日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

長野県の関連ニュース

阿部知事も鼻高々?/(C)日刊ゲンダイ

平均寿命男女とも日本一 長野県知事が語る「長寿の秘訣」

厚生労働省の「2010年 都道府県別平均寿命」によれば、全国1位は男女ともに長野県で、男性80.88歳、女性87.18歳。長野県民はなぜ長生きできるのか。「長野県の長寿力」(ワニブックス)の著者で長野県知事の阿部守一氏に、その秘訣を聞いた。 長野県が“男女ともに”全国1位になったのは、実は10年が初めて。厚労省が1965年から5年ごとに作成している「平均寿命の推移」…

好漢として限界集落に溶け込んでいた荒田容疑者

総勢22人摘発 “大麻村”築いたリーダーの恐るべき集客力

逮捕者の大半は長野県大町市や隣接する池田町の限界集落に住みつき、「大麻コミュニティー」を形成していたとみられる。すみかにした地域には奈良時代から朝廷に麻を献上していたことで知られる“大麻の聖地”もあった。 「彼らの多くがひげや髪を伸ばした『ヒッピー』風の身なりで、ここ5年ほどで移住してくる人が増えていました。仲間たちで大麻を栽培し、乱用していたとみられ、使用回数にし…

酒井宏幸弁護士

軽井沢バス転落事故 人権派弁護士が挑む「訴訟の行方」

大学生ら15人が亡くなった長野県軽井沢町のバス転落事故。遺族の代理人を務める弁護団が発足したが、その手腕に大きな期待がかけられている。団長を務めるのはNPO法人「犯罪被害者支援弁護士フォーラム」代表代行の酒井宏幸弁護士。これまで数々の犯罪被害者を支援してきた人権派弁護士だ。 今後、バス運行会社「イーエスピー」(東京・羽村市)やツアー会社「キースツアー」(東京・渋谷区…

長野県・那須の「楠わいなりー」の楠茂幸さん(長野デザインセンター提供)

2017年は日本ワインで乾杯

試飲もできて風呂にも入れるワイナリーも

「THE 信州」を企画編集する長野デザインセンター・小島和人さんが「注目のワイナリー」として推薦してくれたのが、2011年オープンの長野県・須坂の「楠わいなりー」。 商社マンから転向し、ワイン造りを始めたオーナーの楠茂幸さんイチ押しは、G7軽井沢交通大臣会合のレセプションで採用された「シャルドネ2014樽熟成」。トロピカルフルーツのような甘い香りに濃縮感のある深い味…

「コスモス街道」

全国走破 平成の街道をゆく

長野県佐久市「コスモス街道」 季節には沿道に4万株が

国道254号は、東京都文京区の本郷三丁目を起点として、豊島区や板橋区を通り、埼玉県と群馬県を経て、長野県松本市へ至る一般国道。途中、池袋から川越市までは川越街道、群馬県内では西上州やまびこ街道や富岡街道などと呼び名が変わる。 群馬と長野の県境。険しい峠道を蛇行し、荒船山を貫く内山トンネルを抜けると、そこから先、長野県佐久市内の内山地区を東西に走る9キロ余りの道は「コ…

「薪ストーブが大好き」と仙洛の奥原イトミさん

新・お出かけ紀行

雲の上の温泉街 長野県「奈川」へ行ってきた

長野県松本市の西部に位置する「奈川」は、良質な雪に恵まれたスキー場で知られるが、つくられた観光地ではない、里山の原風景が残る。あちこちで、薪ストーブに使う薪を積んだ「木棚」が見られ、囲炉裏がある家も残っている。 標高千数百メートルの地で、空気の「澄み度」はハンパない。都会では絶対に見られない満天の星に、きっと言葉を失うだろう。 「松本市ながわ観光協会」会長の亘亘さん…

