日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「宮崎駿 アニメ」に関する記事

日本アニメ界を牽引/(C)日刊ゲンダイ

「風立ちぬ」アカデミーならず…日本アニメに深刻な低迷懸念

宮崎駿(73)監督の「風立ちぬ」は、最優秀長編アニメ賞を逃してしまった。 米国ファンを意識した作品をつくるアジア諸国に押され、国際競争力を失いかけている日本アニメ界に、いよいよ本格的な「冬の時代」が到来するのではと、懸念の声が出ている。 「宮崎作品のように、アニメーターが膨大な原画を描くスタジオジブリの手法は、いわば“町工場の手作り”作品。しかし、いまやアニメは、デ…

シネマの本棚

ソング・オブ・ザ・シー 情緒と幻想的物語が魅力

東映動画はかつて宮崎駿も在籍した老舗。ただし宮崎自身はソ連のアニメに感化されていたともいわれる。要するにアニメは「動く絵」の力で国境を超えるのだ。 とはいえ「ソング・オブ・ザ・シー――」は単なる国際市場向けの商品ではない。むしろアイルランドならではの情緒と幻想的な物語性こそが魅力の源泉。作画を担当したザ・カーツーン・サルーンが絵を描き、アイルランドの童話作家コルマー…

「思い出のマーニー」 (C)2014 GNDHDDTK

ジブリ最新映画「思い出のマーニー」に批評家から厳しい声

昨年引退を表明した宮崎駿監督(73)が関わっていない作品とあって注目されているが、22日に発表された観客動員ランキング(興行通信社調べ)は3位。 1位の「ポケモン・ザ・ムービーXY『破壊の繭とディアンシー』」、2位のディズニー映画「マレフィセント」に及ばなかった。 映画批評家の前田有一氏によれば、「『思い出のマーニー』と『アナと雪の女王』には共通のテーマがある」と指…

「この世界の片隅に」

大高宏雄の「日本映画界」最前線

「この世界の片隅に」キネ旬ベスト・テンで1位獲得のワケ

アニメーションのベストワンは宮崎駿監督の「となりのトトロ」以来28年ぶりだという。 驚いた理由は2つある。アニメの評価には比較的厳しい映画評論家中心の映画賞で本作がかなりの大差で選出されたこと。そしてもうひとつは、実写映画のふがいなさだ。これらの要因が微妙に絡み合っての今回の結果といえるだろう。 「この世界の――」が素晴らしいアニメなのは、同賞の選考者の一人である筆…

None

【対談】鈴木敏夫×権藤博 監督論から宮崎駿引退の真相まで

高畑勲、宮崎駿というアニメ界の巨匠を支えるスタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサー(65)は、プロ野球中日ドラゴンズの熱狂的ファンとしても知られる。そんな鈴木氏が「ボクの憧れの人」と目を輝かせる野球評論家の権藤博氏(75)と対談。盛り上がりまくった2人の話は互いの監督論、人生論から宮崎監督引退の真相にまで広がった――。 鈴木氏(以下=鈴)「なんてったってボクは、大のド…

巨匠宮崎駿監督と新海誠監督

宮崎駿監督の引退撤回 「君の名は」「この世界」に触発か

アニメ界の巨匠、宮崎駿監督(76)の引退撤回が報じられた件。スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサー(68)が23日(日本時間24日)、米ロサンゼルスで開かれたイベントで、「(宮崎監督は)今も一生懸命、作っています」と新作長編の製作を明言。絵コンテが「すごく面白かった」と太鼓判まで押すもんだから、大騒ぎである。 思い起こせば、2013年9月の引退会見で宮崎監督は「今回…

