日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「中森明菜 ドラマ」に関する記事

「ロンバケ」などヒットドラマ多数

病と闘いながらヒット連発 脚本家・北川悦吏子の波乱の半生

安田成美と中森明菜ダブル主演で話題を呼んだ作品で、最終回の視聴率は31・9%をマークした。 その後はトントン拍子。石田ひかり主演の「あすなろ白書」(93年)、キムタクと山口智子がタッグを組んだ「ロングバケーション」(96年、いずれもフジテレビ系)、キムタクと常盤貴子の「ビューティフルライフ」(00年、TBS系)とヒットを飛ばし続けた。「ビューティフルライフ」の最終回…

デビュー35周年の遠藤響子さん

あの人は今こうしている

“花の82年組”遠藤響子さん 歌手人生「ひとつの悔い」とは

堀ちえみ、小泉今日子、中森明菜、早見優、松本伊代……。81年11月から82年10月にかけてデビューしたアイドルが“花の82年組”。そのひとりが歌手の遠藤響子さん(当時は京子)だ。TVドラマ「輝きたいの」の主題歌がヒット、「3年B組貫八先生」のマドンナ音楽教師役などでも活躍した。今どうしているのか。 ■ラジオ番組やライブで多忙 「今年がデビュー35年目にあたり、記念の…

「2人目はムリムリ」と仁藤優子さん

あの人は今こうしている

元アイドル仁藤優子さん ママ友は「芸能人?」と不思議顔も

芸能人にはまれなタイプだと楽しんでいただければ、と思ってます」 仁藤さんは15歳の時、ホリプロタレントキャラバン’86で中森明菜の「少女A」を歌い、アクターアクトレス賞を受賞し、芸能界へ。 「なぜアクターアクトレス賞だったのか? それ、ワタシにも分かりません、ハハハ。歌手になりたくて自分で応募して、それに受かった。夢がかない、すごくうれしかったのは覚えてます」 デビ…

美貌キープ/(C)日刊ゲンダイ

この人物のオモテとウラ

育児合間にエステ通い 伊東美咲「本格復帰」カウントダウン

1位の中森明菜とわずか5票差だったんです。その期待度の高さに芸能関係者が飛びつき、以来各方面からのオファーがひっきりなしだったようです。もともと本人は芸能界を引退するつもりはさらさらなく、子育ての手が離れたらと考えていました。あのアンケートで大いに意を強くし、復帰が早まりました」(芸能ライター) 結婚後は親友の神田うののブログに登場するくらいで、どういう生活を送って…

None

有村架純を悩ます 姉の実名デビューと超セクシーヌード

中高年世代には、中森明菜さんの妹の明穂さんがイメージビデオでセミヌードになって騒がれたのを思い出す方がいるのでは。今回もそうですが、たとえ親族であれ、売れっ子への便乗ともとられかねない商法は芸能界でもご法度。所属事務所は違っても売り出す前に報告や了解を取るという不文律がある。それらを無視してやっているとすれば、当然のように揉める火種となる。明菜さんと明穂さんは騒動後…

杉田愛子さんは「スター誕生!」出身

あの人は今こうしている

“スタ誕”出身の杉田愛子さんは故郷福岡で芸能事務所社長

森昌子、桜田淳子、山口百恵、城みちる、伊藤咲子、片平なぎさ、小泉今日子、中森明菜……、み~んな日本テレビの伝説のオーディション番組「スター誕生!」出身である。きょう登場の杉田愛子さん(52)も同様。81年、「花吹雪」でデビューした。今どうしているのか。 「2年前の14年4月に弁護士さんや各種コンサルティング業務の専門家、ヨガの講師、専門学校副校長など約15人の文化人…

レベッカは懐メロ枠?

レベッカ内定情報も…懐メロに“目玉”頼るNHK紅白の苦境

「昨年はすったもんだの末に中森明菜のサプライズ出演も果たしました。もう残っている紅白未出場の目玉歌手は、ずっとオファーを断られ続けている井上陽水や松山千春、竹内まりやぐらいしかいないでしょう。しかし、竹内は夫の山下達郎がどうしてもクビをタテに振らない。結果、“昔の名前”のバンドや歌手に頼るしかない」(あるプロデューサー) 紅白といえば、離婚騒動の渦中にある高橋ジョ…

(C)日刊ゲンダイ

プレイバック芸能スキャンダル史

年下キラー、藤真利子 近藤真彦と熱愛騒動

藤とのスキャンダルは当時、マッチとの交際がウワサされていた中森明菜にも飛び火。11月19日の歌謡大賞の授賞式でマッチと明菜は壇上に並んだが、お互いを無視するような冷ややかな態度には関係者の間から「明菜は本当に怒っている」「(2人は)はっきり別れたわけじゃないけど、お互いもう熱が冷めている」など、さまざまな証言が飛び出した。 マッチと藤は87年1月放送の東芝日曜劇場…

美貌をキープ/(C)日刊ゲンダイ

神田うのがお膳立て? 伊東美咲が探る“復帰タイミング”

1位に輝いたのは中森明菜(48)。中森とわずか5票差で2位だったのが、09年にパチンコメーカー「京楽産業」社長の榎本善紀氏と結婚して以来、第一線から退いている伊東美咲(36)だった。 その伊東、芸能界を「引退」したわけではなく、11年7月には所属事務所主催の東日本大震災チャリティーイベントに登場。現在は3歳の娘の育児と家事に専念していて、周囲には「娘のプレスクール(…

None

河合奈保子の娘「kaho」 母親譲りの“要素”で高まる期待

キョンキョンや中森明菜、堀ちえみ、早見優といった花の82年組よりひと足早く、80年にデビューした河合。西城秀樹の妹分として活躍したが、娘は母を超えられるのか。 アイドル評論家の中森明夫氏はこう言う。 「河合奈保子といえば、童顔、八重歯、巨乳が代名詞。胸のふくらみを隠そうとわざわざサラシを巻いた当時のアイドルとは一線を画し、水泳大会で大胆な水着姿を披露するなど元祖グ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事