ポールを握って上田城へ

新・お出かけ紀行

長野県上田市 「真田丸」の舞台でノルディックウオーク

もともとクロスカントリースキーチームの夏のトレーニングとして始まったそうで、冬季五輪の地として印象が深い長野県にピッタリだ。 「ポールを持つことで、自然と腕を振り、胸を張った姿勢になる。背筋は伸びた状態で、腰も痛めないと中高年に人気なんです」(同行のトレーナー)という。 さて、ポールを握って北国街道沿いのコースを歩く。上田城跡の周辺は鍛冶町、鷹匠町などの城下町だ。…

赤塩正樹さんは音楽活動と英語コンサルで二足の草鞋

あの人は今こうしている

「みゆき」テーマが大ヒット H2O赤塩正樹さん驚異の英語力

といっても、自営みたいなもんですけど」 長野県小諸市で開かれた東北復興イベントのゲスト出演後に会った赤塩さん、まずはこう言った。 「家が長野県駒ケ根市にありましてね。あと、世田谷の下北沢にも事務所を持ってて、必要に応じて東京に出ます。仕事としてはやっぱり6対4で音楽関係でしょうか。ライブ活動しながら、作詞・作曲、プロデューサー業をこなす。こんな感じです」 とはいえ、…

市町村レベルでは10歳違う(上は長野県松川村)

大都市圏なんでも健康ランキング

平均寿命の違いをあぶりだすには市町村レベルで見てみる

男女とも長野県が最長なのはよく知られた話です。厚労省の「平成22年都道府県別生命表」によれば、男性が80.88歳、女性が87.18歳となっています。対するワースト1位は青森県の男性77.28歳、女性85.34歳。その差は3.60歳、1.84歳です。同じ日本に住んでいながら、大きな差が見られるのです。 しかし、違いをより鮮明にあぶりだすには、市区町村レベルのランキング…

「タモリ倶楽部」のソラミミストも務める安齋肇さん

その日その瞬間

山小屋で行き詰まった安齋肇さんにかかってきた1本の電話

当時は知人が経営していた長野県北志賀のスキー場のロッジで、山男の見習いをしていました。というのも、その前の年に大失恋が原因で何もかもが嫌になり、勤めていたグラフィックデザイン会社を退職。3週間ほどカナダへ傷心旅行に行ったところ、そこで氷河とかロッキー山脈とか、日本とはケタ違いの雄大で美しい大自然に打ちのめされましてね。 「日本に帰ったら、大自然の中で自給自足する山…

リオ五輪男子マラソンで優勝したケニアのエリウド・キプチョゲ

マラソン日本の終焉

ケニアの選手を見ていると“あの2年間”を思い出す

育ちは長野県池田町です。実家は農家で貧しかったけれど、みな似たり寄ったりですから、特別に貧しいとは感じませんでした。父親は新しい農機具やテレビなど、自分が欲しいものは次々に買うんですが、家族の楽しみにお金を使ったりはしなかったですね。 夏休みにアルバイトをして練習を休んだときに、先生に「高校生がアルバイトなんかするな」と叱られたことがあります。バイクが欲しかったけれ…

業界の“異端児”星野佳路代表

企業深層研究

星野リゾート 7月に開業する「星のや東京」の仕掛け

純和風の高級旅館などを運営する星野リゾート(長野県軽井沢町、非上場)は7月20日、東京・大手町の一等地に日本旅館「星のや東京」を開業する。建物は地下3階、地上18階建て。外観はオフィスビルのようだが内部は純和風の旅館だ。 1階の玄関で靴を脱いで畳敷きの館内に入る。客室は84室。全室畳で生け花を飾る。竹素材のクロゼットや障子を使い、和を意識した客室の造りとなっている。…

ちひろも愛した有明山(舟方遊歩道から)

おでかけ出張コンシェルジュ

男性長寿日本一 信州・松川村で“元気チャージ”の旅

2013年の厚生労働省の調査で“男性の平均寿命が全国で最も長い市区町村”(平均82・2歳)に輝いた長野県松川村。長寿の秘訣を探りに訪ねると、そこには北アルプスのきれいな水と空気、質素ながら滋味豊かな食、そしてゆったりと流れる時間と心洗う自然の風景があった――。 長野県の北西部、北安曇郡の南端に位置する松川村。車なら長野自動車道を安曇野ICで降り、JR大糸線と並行する…

