日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「長谷川博己 彼女」に関する記事

現役女子大生の土屋太鳳(たお)/(C)日刊ゲンダイ

「朝ドラ主役」射止めた土屋太鳳は吉高由里子を超えられるか

その中で教師の長谷川博己のあらぬ妄想をかきたてる古典的な美少女中学生を演じたのですが、当時から並々ならぬ異彩を放っていた。いまのアイドルブームに逆行するような大人びた容姿と雰囲気が魅力です。『あまちゃん』出演時の能年玲奈と同じ19歳。ものすごくハイレベルな潜在能力を感じます」 東京出身で、日本女子体育大学運動科学科に在籍する現役女子大生。角川映画やソニーミュージック…

シンゴジラ

映画シン・ゴジラが踏み潰した 集団的自衛権の欺瞞と現実

本来なら、長谷川博己や石原さとみをはじめ総勢325人ものキャストに、おのおのテレビで宣伝をさせるなんてやり方もできたのに、東宝はしなかった。中身に絶対の自信があり、口コミで広がる確信があったのでしょう」 作風はこれまでの娯楽色の強い怪獣映画とは異なり「もし現実の日本にゴジラが現れたら政府はどう対処するか?」をノンフィクションタッチで描いたリアルな政治ドラマだ。庵野秀…

ヒロインの気持ちを回想

二階堂ふみ 往年の映画から学んだ「この国の空」のヒロイン像

主演は個性派、演技派として注目の二階堂ふみ(20)、共演・長谷川博己(38)。二階堂に意気込みを聞いた。 この映画のお話をいただいた時、決め手となったのは荒井監督の脚本でした。その中に、詩人・茨木のり子先生の「わたしが一番きれいだったとき」がありました。私がこの詩を知ったのは中学生の時でした。教科書で初めて読んだときに“これが戦争なんだ”と実感できたんです。 この映…

園子温映画監督

役者・芸人「貧乏物語」

米国で半年間ホームレス…園子温監督が振り返る“極貧時代”

出演は長谷川博己、麻生久美子、西田敏行ら。…

None

井川遥が茶の間を席巻? あのCMで菅野美穂の“後釜”情報

鈴木京香が長谷川博己相手に濃厚なディープキスやベッドシーンを披露した「セカンドバージン」の第2弾。期待値は高かったものの、平均視聴率8%台とパッとしなかったが……。 「井川の脱ぎ惜しみが敗因なんていわれましたが、同世代の女性の間では楽しみにしていた人も多く、“録画視聴率”が高かった。ファッション誌の表紙モデルを5年以上務めているように、30代女性のオピニオン&ファッ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事