日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「菅野美穂 映画」に関する記事

今年主演ドラマ復帰

芸能界を生きる女のサバイバル術

苦い過去も余裕で流し…菅野美穂は“普通”を続け生き残る

NHKあさイチ(10月6日)に出演した際、20歳の誕生日を記念したヌード写真集「NUDITY」に自ら触れ、「あれは一種のショック療法だったけど、おかげで精神的に強くなった」と語った菅野美穂(39)。当時の会見に立ち会った芸能リポーターの川内天子氏は、「仰天した」と興奮気味だ。 「記者会見の号泣は、悔し涙だったと思います。事務所の借金返済のためとかカメラマンと恋仲だと…

事務所の2トップ

菅野美穂が産休突入で…“稼ぎ頭”天海祐希にのしかかる重圧

GW中に俳優の堺雅人の妻で女優の菅野美穂が第1子を妊娠、秋ごろに出産予定であることを発表した。堺は現在、主演ドラマ「Dr倫太郎」(日本テレビ系)が放送中で、夏ごろからは主演する来年のNHK大河「真田丸」の撮影がスタートするなど多忙な日々を迎える。 「堺は妊娠を機に菅野に家に入ってほしかったようで、菅野もすんなり堺の意向を受け入れた。今後は育児に専念するようで、仕事は…

あびる優、中澤裕子は今月無事に出産

菅野美穂も出産へ 芸能界ベビーラッシュに見る“時代の変化”

菅野美穂(37)と堺雅人(41)夫妻が第1子を授かったと公式サイトで発表すれば、元モーニング娘。の中澤裕子(41)は第2子となる男児を出産。タレントあびる優(28)は第1子となる女児に恵まれたと事務所を通じて発表した。 来月は伊東美咲(37)、「森三中」の大島美幸(35)が予定日を迎え、さらに夏から秋にかけ、井上和香、佐藤江梨子、広末涼子、国仲涼子、上戸彩から喜び…

披露宴のお色直し?/(C)日刊ゲンダイ

菅野美穂が華やか着物姿 ジミ~な新婚生活とは正反対?

菅野美穂(37)が22日、吹き替えを務めたディズニーの最新アニメ映画「ベイマックス」の会見に出席。「演技ということでは同じだけれど、全く新しい経験をさせていただきました」と、初挑戦の吹き替えについて、笑顔で振り返った。 この日は朱の着物に袖を通し、披露宴のお色直しか? と、見まがうほど華やかな衣装が印象的だったが、私生活は相変わらずジミ~な様子。夫の堺雅人の41歳の…

97年当時の菅野美穂

プレイバック芸能スキャンダル史

菅野美穂 「ヘアヌード写真集」で号泣会見の舞台裏

そんな時代に大問題になったのが菅野美穂(34)だ。 菅野がヘアヌード写真集「NUDITY」を発売したのは20歳の誕生日97年8月22日のこと。カメラマンは宮澤正明。すべて極秘に進められて前日21日、誕生パーティーで華々しく発表されるはずだった。だが、予期せぬ事態が起きた。 21日朝、スポーツ紙が「菅野ヘアヌード写真集あす緊急発売」とスッパ抜き、ある週刊誌のグラビアに…

宮澤正明

熱中人大集合「お宝拝見」

宮澤正明さん(写真家)

菅野美穂のヌード写真集「NUDITY」(97年)をはじめ、これまで100冊以上の写真集を出版。2009年には第62回神宮式年遷宮を撮影した「伊勢神宮 現代に生きる神話」を刊行。ドキュメンタリー映画「うみやまあひだ 伊勢神宮の森から響くメッセージ」で初監督を務め、マドリード国際映画祭・外国語ドキュメンタリー部門「最優秀作品賞」と「最優秀プロデューサー賞」を受賞した。 …

菅野美穂の夫役演じたチオビタCMが話題に

刑事ドラマの常連 平山浩行の転機は「事務所移籍」と「改名」

今でも続く菅野美穂の夫役を演じるチオビタのCMがスタートした時には、「あれは誰?」と話題になった。身長185センチで、股下が85センチもあるうえ、顔は竹野内豊似なのだから、それも当然か。 中学時代から俳優に憧れ、役者になるために高校卒業後に岐阜県から上京。しかし、養成所や劇団に所属せず、東京・西麻布や名古屋でバーテンをしながらチャンスを待ち続けた。そして2003年、…

入籍は…?/(C)日刊ゲンダイ

この人物のオモテとウラ

13年ぶり連ドラ主演 脂乗った中谷美紀と渡部篤郎の近況

「篠原涼子や菅野美穂と並び、アイドルから女優に転身して成功したひとりです。日石のCM出演の頃、『この子は何もしなくていい』とマネジャーが言っていたのを覚えています。本人は目をキラキラさせていた。マネジャーの言葉は育てたり、売り出したりしなくても仕事は舞い込むというものですが、実際、彼女は好奇心旺盛というか、フットワークが軽く、自分で自分をプロデュースし、キャリアを…

20歳の記念にセミヌード写真集出版(2010年撮影)

電撃結婚の黒川智花 オトナの女で目指す「清純派」からの脱皮

ルックスが良く、演技力もあり、所属事務所も天海祐希や菅野美穂ら大物を擁する大手プロ「研音」なので、もっとブレークしてもいいのに、と思っているファンは多い。だが、いまいち個性に欠け、はじけきれないのは、そのあたりの思い切りの良さが足りないのかもしれない。 89年、東京生まれ。消防士の父と介護士の母、弟の4人家族に生まれ育ったが、誕生日には父親がケーキを買ってきてみんな…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事