日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

ダークスーツ・出演者の関連ニュース

「昼顔」とは違った一面/(C)日刊ゲンダイ

ドラマ「ダークスーツ」主演 斎藤工が魅せる“遅咲きの華”

22日に始まったNHK土曜ドラマ「ダークスーツ」(21時~、全6回)。13年連続のネクストブレーク俳優に選ばれ続けたものの、ドラマ「昼顔」の好演もあってめでたく卒業。今では一、二を争う旬の俳優となった斎藤工(33)が主人公の企業ドラマだ。 日系の総合電機メーカーで働くヒラ社員が、企業再生を目指し、裏金工作で結託する取締役たちに挑むというオリジナル脚本の物語――。と、…

もともとは脇役で光るタイプの俳優

冬ドラ俳優“辛口”通信簿

“セクシー俳優”バブル崩壊…斎藤工にドラマ主演は荷が重い

しかし、主演したNHK「ダークスーツ」は最終回視聴率が2.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区=以下同)と撃沈。満を持して臨んだ主演ドラマ「医師たちの恋愛事情」(フジテレビ系)も全話平均で8.4%と惨敗。昨年10月クールの篠原涼子主演「オトナ女子」(同)では、セクシーシーン満載の大サービスをしたにもかかわらず8.7%と散々だった。 「今クールの主演作『臨床犯罪学者 火…

一時は日本中の女性を虜に

昨年の勢いどこへ? 斎藤工「大ブレークと急失速」のカラクリ

その結果、大ブレークにつながったのです」(芸能プロ関係者) とはいえ、その勢いも徐々に昨年末から衰えを見せ、「11月から放送されたNHKの主演ドラマ『ダークスーツ』は最終回の視聴率が2・8%で全話中、最低を記録。満を持して臨んだ今年4月クールの連ドラ初主演作『医師たちの恋愛事情』(フジ系)も平均視聴率は1ケタに低迷しました」(芸能ライター)。 先日放送された、篠原涼…

None

必要なのかこの人 社外取締役名鑑

ロート製薬など【松永真理】オトコ社会の風景を変えたiモードの名付け親

ダークスーツの男性の中に1人の女性がいるだけでも風景が変わる。その影響は組織に深く静かに浸透していく。 松永の考え方の根底にはドコモでの成功と挫折の体験が色濃く投影されている。オトコ社会に新風を吹き込み「女性の役員登用は一過性のものでなくムーブメントなのだ」という事実を、頑迷固陋な経営トップ層に分からせることができるだろうか。真価が問われる。 評点……★★★お手並…

すでにあちこちで裸を披露している斎藤工/(C)日刊ゲンダイ

「絵になる」「キモすぎ」 俳優・斎藤工の“不倫”ヌードに賛否

テレビドラマ「昼顔 平日午後3時の恋人たち」(フジテレビ系)で上戸彩(29)演じる主婦の不倫相手役を演じ、現在ドラマ「ダークスーツ」(NHK)に出演中の人気俳優・斎藤工(33)。4日発売の「週刊文春」(12月11日号)の巻頭グラビアで斎藤が披露した衝撃ヌードをめぐり、ファンの間で賛否が巻き起こっている。 “不倫の情事”をテーマに、急所を手で隠すようなポーズの全裸写真…

None

パーティーシーズン ああ勘違い「平服」は「普段着」じゃない

「礼服ではない平服」、つまりダークスーツのこと。礼服を着るほどかしこまらなくていいですよ、の意味です。結婚式の一般客などはこのパターンです。 ■格式によってタキシードが必要な場合も 最近よく見られるのが「スマートカジュアルで」の指示。これも全くのカジュアルではなく、「スーツではない程度のスマートな服」。つまり、ノーネクタイでもいいけれど、ジャケットは最低限着て来て下…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事