日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

一過性の関連ニュース

富岡製糸場は大健闘

地元大騒ぎ 世界遺産候補「長崎教会群」はブームになるか

もっとも、世界遺産に登録されても“ブーム”が一過性で終わることも多い。例えば、07年に世界文化遺産に登録された島根県の「石見銀山」は、翌年の観光客数が40万人から80万人と倍増したが、今では約50万人にまで落ち込んでいる。北海道の世界自然遺産「知床」も登録された05年は約250万人が訪れたが、今は登録前の160万人にまで減った。 一方、健闘しているのは、14年に世…

五郎丸のポーズだけでは…

世界で戦うヒント

一過性が危惧されるラグビー人気 定着のカギは「女性ファン」

関係者はこのフィーバーをなんとしても持続させたいはずだが、残念ながらこのままではラグビー人気は一過性に終わってしまうだろう。この人気を持続させるには、19年に日本で開催される次回のW杯は遠過ぎるのだ。 それではラグビーを本物の人気スポーツに仕立てるにはどうすればよいか。まず、一にも二にも、選手強化が求められる。 アメリカでは来春にラグビーのプロリーグが発足する。そ…

岩手県平泉の中尊寺本堂も観光客は減少傾向

軍艦島は大丈夫か お祭りムードも「世界遺産」はその後が悲惨

■観光客は年々減少 しかも、“世界遺産バブル”で観光客が増えても、一過性で終わることも多い。 たとえば07年に世界文化遺産に登録された島根県の石見銀山。08年の観光客数は80万人と倍増したが、今では約40万人と半減している。岩手県の平泉も世界文化遺産登録翌年の12年をピークに減少傾向で、昨年も前年比6.6%ダウンした。北海道の世界自然遺産「知床」も登録された05年…

愉快な“病人”たち

プロゴルファー 田原紘さん (72) 一過性脳虚血発作 ㊤

脳梗塞の一種、一過性脳虚血発作でした。 「みんなこんなに騒いで……」 実は私、頭はハッキリしていて、いつも通り聞こえていました。救急隊員の声掛けにも、自分ではちゃんと答えているつもりだったんです。ところが実際は言葉になっておらず、周囲には危険に映った。娘は「お父さん終わった!」と思ったそうです。あの時、娘の血の気のない真っ白な顔は今でも覚えています。 30分くらい…

チャゲとASKA

スクープドッグ咆哮記「ASKA」編

聞き慣れない「一過性脳虚血症」という病名が引っ掛かった

《(ASKAは)数週間前から体調不良を訴え、医師の診察と精密検査を受けた結果、一過性脳虚血症の疑いがあり、重篤な状態ではないが当面の間、治療と静養を要し、病状の経過診察が必要であると診断されました》 そのため8月28、29、30日に東京・代々木第一体育館で行う予定だったライブは中止となった。 6月12日付の日刊スポーツは、《関係者によるとASKAは5月ごろから、吐…

愉快な“病人”たち

プロゴルファー 田原紘さん (72) 一過性脳虚血発作 ㊦

幸い、30分程度の一過性脳虚血発作で済み、入院せずに済みましたが、右半身の軽いマヒで手先が思うように動かなくなりました。 ひどい眠気にも襲われるんです。特に食事を取ると、一服しているうちに眠ってしまう。胃袋に血液が集中してしまうのか、頭に酸素が回らなくなるんです。このことに気付かずコースに出ると午後はミスが連発。脳の指令系統が狂ってしまうんだね。今は昼食を半分にセー…

None

【土曜京都11R・京都新聞杯】出走全馬の特選情報

あ…

この季節はイベントや宴会が多くなる

春は上がりやすい血糖値 原因と対策法を専門医が解説

そのためインスリンの効きが悪くなり、血糖値を上昇させてしまうのです」 一過性の急性ストレスであればそれほど心配ないが、慢性的に引きずってしまう場合は要注意。何も用事がないときは、さっさと帰宅して早く寝るようにするなど、自分なりのストレス解消法を考えよう。 花粉症も血糖値を上げやすくする。花粉症によるアレルギー症状によってストレスホルモンが分泌され、炎症性サイトカイン…

None

【土曜阪神12R】出走全馬の特選情報

てす…

日本商工会議所の三村会頭(左写真・左)と経団連の榊原会長(同・右)

巻頭特集

残業なし、賃上げ、経済成長というバラ色の虚構が安倍政治

異次元緩和の円安政策で見かけだけの利益を増やしても一過性の現象に過ぎないことは企業側も熟知しています。景気拡大を確信できない限り、人件費抑制のマインドは消えない。その結果が、大企業に貯め込まれた過去最大400兆円に迫る内部留保です。安倍政権が根本から発想を切り替えない限り、真の働き方改革は実現しません」 アホノミクスのトンチンカン政策が続く限り、「働き方改革」は絵空…

2010年、同期でもある岡田尚樹クラシエホームプロダクツ社長とタイ出張

喜怒哀楽のサラリーマン時代

クラシエHD社長・石橋康哉さん UFO風船で大当たり

だから風船がきっかけでも、一過性の売り上げで終わらなかったんです。 そうやってグループ内で成功事例を共有してもらいたいと思って、日用品、薬品、食品の各事業の営業所を同じ建物にまとめたんだけどね……。若い社員は聞きに行くのが苦手なようで、なかなかうまくいかないもんです。(つづく) ▽1956年、兵庫県生まれ。武蔵大学経済学部を卒業後、カネボウ化粧品に入社。2006年ク…

米国のお墨付き?

