日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

菅義偉特集

(C)日刊ゲンダイ

安倍内閣 お友だち・お飾り大臣を裸にする

2世議員ばかりの中でのし上がった「武闘派」菅義偉官房長官

菅義偉は面倒見のよさとコワモテを巧みに使っている。いま霞が関は、ビクビクしながら顔色をうかがっている。とくに厚労省の人事をひっくり返し、村木厚子さんを強引に事務次官に就けた後は、官僚がスリ寄っている。人事がすべて、という官僚の習性をよく分かっています」(霞が関事情通) ●激ヤセ 野党時代「朝スープカレーダイエット」をはじめ、体重を76キロから62キロまで落とした…

今日の新刊

「総理の影」森功著

安倍内閣で官房長官を務める菅義偉は、秋田県雄勝郡の出身である。父の和三郎は若いころ、満鉄に入り、関東軍が敗走した後、取り残された開拓団を無事、日本に帰国させた豪胆な人物だった。 戦後、イチゴ栽培で成功したがその後を継がず義偉は上京し、大学卒業後、小此木彦三郎の秘書となった。横浜市議を務めた後、国会議員となるが、安倍との出会いのきっかけは北朝鮮問題だった。拉致問題が判…

文庫あらかると

「影の権力者 内閣官房長官菅義偉」松田賢弥著

(講談社 820円+税)…

菅義偉官房長官

安倍内閣の無能・無名大臣を裸にする

菅義偉官房長官は着々とテッペンを目指す“最強の女房役”

根強い反対が続く辺野古移設問題

新「政官業」研究

地元民もあきれた 菅官房長官の下品なバラマキ

そこで官房長官の菅義偉と会談した。 名目は辺野古の新基地建設をめぐり、政府が地元と振興策を協議する懇談会だ。5月に辺野古交流プラザという地元公民館で開かれた会合に続く2度目の懇談会。官邸に集った区長たちは、その場で官房長官から、来年度1区あたり上限1300万円、3区合計で3900万円の補助金を交付すると伝えられたという。 案の定、沖縄県も名護市も通さない「頭越しの新…

仲井真知事(左)の応援に駆けつけた菅官房長官

新「政官業」研究

仲井真知事落選で消えた沖縄カジノ計画

事実、官房長官の菅義偉と前知事の仲井真弘多との間で進められてきたのが、米軍の辺野古基地移設、空港拡張整備、カジノ誘致の3点セットといわれる。 去年11月の知事選前には、そこにユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)の誘致が加わり、4点セットになる。 「内閣官房長官というより、沖縄基地負担軽減担当大臣を務める菅義偉です」 そう言って仲井真の応援演説に乗り込んだ菅は、…

綱川社長は15日の会見で法的整理を完全否定

法的整理を強気否定 瀕死の東芝に血税9000億円投入の裏

菅義偉官房長官は否定したが、東芝救済の公的資金投入は既定路線という。ジャーナリストの横田一氏はこう言う。 「米調査会社によると、2016年の東芝の世界シェアはわずか3%。果たして数千億円単位の血税を投入してまで保護する必要があるのでしょうか。国は“技術の海外流出防止”を理由にしていますが、狙いは別にあると思います」 ささやかれているのが、1988年に発効した「日米原…

オレ様ファースト

巻頭特集

自民の改憲議論を一切無視 民主主義を愚弄する首相の横暴

「これは首相官邸の意向でもあり、菅義偉官房長官とも話をしている。自公維だけで発議するというのも官邸の意向だ」〉 保岡は「寝耳に水」と戸惑い、船田元・本部長代行も「そんなことが表に出たら憲法審査会は全部止まってしまう」「野党にも採決には参加してもらうのが最低限必要だ」と反論したというが、高村副総裁は、その日のうちに安倍と保岡の会談をセットした。 〈民進との協調を掲げて…

やはぎみやこ幼稚園

手足をガムテープで…愛知“虐待幼稚園”の経営者は元県議

そして本人のホームページには「周平応援団」として、菅義偉内閣官房長官、稲田朋美防衛大臣の写真とメッセージが添えられており、青山議員自身も日本会議のメンバーだ。…

西普天間住宅地区返還記念式典(2015年)に出席した菅官房長官と沖縄県の翁長知事

日本外交と政治の正体

安倍政権で醸成 沖縄県民の独立志向は確実に高まっている

すると、菅義偉官房長官は、撤回した場合は翁長氏個人に損害賠償を求める可能性も示唆した。政権の方針に異論を訴える者は国家権力を総動員して徹底的に叩き潰す――。安倍政権らしい傲慢な対応であり、民主主義国家とは思えない。 日本の国民は権力に弱い。米国のトルーマン元大統領は著書で〈日本人は事実上、軍人をボスとする封建組織の中の奴隷国であった。(敗戦後は)一方のボス(軍人)か…

昭恵夫人と谷査恵子氏

核心証言 籠池氏「昭恵夫人への留守電後に谷氏から電話」

これに対して、菅義偉官房長官や土生栄二内閣審議官は「承知していない」「答えられない」と逃げの一手だが、これで昭恵夫人と谷氏の証人喚問がますます必要になってきた。…