宮崎吾朗監督(左写真の右)/(C)日刊ゲンダイ

脱ジブリなるか…NHKで武者修行「2代目」宮崎吾朗の心境

実父である宮崎駿氏(73)が立ち上げたスタジオジブリを初めて離れ、国内有数のCGスタジオである「ポリゴン・ピクチュアズ」とタッグを組んで制作した。すなわち、このアニメ、ジブリ作品ではない。これまで監督として手がけたものの、いまいちパッとしなかった映画「ゲド戦記」(06年)、「コクリコ坂から」(11年)とは、環境もスタッフもガラリと違うというわけ。 「本当にジブリに…

庵野秀明監督

男たちの挫折 栄光までの戦い

仮想敵は過去作品 庵野秀明が苦悩した「エヴァの呪縛 」

大阪芸術大学在学中に自主制作アニメに熱中し、アルバイトで劇場アニメ「風の谷のナウシカ」の原画を担当すると、宮崎駿から才能を認められる。88年「トップをねらえ!」でアニメ初監督。95年「新世紀エヴァンゲリオン」シリーズが開始した。 「テレビ版ではほとんど未完成といってもおかしくない。それを完結させるために作ったのが、97年と98年の最初の劇場版。ところがファンが納得し…

11年ぶりオスカー受賞ならず/(C)日刊ゲンダイ

宮崎駿「風立ちぬ」がオスカー逃した原因は安倍政権

宮崎駿監督(73)の「風立ちぬ」がディズニー映画「アナと雪の女王」に敗れたアカデミー賞の長編アニメ部門。世界で1000億円超の興行収入を叩き出しているミュージカル・ファンタジーの受賞は順当と言えなくもないが、なにせ巨匠の引退作品である。ガックリと肩を落としたファンは多かったのではないか。 もっとも、作品の出来不出来と関係なく、「風立ちぬ」の受賞はハードルが高かった。…

中森明夫(左)と川村元気プロデューサー

中森明夫「川村元気に斬り込む」

興収190億円突破 もはやこれは異常事態ですよね?

ただ上位にあるのはすべて宮崎駿作品であり、これは何を意味するのか? おそらく僕らはどこか宮崎駿っぽいものを作りがちだった。今回、初めて宮崎駿の亜流じゃない、自主製作の現場から出てきた新海誠監督が作った作品だからこそのブレークスルーがあったんじゃないかと」 ――なるほど。ポスト宮崎駿はジブリとまったく別文脈から現れたんだ! 「14年前に初めて新海誠監督に会いに行った時…

2013年には引退会見

CGと苦闘し決意か 宮崎駿監督“引退撤回”宣言に込めた反骨

13日に放送されたNHK「終わらない人 宮崎駿」で、スタジオジブリの宮崎駿監督(75)が、長編新作を計画していることを明かし、話題になっている。3年後の19年に完成予定とされ、詳しい中身は明かされなかった。 宮崎監督は鈴木敏夫プロデューサーに対し「この映画を作れるだけの金をかき集めてください」と話すなど、かなり現実的な話も飛び出した。宮崎監督は「風立ちぬ」が公開され…

一番の理解者/(C)日刊ゲンダイ

今あるのはあの人のおかげ

歌手・加藤登紀子が振り返る 宮崎駿監督と「紅の豚」秘話

長い経歴の中で、今の子供にも広く知られるようになったきっかけは主題歌とエンディング曲、そしてマドンナ役の声優を務めた宮崎駿アニメ「紅の豚」。名作の誉れ高い本作で、宮崎監督(73)から得たものとは……。 ■「紅の豚」が音楽の原点を見直すきっかけに 早いもので、「紅の豚」の公開からもう22年になるんですね。 あの作品で宮崎監督と初めてお仕事させていただいたのですが、思い…

屋比久知奈と夏木マリも登壇

監督が熱弁 ディズニー新作『モアナ』は「宮崎駿の影響」

9日に行われた来日記者会見で両監督は、宮崎駿作品の影響を受けているとし、目を輝かせながらこう話した。 「宮崎監督の作品は自然と人の密接な関係が描かれ、ロールモデルのような強い女性が登場する。『モアナ』は最も宮崎監督の影響を受けた作品になった」(マスカー監督) 会見には、日本語吹き替え版で声優出演した屋比久知奈(22)と夏木マリ(64)も登壇した。…