二極化・格差社会の真相

愚劣な手口を歓迎 嘘が正義となって煽られる無残な時代

truthの接頭辞がanti-(反)でなくpost-(後)なのは、この状況が一過性に終わらず、かなり長く続くというニュアンスか。 時代はそこまで来てしまった。インターネットによる情報支配に、人間の知性は奪い尽くされた。 トランプ当選の直後に朝日新聞が米国紙から転載した、ノーベル賞経済学者P・クルーグマンのコラムが鋭い。 〈とんでもない人たちが連邦最高裁判事になると見…

びびっと気づいて対応する

突然の脳梗塞…迷わず救急車を呼ぶべき「5つの症状」

しかも、一過性脳虚血発作といって、数分から1時間以内で症状が消えてしまうケースもあるから厄介だ。 井口教授らの調査では、どんなに軽い症状であっても「びびっと気づいた」人は76%が2時間以内に来院。 一方、症状には気づいていても重大視しなかった人は半数以上がすぐに病院に来ていなかった。 これがどういう結果を招くのか。 「早期に来院すれば、『血栓溶解療法』という内科的治…

写真はイメージ

勘違い「日本人のおもてなし」

意外や意外…京都・奈良は欧米人にソッポを向かれている

オリンピックやカジノのように一過性ではなく、文化・習慣への関心は、外国人の長期滞在につながり、全国を旅したいという気持ちにもなるのだ。…

None

流されゆく日々

連載10061回 今週読んだ本の中から

それは一過性の病気ではない。人間存在の根源的な鬱である。 ロシア語のトスカーに当たる日本語は、なかなかみつからない。郷愁でもないし、旅愁でもない。哀愁では甘すぎる。憂鬱といってしまえば、あいまいだ。 ポルトガル語のサウダーデ、ブラジルでいうサウダージのようなものだろうか。もし、これにふさわしい日本語があるとすれば、それは、「暗愁」という言葉だろう。 「暗愁」とは、…

爆買いの恩恵が薄れ…(三越銀座店)

企業深層研究

三越伊勢丹HD 大西洋社長「今のビジネスモデル無理」

これを受けての冒頭の大西社長の言葉なのだが、ここから分かるのが、今の苦境が一過性のものではない、ということだ。 三越伊勢丹が勝ち組といわれてきたのは、①伊勢丹新宿本店、三越日本橋本店、三越銀座店の旗艦3店舗がアベノミクスにも支えられ、好調を維持してきたこと②「仕入れ構造改革」。PB製品を強化し利益率を改善したこと③インバウンド需要を取り込んだこと――の3つが相まっ…

渡辺謙

渡辺謙「57歳の肖像」

東北の現状を伝えるのは役者の責務

行政のような大きなことはできないし、義援金を集めてそれでおしまいというのも、いかにも一過性のようで。皆が集まって、そこに行くと常に誰かいて、おいしいものがあって、出会ったりライブとか何かする場所をつくりたい。それが年中無休カフェにつながっていったんです」 今週末放送の主演ドラマ「五年目のひとり」は震災後、心身ともに大きな傷を抱えながらも、生きていこうとしている中年男…

あの“ハンカチ王子”とのデートも報じられた

過去には亀梨和也の“先輩”と…深田恭子の肉食オトコ遍歴

一過性の関係か、ゴールインまでいくのか。要注目だ。…

None

荒波相場に挑む 稼げる「鉄板」銘柄

「ユニマットRC」超人的な業務の効率化で純利益が倍増

「恐らく一過性ではないだろう」。なぜならば、すでにその「ノウハウ」を手中に収めており、効率的な事業運営が可能となっているからだ。なので、株価は1000円台後半くらいになってもおかしくない。 そして同社は、同じユニマットグループ内の企業と協力して、ひとつの町をつくり上げる構想に加わっている。すでに千葉県に愛犬と泊まれる新設リゾート「小谷流の里」がオープンしており、グ…

猛威に襲われる(TPP特別委)

巻頭特集

早すぎるトランプ詣で 安倍訪米は飛んで火に入る夏の虫

市場関係者を中心に「トランプも悪くない」という空気が漂い始めているが、この円安・ドル高は一過性のものだ。 トランプの基本政策は国内産業の保護と雇用の拡大である。そのための国内投資であり、他国通貨安も牽制しているから、必然的にドル安・財政支出拡大になる。そのツケを属国の日本に払わせようと考えるであろうことは、容易に想像がつく。排斥主義のトランプから見たら、日本人なんて…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事