日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「真木よう子 作品」に関する記事

出席した西田敏行、岡田会長、真木よう子/(C)日刊ゲンダイ

日本アカデミー賞会長 北野武の「持ち回り発言」に猛反論

14日、「第38回日本アカデミー賞 優秀賞発表記者会見」が開かれ、司会の西田敏行(67)と真木よう子(32)が登場。同協会組織委員会副会長を務める西田は「私の作品もあったはずですが、選ばれてないのはどういうことなんでしょうか?」と自虐的に語った。 もっとも、俳優陣そっちのけで注目されたのは「日本アカデミー賞協会」会長である東映・岡田裕介会長(65)の「北野武さんが誤…

吉永純/(AP)、清野菜名と門脇麦/(C)日刊ゲンダイ

新人女優が続々露出 門脇麦が切り開いた「ヌード新時代」

ヌードは製作費回収のひとつの手段として定着してきた感があります」 現在、女優界のトップランナーである吉高由里子(25)や真木よう子(31)、尾野真千子(32)は若い頃から濡れ場を経験し、女優として開花した。彼女たちを追う立場の若手女優は脱ぐ気マンマンのヌード戦国時代に突入。映画ファンにとっては誠に喜ばしい時代になった。…

酔って撮った浴衣姿も

「気付いたら裸に…」市川由衣“出遅れヌード”で図る巻き返し

というのも、吉高由里子(26)は20歳のときに「蛇にピアス」で、真木よう子(32)は23歳のときに「ベロニカは死ぬことにした」で濡れ場を経験済み。現在、第一線で活躍する女優たちは若い段階で潔く脱いでいる傾向にある。ピチピチでもなければ熟女でもない“アラサ―”ヌードは、出遅れ感が否めないからだ。 先月、29歳の誕生日を迎えた市川は「30代になるのが楽しみ。結婚はした…

カンヌ映画祭「ある視点」部門に出品する

映画「海よりもまだ深く」の是枝監督 ロケ地と家族を語る

自称作家のダメ男・良多(阿部寛)は妻(真木よう子)に愛想を尽かされ離婚。息子の養育費もろくに払えず、頼みの綱は団地に一人で暮らす母(樹木希林)。姉(小林聡美)にも呆れられる中、台風の影響で“元家族”が一夜限りの時を過ごし――。撮影は監督が実際に約20年間暮らした東京都清瀬市の「旭が丘団地」で行われた。 ◇ ◇ ◇ この映画を撮ろうと思ったのは、2001年に僕の父親…

None

キラーコンテンツ「最高の離婚」をダメにしたフジの突貫工事

「連ドラでは、瑛太、尾野真千子、真木よう子、綾野剛の4人の掛け合いが面白かったのに、今回はさっぱり。セリフの妙が感じられなかったし、ストーリー展開も盛り上がりに欠けた。じっくりと練り上げられる前に突貫工事でやっつけたのでしょう。それほど完成度は低かった。不振のフジテレビからすれば、視聴率が稼げる数少ない作品。視聴者に忘れられないうちに新作を放送すれば、次も数字を稼…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事