日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「岡田有希子 松田聖子」に関する記事

昨年も多くのファンが花を手向けた

没後30年 永遠のアイドル岡田有希子を中森明夫氏振り返る

4月8日は、岡田有希子が所属事務所「サンミュージック」(当時)がある7階建てのビル屋上から投身自殺した日。1984年に芸能界デビューし、トップアイドルの座に上り詰めたのもつかの間、2年後の86年、18歳の若さで帰らぬ人となった。 自殺現場の四谷4丁目交差点には毎年大勢のファンが駆けつけ、持ち寄った写真の前に花を手向ける。そして、亡くなった午後0時15分に黙祷――。昨…

None

プレイバック芸能スキャンダル史

時を経ても風化しない アイドル岡田有希子の「自殺の現場」

交差点の角にある芸能プロ「サンミュージック」の入ったビルの下には、6階建てのビルの屋上から飛び降りた岡田有希子が頭から血を流して倒れていた。会社に向かおうと、ちょうど現場付近に着いた担当マネジャーは直感的に「有希子!」と駆け寄った。 予感はあった。その日の午前10時過ぎ、有希子は自宅マンションで手首を切り、ガス栓を開けて押し入れの中で泣いていた。ガスの臭いに気づいた…

ブレーク後も至って謙虚

瀕死サンミュージックの“神風”に メイプル超合金の快進撃

どういうことかというと、サンミュージックは事務所が経営難に陥ると売れっ子タレントが生まれるという不思議なジンクスがあり、古くは桜田淳子の穴を松田聖子が埋め、聖子が独立した穴を岡田有希子が。岡田が自殺した穴は酒井法子が埋め、酒井が覚醒剤で逮捕された穴はベッキーとカンニング竹山ら芸人が埋めた。そしてベッキーが不倫で休業した穴を今度はメイプルが埋め……というわけである。…

“開運演歌女子”羽山みずきがデビュー

ベッキーの穴埋まるか サンミュージックに吹く“神風”伝説

古くは桜田淳子の穴を松田聖子が埋め、聖子が抜けた穴を岡田有希子が埋めた。岡田が自殺した穴は酒井法子が埋め、酒井が逮捕された穴はベッキーとカンニング竹山ら芸人が埋めた。ピンチになると不思議と売れっ子タレントが出現するのです」(芸能リポーター) 羽山は救世主になれるか。…

下着モデルのオーディションで見出されたベッキー(右)

中森明夫氏が不倫スキャンダル渦中ベッキーに熱烈エール

スキャンダル女王の松田聖子はじめ、統一教会で合同結婚の桜田淳子、投身自殺の岡田有希子、そして覚醒剤逮捕ののりピーこと酒井法子……と、お騒がせタレントのオンパレード。 サン=太陽には太陽黒点がある。スキャンダルという黒点も明るい光に変えてしまう事務所だ! と私の“サンミュージック論”を語ると、相澤前会長はワッハッハッと大笑いした。相澤さんは豪放磊落、サン=まさに太陽の…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事