日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「沢田研二 息子」に関する記事

None

プレイバック芸能スキャンダル史

沢田研二 田中裕子 8年越しの交際実らせて結婚

グループサウンズ「ザ・タイガース」のボーカル、沢田研二(65)との交際・結婚である。 出会いは82年4月、田中が26歳の時。当時、再結成したザ・タイガースのコンサートで沢田(当時33歳)と対面。その後、同年末の映画「男はつらいよ 花も嵐も寅次郎」で共演し、この頃から2人の熱愛が囁かれるようになった。83年夏ごろには沢田が田中のマンションに通う姿も目撃された。 沢田は…

None

「2世」同士の交際もあっさり認め IMALUのサバサバは父譲り

息子と同じドラマーだが、沢田研二、桑田佳祐、いきものがかり、スキマスイッチなど数々の有名アーティストのサポートドラマーとして活躍している。 息子のよっちもaikoなどのミュージシャンのサポートドラマーとして活躍、今回の交際もIMALUのバンドでドラムを叩いたことがきっかけ。昨年のNHK紅白ではmiwa(23)のバックバンドを務めるなど、父親と同じ道を歩んでいる。 「…

ベテラン歌手の水越けいこさん

あの人は今こうしている

「ほほにキスして」の水越けいこさん 亭主“蒸発”後の困窮語る

これで不平をいったら、罰が当たります」 ■ジュリーにあこがれて芸能界を目指した さて、山梨県生まれの水越さんはジュリー(沢田研二)にあこがれて芸能界を目指し、74年8月、「スター誕生!」(日本テレビ)に出場。惜しくもスカウトの声は上がらなかったが、77年、100倍の競争率を勝ち残り、TBSの朝のお天気情報番組「8時の空」のレギュラーアシスタントに。さらに、78年、「…

黒木憲ジュニア

その日その瞬間

歌手・黒木憲ジュニアが「父の名前」に込めたささやかな覚悟

■レコ大で最優秀新人賞の後は鳴かず飛ばず でも、歌番組の華やかなりし頃で、ピンク・レディーや沢田研二さんらをテレビで見るうちに、憧れちゃったんですよね。父についてスタジオに行って、そうした歌手の皆さんのサインをもらったりしているうちに、中学でフュージョンバンドをはじめ、7年間の内弟子を経て、「やせがまん」って曲でデビューしたんです。SMAPさんと同じ1991年組。…

80歳になる今でも“孤高”のイメージがぴったり

あの人は今こうしている

“孤高のギタリスト”ソンコ・マージュさん ブレーク拒む理由

沢田研二、岡林信康と並んで注目のミュージシャンとして取り上げられてるだろう。でも、ボクの音楽は哲学だし、一過性のものじゃないから、歌謡曲やフォークと一緒にして欲しくなかった。で、編集長にボクを扱うのはこれっきりにしてくれって言ったら、“もったいない”ってたまげてたよ。まあ、ボクも若かったんだねえ。最近じゃ昔からボクを知ってるのは五木寛之さんぐらいなもんかな。40…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事