家計簿を見れば病気がわかる

「肉好きは長寿」は本当か

最長寿は長野県(女性もトップ)。全国平均よりも約1.3歳長生きです。ところが1世帯当たりの肉購入量は、年間約38キロ、全国44位に甘んじているではありませんか。外食で取る分もあるので断言はできませんが、それにしても長野県民は、あまり肉を食べていないようです。タンパク質は魚でも取れますが、海のない長野では魚の消費も低調です。まさかイナゴやザザムシが、長寿の秘訣でもな…

麦わら帽子と音戸ちりめん

アンテナショップの逸品

麦わら帽子(吉祥寺)「音戸(おんど)ちりめん」

具体的には、北から岩手県遠野市、山形県酒田市、新潟県長岡市、富山県南砺(なんと)市、長野県安曇野市、長野県川上村、千葉県南房総市、鳥取県岩美町、広島県大崎上島町(かみじまちょう)の9市町村の約1000アイテムを取り扱う。 マネジャーの佐藤健太さんいわく、「安心安全なものを安くがモットー。お土産品ではなく、米や調味料、乾燥食品など毎日の食卓で使える品物が中心です」。 …

「レディース4」で20年サブ司会を務めた小林さん

あの人は今こうしている

「レディス4」サブ司会 小林節子さんは長野県原村に定住決意

新宿から特急「あずさ」に約2時間乗り、長野県は茅野駅で下車。さらにクルマで20分、八ケ岳の西南麓に広がる標高1300メートルの原村は70年代に開発された日本初のペンション村だ。 「99年にこのペンションを居抜きで購入した時は、30人分のベッド、毛布、食器がありました。今でも大人数が泊まっても大丈夫。昨日も友人が10人泊まりに来て、帰ったばかりなんですよ」 こういっ…

富士山噴火に影響は?/(C)日刊ゲンダイ

リニアは?原発は?…列島縦断「糸魚川断層」動き出した恐怖

連休明け25日の午前6時27分ごろにも、長野県小谷村で震度4の地震があった。これで余震は90回近くを数え、何とも不気味なのだが、最大震度6弱(M6・7)は、「神城断層」が動いて発生したとみられている。神城断層は「糸魚川―静岡構造線断層帯」の一部。日本列島を縦に貫く大断層だ。ここが動き出したとなると、リニアや原発など、「大丈夫なのか!?」とさまざまな心配が出てくる。東…

甘利担当大臣の責任は重大/(C)日刊ゲンダイ

計15兆円 TPP参加の“負の効果”都道府県別ランキング

就業者の減少数は、北海道の18万8346人を筆頭に、沖縄県12万7975人、東京都12万1582人、長野県10万855人と4つの都道府県が10万人以上で、全国では227万人の雇用が失われると試算した。TPP参加で日本経済はメタメタになる。 ◆順位/都道府県/県内産業へのマイナス効果 1/東京都/1兆7131億円 2/北海道/1兆6499億円 3/愛知県/6273億円…

None

特産プレゼント充実 ふるさと納税で消費増税をカバーする

長野県阿南町は地元産「阿南米」を20キロくれる(表(1)参照)。 1万円ずつ3つの自治体に寄付すると、記念品を3つ(1万5000円相当)もらえるが、それでも自己負担は2000円。1万3000円分のプラスとなる。ただし収入によって控除額が異なるので、自分の控除目安を確認しておきたい(表(2)参照)。 人気の特産品は“品切れ”になるケースもあるから、寄付する前に自治体に…

None

著者インタビュー

「芸人式新聞の読み方」プチ鹿島氏

(幻冬舎 1400円+税) ▽ぷち・かしま 1970年、長野県生まれ。オフィス北野に所属し、時事芸人として活躍。スポーツ、政治、カルチャーを幅広くウオッチし、時事ネタの見立てが特技。週刊誌などで連載を多数抱える。著書に「東京ポッド許可局」「教養としてのプロレス」など。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事