左から、オバマ米大統領(C)AP、宮崎駿監督、星野佳路氏

オバマも宮崎駿も庶民的…一流の人の食事はなぜ質素なのか

アニメ界の巨匠、宮崎駿(74)も何十年も朝食抜きの生活を続けている。弁当箱にご飯、卵焼き、たくあん、ソーセージなどを入れ、それを昼と晩に2回に分けて食べる。 「34歳で気象予報士に合格した女性は、少食を始めて試験勉強の暗記力が高まったと話していました。一流と呼ばれる人に少食が多いのは偶然ではないと思います」(前出の船瀬氏) アスリートの中にも朝食抜きが増えている。…

新海監督との間に6歳の娘がいる

「君の名は。」新海誠監督の妻は女優・三坂知絵子だった

いつも、僕の作品のファンでいてくれると思います」 ポスト宮崎駿の呼び声も高い新海監督。歴史的名作誕生の裏には最高のファンである美人妻の献身と叱咤激励があった。…

「シン・ゴジラ」は興行収入70億円を突破

映画「シン・ゴジラ」&「君の名は。」メガヒットの意味

」はそれを上回り、日本のアニメ映画ではスタジオジブリの宮崎駿作品以外で初めて、興収100億円を超えている。 「日本映画の興行で、配給会社の儲けは興収の5~15%とされています。興行会社が50%、製作会社が35~45%という配分ですが、『シン・ゴジラ』の場合、東宝は製作も行い、主に自分たちのハコ(映画館)で興行しているのですから、普通の何倍もオイシイ。『君の名は。』が…

映画「バケモノの子」

「バケモノの子」興収60億円も 細田守監督“ジブリロス”埋める

今回の実績で細田監督は事実上の引退宣言をした宮崎駿監督の後継者という見方で衆目は一致するだろう。 細田監督のアニメはここ3作品でホップ・ステップ・ジャンプとも言っていいほど興収を挙げている。09年の「サマーウォーズ」が17億円、12年の「おおかみこどもの雨と雪」が42億円、最新作の「バケモノの子」が60億円超である。 日本映画界は宮崎作品を中心にしたスタジオジブリか…

見た目で買った面白読本

創造神としての意気込みと覚悟

ウルトラマンから宮崎駿まで、特撮モノやアニメの影響も隠さない。そんな著者渾身の「作品+解説」集。 冒頭、著者のジオラマ観の一端が明かされる。 「日本にはミニチュアを楽しむ風習が昔からあり、盆栽文化はまさにジオラマそのもの……小さい物が大好きな国民ですから……」 A5判、並製。本文は、表4色/裏1色。折丁にすると、カラーとモノクロの見開きが交互に並ぶ。この展開を利用し…

宮崎監督(右)と鈴木敏夫プロデューサー/(C)日刊ゲンダイ

ジブリ鈴木敏夫氏 製作部門解体発言は「彼一流の“戦略”」か

鈴木氏といえば、引退した宮崎駿監督と二人三脚でジブリを支えてきた“大番頭”だ。 それに以前から、現在公開中の「思い出のマーニー」を最後にジブリは解散なんて噂がくすぶっていただけに、穏やかではない。 ジブリは「アニメから撤退すると発言したわけではない。今後の対応は未定」(広報担当者)としているが、「鈴木プロデューサー一流の“戦略”じゃないか」という、うがった見方もある…

None

プレイバック芸能スキャンダル史

泥酔騒動で生涯禁酒宣言した 中川礼二

24日、宮崎駿監督の「千と千尋の神隠し」が第75回アカデミー賞長編アニメ映画賞を受賞。25日、俳優・古尾谷雅人自殺。45歳。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事