったのです」 こう言うのはサラリーマンの病気に詳しい、弘邦医院(東京・葛西)の林雅之院長だ。 貧血には偏食の若い女性などによく見られる「鉄欠乏性貧血」以外にも種類がある。血液をつくる骨髄が脂肪に置き換わり、赤血球や白血球を作らなくなる「再生不良性貧血」、胃や腸などの出血から起きる「出血性貧血」、ビタミンB12の欠乏によって起…

しっかり寝ても解消できない

寝ても抜けない“酒疲れ”は「ビタミンB1不足」に原因あり

弘邦医院(東京・葛西)の林雅之院長が言う。 「ビタミンB1には糖質をエネルギーに変え、脳や神経を正常に保つ働きがあります。これが不足するとエネルギーが足りなくなって全身が疲れやすくなるうえ、神経が正しく機能せずイライラしたり、足がむくんだり、動悸など心臓に問題が生じたりして、最悪、亡くなることもあります」 かつての日本ではビタミンB1欠乏症は「かっけ」と呼ばれ、結…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事