日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「高島礼子 出演」に関する記事

涙の謝罪会見から約3カ月半ぶり

トークイベント出演 高島礼子3カ月半ぶり“表舞台”のウラ

元夫の高知東生(51)が覚醒剤取締法違反などで逮捕され懲役2年執行猶予4年の判決を受けた女優の高島礼子(52)が、16日に京都市内で開催される「京都国際映画祭」でトークイベントを行うことが発表された。高島が姿を見せるのは6月に高知が逮捕された直後に行った謝罪会見以来、約3カ月半ぶりとなる。 「映画に関するトークイベントで、高知の話題に触れることはなさそうだし、集ま…

どんな役でも存在感は抜群

夏ドラマ“主役・脇役・敵役”辛口採点

高島礼子に代わり番宣行脚 高畑淳子“八面六臂”の立ち回り

主演の高島礼子(52)演じる総務課職員、宮崎美子演じる広報課職員を加えた3人の“井戸端捜査会議”から事件を解決していく本ドラマは、昨年の「土曜ワイド劇場」枠で視聴率12.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した好評ミステリーを連続ドラマ化したもの。 ■主役級の番宣活動 「スタート直前に主演の高島礼子さんの夫の高知東生が覚醒剤取締法違反容疑で逮捕されて、一時は…

高島礼子

TV見るべきものは!!

高島&高畑出演ドラマ そもそも設定と内容に無理があった

先週、高島礼子主演の「女たちの特捜最前線」(テレビ朝日系)が6話目で終了した。視聴率の低迷による打ち切りといわれるが、高畑淳子の息子が婦女暴行の容疑で逮捕されたことで、二重に悲愴感が漂う。 主演女優の夫の逮捕で始まり、メーンキャストの息子の逮捕で終わるという前代未聞のドラマとなった。 「特捜最前線」といえば、1977年から10年も続いた人気刑事ドラマだ。ボスは二谷英…

五十川容疑者は六本木界隈でも知られた存在だった

高知の次か 愛人の交友関係から浮上したお笑い芸人の名前

高知容疑者の妻、女優の高島礼子(51)は7月21日スタートのテレ朝系連続ドラマ「女たちの特捜最前線」に主演。降板の可能性も取りざたされた。尿検査と“涙”の謝罪会見で何とか乗り切ったとはいえ、テレ朝局内がピリピリするのは当然だ。 「高島は容疑者の妻だからまだしも、出演者本人がシャブで逮捕なんてことになったらシャレになりません。それでなくても、タレント活動もしていた五…

高島礼子(左)も高畑淳子も涙の会見

夫と息子が逮捕 高島礼子&高畑淳子ドラマ呪われていた?

薬物事件で逮捕された高知東生(51)の元妻(8月1日離婚)である高島礼子(52)の主演ドラマ「女たちの特捜最前線」(テレビ朝日系、木曜夜8時~)が6話で終了となってしまった。 6話打ち切り説を最初に報じたのは8月3日発売の週刊文春(8月11、18日合併号)。この時点では同ドラマの主要キャストである高畑淳子(61)の長男・裕太(22)の事件は発生していなかったため、テ…

芸能界入りのきっかけは雑誌のモデル募集

その日その瞬間

黒谷友香さん 人と作品に恵まれ3年前に「極妻」で主演

鬼場琴音という極道の妻役でしたが、岩下志麻さん、三田佳子さん、高島礼子さんらが主演された歴史ある作品ですから、出演できることだけでもとてもうれしく、身が引き締まる思いでロケに臨みました。 撮影は東映の京都撮影所。古くからのスタッフが大勢いらっしゃって、現場の雰囲気もまた別格なんです。着物も素晴らしい西陣。岩下さんがお召しになられたものだそうで、それにも感激しました。…

今後のドラマ出演にも重大影響

高島礼子の傷は深刻…「極妻」さながら“地獄の道づれ”も

夫で元俳優の高知東生(51)が覚醒剤と大麻の所持容疑で逮捕された女優の高島礼子(51)。ラブホテルで愛人ホステスと寝ているところを捜査員に踏みこまれるとはヤクザも顔負けの最低男だが、「クスリ」と「不倫」というダブルパンチを食らった高島の傷は深刻と言わざるを得ない。 芸能リポーターの川内天子氏はこう言う。 「現在、撮影中のドラマは主演で、しかも警察官役。たとえ離婚し…

意外なオシドリ夫婦

高島礼子と格差婚16年…高知東生「介護引退」のウラの罪滅ぼし

「あの夫婦にとっては最良の選択だよ」――周囲の誰もが納得しているのが高島礼子(50)の夫で俳優・高知東生(50)の引退だ。今秋公開の映画「忘れ雪」の公開をメドに引退し、その後は高島の実父でパーキンソン病を患う武さんの介護に専念するという。 「収入格差は結婚(99年)前から囁かれていましたが、実際その通りに推移しています。97年に『黄桜』のCMで注目され、99年には『…

東京湾岸署に移送される高知東生容疑者と妻の高島礼子

不倫と薬物に溺れ…高知東生容疑者“介護引退”本当の理由

今思うと、高知容疑者を逮捕した関東信越厚生局の麻取の内偵を察知して、怪しい付き合いから遠ざかり、身を潜めるための“引退発表”だったのかも知れません」 真相は今後の取り調べで明らかになっていくだろうが、その時、高島礼子はどうしていたのか。夫の行為をどの程度、知っていたのだろうか。 高島は今年になって高知容疑者について「実家でヘルパーさんが協力してくださっています。主人…

いい話は「秘すれば花」だが…

鈴木おさむ「育休」&高知東生「介護」 見え隠れする夫の“打算”

出産した大島美幸(35)と鈴木おさむ(43)、芸能界引退を報じられた高知東生(50)と高島礼子(50)の2組の夫婦。 5日「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)で森三中・大島の出産シーンが放送された。大島はCCDカメラ付きヘルメットをかぶって出産に挑んだもので、局部が映るわけではない(当然か)が、苦悶する顔のドアップとうめき声が流れた。 当然、「そこまでやるか…

“格差婚”の走りだった

プレイバック芸能スキャンダル史

濃厚キス7回 元祖“格差婚”小柳ルミ子&大澄賢也の披露宴

しかし、そう評された中で円満に続いていそうなのは田中美佐子・深沢邦之夫妻、高島礼子・高知東生夫妻くらいで、離婚や夫の浮気の報道が目立っている。“逆玉婚”は長続きしないが定説といっては言い過ぎか。 ◇1989年4月 11日、川崎市高津区の竹やぶで1億円の札束が発見された。26日、竹下総理の金庫番といわれていた青木伊平秘書が自殺。リクルート事件と関係していたとみられた。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事