日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「桂文枝 紫艶」に関する記事

タイトルもズバリ「紫艶」

売名行為か…桂文枝と20年不倫・紫艶“AVデビュー”の衝撃

桂文枝(73)との20年不倫で騒がれ、ことし2月の写真週刊誌「フライデー」を皮切りにテレビなどに出演していた元演歌歌手の紫艶(38)である。 ふと気が付けばマスコミから姿を消し、芸能界は事実上の引退とみられていたが、来月“AVデビュー”というのである。 写真は、AVメーカー「KMP」HPの新作情報欄トップに「紫艶」のタイトルでアップされ、「今シーズン一押し」と紹介さ…

桂文枝にとっては聞きたくないことばかり…

LINEも暴露…桂文枝“愛人騒動”ドロ沼化で気になる夫婦仲

巨乳演歌歌手、紫艶(38)との20年にわたる不倫関係が明るみになった桂文枝(72)。先週発売の写真誌「フライデー」(講談社)で紫艶が関係を告白し芸能マスコミは大騒ぎになっているが、当の文枝は21日、報道陣に「(妻には)『あんたは脇が甘いからや』と言われました」「10年か12年は会ってない」とコメント。娘のように可愛がっていたことは認めたが、あくまで昔の話として語っ…

嵐が過ぎ去るのを待つしかない…

元愛人の“猛攻”に沈黙貫く 桂文枝の「負けるが勝ち作戦」

桂文枝(72)と演歌歌手・紫艶(38)の泥沼不倫騒動が収束の兆しを見せない。 紫艶は27日に、自身のフェイスブック上で〈日曜日のお昼にやっている、師匠の看板番組でもある、あの長寿番組を偶然観ました〉とつづり、「新婚さんいらっしゃい!」(テレビ朝日系)を見たことについて報告。 〈私はしばらく、無心で画面を眺め、チャネルを変えた途端、突然涙が溢れ出て、自分でもどれくらい…

人間国宝認定に影響する可能性も…

元愛人がリベンジポルノか 桂文枝“全裸画像流出”の大ショック

「中堅芸人が冗談で“椅子から滑り落ちる練習してますねん”というのが最近の楽屋のはやりですが、もうシャレになりません」(お笑い関係者) 巨乳演歌歌手、紫艶(38)との20年不倫が発覚した桂文枝(72)に更なるショッキングな出来事が襲いかかっている。 紫艶が本名の「中江ひろ子」で開設したフェイスブック上に、全裸の文枝がソファにカメラ目線で腰掛けている写真がアップされたか…

6代目桂文枝(左)と演歌歌手の紫艶

桂文枝に「20年不倫」発覚 巨乳演歌歌手と2ショット流出

発売中の写真誌「フライデー」(講談社)が6代目桂文枝(72)と歌手・紫艶(38)の「20年不倫」を報じたのだ。記事によれば、2人は紫艶が18歳の頃に交際がスタート。大阪・梅田のマンションや文枝の定宿であるニューオータニで逢瀬を重ね、その関係は20年に及ぶという。文枝は紫艶の名付け親でもある。 「今回、最初に載っている写真は、2~3年前の独演会のとき、楽屋に押しかけて…

桂文枝に同情的な声もチラホラ

「新婚さん」に抗議電話も 桂文枝“不倫騒動”なぜお咎めなし

巨乳演歌歌手・紫艶(38)との不倫騒動の渦中にある落語家の桂文枝(72)。「フライデー」が報じたツーショット写真や毎月20万円振り込まれていた“愛人手当”の通帳写真に続き、今度は全裸でソファに座る文枝の写真が“流出”。 しかも、手元には文枝が司会を務めるバラエティー番組「新婚さんいらっしゃい!」(テレビ朝日系)のロゴが入ったクッションが。ソファの後ろには乱れたベッド…

桂文枝(左)と紫艶

桂文枝 演歌歌手との20年不倫報道に妻「脇が甘いからや」

先週発売の「フライデー」で巨乳演歌歌手、紫艶(38)との“20年不倫”が報じられた落語家の桂文枝(72)が21日、都内で報道陣に対応した。 文枝は「このたびは多方面にご迷惑をおかけして申し訳ありません。嫁さんは44年間、私のために一生懸命やってくれてるのに裏切るようなことになって、『あんたは脇が甘いからや』と言われました」と神妙な面持ちで語った。 フライデーでは2人…

演歌歌手との不倫騒動を謝罪

仕草で分かる本音と建前

謝罪会見で小さく頭を揺らした 桂文枝師匠の“深層心理”

演歌歌手・紫艶(38)とのツーショットを写真誌に掲載され、釈明会見を開き、創作落語の会見場で謝罪した上方落語会の大御所、桂文枝師匠(72)。終始うつむき加減で意気消沈という言葉がピッタリでしたが、心中を掘り下げてみましょう。 会見場に入るとマイクの前に立ち、「落語の会見でこんなに来ていただいたのは初めて」と、皮肉交じりの強い視線をずらりと居並ぶ報道陣に向けると、笑い…

毒舌を吐いてスッキリ

文枝、陣内、乙武ネタに 桂文珍が浴びせた“毒舌シャワー”

もう先輩はダメになってしまいましたから、私の出番です」と語り、演歌歌手・紫艶(38)との不倫問題に揺れる桂文枝(72)をイジった。 その後も文珍の舌鋒は鋭さを増し、出演者のひとりである陣内智則(42)を「今日は来ていないですが、昔の彼女(藤原紀香)が結婚して心の傷が癒えない陣内くんも出演します」と言ったり、なだぎ武(45)を「乙武……あ、違うか。なだぎ武くんとは、障…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事