日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「江川卓 阪神」に関する記事

阪神との第3戦は2三振で交代

1stステージ突破も“蚊帳の外” G村田を原監督が見限った日

今季で契約の切れる原監督の去就は微妙だが、続投するにしても、川相ヘッドや高橋由、江川卓が新監督として迎えられたとしても、今の村田では構想外になりそうな気配だ。…

巨人との契約のは1978年11月21日だった/(C)日刊ゲンダイ

巨人軍 あの日、あの時、あの事件

怪物江川卓が手にした5000万円の小切手

ドラフト会議を翌日に控えたこの日、作新学院職員として米国に留学していた怪物・江川卓(59=当時23)は、電撃的に巨人と入団契約を交わした。球界のみならず、大きな社会問題になった「空白の一日」である。創刊4年目を迎えた日刊ゲンダイは巨人の横暴、江川の身勝手を徹底的に批判し、空白の一日の裏側を暴き続けた。その後、巨人と江川の契約は無効とされ、ドラフトで阪神に1位指名され…

祝勝会でビールを浴びる真中監督

空前の混戦制す ヤクルト真中監督が語るリーグVへの道のり

だから優勝できて本当にうれしいよ!」…

先日から三塁にも挑戦中

プロ野球人物研究 対岸のヤジ

阪神・鳥谷の「年俸4億円」は過剰評価ではない

かつて江川卓が「20勝を5年続けるより、10勝を10年続けたほうが年俸は上がる」と言ってひんしゅくを買ったが、鳥谷はこれが正しかったことを証明した。彼の高年俸とは派手な昇給のたまものではなく、大減俸がなかった結果である。下げる理由がないからこそ、じわじわと上がり続けたのだ。 これは一般社会の処世術としても参考になるのではないか。目立った実績を挙げなくとも大きなミス…

江口卓が巨人と契約ドラフト空白の1日、正力オーナーと

野球に食文化もちろん落語も

悩んでいた頃、電車で高校時代の教師とバッタリ

1978年のシーズンオフ、野球界は江川卓の巨人入団を巡る騒動で大騒ぎだった。コミッショナーの裁定により、ドラフトで江川の交渉権を得た阪神との間にトレードが行われ、江川との交換で小林繁が阪神に移籍した。米助はこの事件をネタにした。江川と小林の独り言でつづるモノローグの落語を作ったのだ。 「たとえば、『周りの大人たちに言われる通りにしただけなのに、俺だけ悪者になっちゃっ…

山中正竹さん

私の秘蔵写真

六大学48勝 山中正竹さんが優勝パレードで笑わなかった理由

西本氏の巨人現役時代/(C)日刊ゲンダイ

読むグラゼニ

今の巨人に「江川と西本」はいるか

鮮烈な記憶として残っているのは当時、エースの座を争っていた江川卓と西本聖の存在だった。 先日、西本氏を取材する機会に恵まれた。高校時代から怪物といわれ、「空白の1日」で巨人入りした江川氏と、ドラフト外から雑草のごとく這い上がってきた西本氏。才能は江川氏が圧倒的に上でも、西本氏はずっと江川氏に強烈な対抗心を抱き、それが自身の原動力になっていたそうだ。 西本氏は松山商業…

ボー然とする沢村

プロ野球 サムライは死んだか

「神様、仏様」の稲尾さん 逆球は生涯たったの5球

高橋由伸は要請を受諾するのか

虎金本と同じ手法 巨人新監督「由伸一本化」に巧妙“囲い込み”

球団は原辰徳監督(57)の後任としてOBの江川卓氏(60)を軸に調整していたが、交渉が難航。新監督候補を高橋由に一本化し、同日夕方にも交渉を行う。 今季の高橋由は、打率.278、5本塁打、21打点も、代打の成績は・395。本人は、まだ一軍の戦力になれるという自信を持っており、来季も現役を続行する意向が強い。 球団幹部は19日、原監督の退任会見が終わった数時間後、「…

14日のロッテ戦でサヨナラ打を浴び呆然とする澤村

澤村も“逆球”でサヨナラ打浴び…制球自慢の投手なぜ減った

(高橋善正/野球評論家)…

85年定岡引退を報じる日刊ゲンダイ

巨人軍 あの日、あの時、あの事件

空前のフィーバーを巻き起こした定岡正二氏が直面した光と影

江川卓、西本聖と先発3本柱を形成し、81年に11勝、82年には15勝を挙げた。85年、近鉄へのトレードを拒否して引退。大フィーバーだった入団時の苦悩、29歳の若さで引退を決断した真相を58歳になった定岡氏が語る。 甲子園から帰ると、移動するたび女子学生が電車やバスへ一緒に乗ってくる。ファンレターは1日何百通。フィーバーの最中、74年のドラフトで巨人に1位指名された。…

山口に顔を近づけてゲキを飛ばす原監督(右)/(C)日刊ゲンダイ

読むグラゼニ

巨人・原監督の厳しさの基本は「あの野球漫画」にあると見る

西本聖氏に限らず、江川卓、中畑清、そして原辰徳といった昭和30年前後生まれの選手は少年時代にリアルタイムで「巨人の星」に触れたはず。昭和38年生まれで51歳の槙原寛己も「プロ野球に導いてくれた作品」と言うくらいだ。「巨人の星世代」のド真ん中にいる原監督はなおさらそうだろう。 原監督はピンチの場面でマウンドに向かい、投手にピッタリと顔を近づけて、「おまえさん、しっかり…

公判後会見する清武氏(左)と東京地裁を去る渡辺会長/(C)日刊ゲンダイ

渡辺会長vs清武氏 法廷ヒートアップで裁判官が「冷静に」

一度はこれを了承しながら、CSファーストステージ敗退後に渡辺会長が「江川卓ヘッド、岡崎守備走塁コーチ」とひっくり返したというのが始まりだ。これを「人事の不当介入」と批判する清武氏に対し、渡辺会長が口火を切った。その20日の報告について、 「人事案を了承した覚えはない。(その日は)6時半から会合の約束があった。6時過ぎに社を出るつもりだった。(人事案を含め)5枚の資料…

None

プレイバック芸能スキャンダル史

大谷直子 憧れの俳優と再婚して衝撃の“妊婦ヌード”披露

31日、江川卓投手が阪神と契約後、小林繁投手とのトレードで巨人入り。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事