独週刊誌「シュピーゲル」と安倍首相

永田町の裏を読む

日米首脳会談 共有できるのがゴルフの趣味だけでは情けない

私が聞いたところでは、昨年12月27日付の日本経済新聞に載ったインタビューで菅義偉官房長官が『私の重要な危機管理の1つに為替がある。財務省、金融庁、日銀による3者会合を開かせている』『(円安に)なったのは、私たちが為替の危機管理をちゃんとやっているからだ』と語っていることを、トランプのチームは重視していて、日本に『為替管理国家』の烙印を押そうとしているようです」 こ…

反論のトーンは低く…

菅官房長官 トランプにこわごわ反論「批判は当たらない」

菅義偉官房長官は1日午前の記者会見で、「大統領の発言について予断をもって答えることは差し控えたい」「(円安誘導批判は)全く当たらない」「為替の極端な変動は従来通り注視する」と発言。首脳会談を意識してか、反論のトーンは低い。財務省の浅川雅嗣財務官も「為替相場はマーケットで動いている。操作はしていない」と言うのが精いっぱいだ。 これに対して、民進党の山井和則国対委員長…

自民党も使っていた(2010年の衆総務委員会)

安倍首相は民進党批判も…“プラカード”自民も使っていた

衆院のホームページをチェックすると、菅義偉官房長官や佐藤勉国対委員長までプラカードを持っているように見える。政治評論家の本澤二郎氏が言う。 「安倍自民党が民進党に対して『批判ばかりでなく対案を出せ』などとエラソーに口にするのは噴飯モノです。野党時代の自民党ほど野党らしい野党はなかった。野党だから当然ですが、民主党政権の足を引っ張ってばかりいた。政権に返り咲いたのも、…

不敬にもほどがある

巻頭特集

審議前に生前退位を既成事実化 この国に国会は必要なのか

■有識者会議の役割は何だったのか 新聞報道では、「政府関係者によると、安倍晋三首相は今月に入って菅義偉官房長官、杉田和博官房副長官と退位に関する法整備などについて協議した」とも書かれていた。これが全くのガセというのなら、書いた新聞社に徹底抗議するべきだろう。天皇退位は、それくらい重いテーマだ。3人の密談で決めていいような話ではない。 リーク報道によれば、衆参両院の…

不敬にもほどがある

巻頭特集

審議前に生前退位を既成事実化 この国に国会は必要なのか

■有識者会議の役割は何だったのか 新聞報道では、「政府関係者によると、安倍晋三首相は今月に入って菅義偉官房長官、杉田和博官房副長官と退位に関する法整備などについて協議した」とも書かれていた。これが全くのガセというのなら、書いた新聞社に徹底抗議するべきだろう。天皇退位は、それくらい重いテーマだ。3人の密談で決めていいような話ではない。 リーク報道によれば、衆参両院の…

7日、真珠湾攻撃から75年、USSユタ・メモリアルに敬礼する海兵隊員

永田町の裏を読む

提灯報道で糊塗した真珠湾訪問をめぐるドタバタ劇

日経などは早速、「1月解散風、再び」と提灯持ちに走ったのを見て、菅義偉官房長官はいつになく上機嫌で、「どうだ、サプライズがうまくいっただろう」と周りに笑みを振りまいていたという。それもそのはずで、このところ安倍・トランプ会談の国際的不評とTPPの頓死、起死回生を懸けたプーチン来日も思惑通りにいきそうにないという外交失態続きの官邸としては、祝杯でも挙げたい気分だったに…

トランプ会談の後にペルーに飛んで…

室井佑月の「嗚呼、仰ってますが。」

安倍首相「オバマさんヨイショ」の真珠湾訪問

「戦没者の慰霊のためであって、謝罪のためではありません」(6日午前、菅義偉官房長官) 安倍首相が今月下旬、ハワイの真珠湾をオバマ大統領と訪問することになった。そのことについて、菅さんが会見で述べた言葉だ。 同日午後の時点では、「強い日米同盟が……」などと、メディアは各閣僚たちの声をそのまま流している。真珠湾は第二次世界大戦の象徴的な場所なのに、そこを突っ込まずしてど…

交通違反の常習犯

二極化・格差社会の真相

鶴保大臣がクビにならない裏に差別の蔓延

菅義偉官房長官をはじめ、日頃は露骨な差別意識を隠さない閣僚や警察庁長官も、「土人」の表現だけには不快感を示した背景のひとつとされる。それを――。 鶴保という男は、政治家どころか、社会人としての資格も、最低限度の嗜みさえも欠いている。例によって常習犯だ。 仮にも大臣の立場で再三、「沖縄の振興策と基地問題は確実にリンクしている」と繰り返す。つまりはチンピラの脅迫だ。9月…

週末オススメ本ミシュラン

この変わり身は何なのか 20年前の選挙では痛烈な池田大作批判

「熾烈な宗教政党批判を繰り広げた自民党が公明党と連立するとは、あまりにもご都合主義ではないか」 “ご都合主義”を絵に描いたような政治家が現内閣官房長官、菅義偉だろう。 今からちょうど20年前の1996年の衆議院選挙で神奈川2区から初当選した菅は、相手が創価学会の青年部長だった新進党(現公明党)公認の上田晃弘だったこともあって、激しい創価学会批判を展開した。池田大作…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事