日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「川島なお美 写真」に関する記事

最後まで女優だった

中森明夫氏 川島なお美さんを追悼「僕たちの世代の女神です」

川島なお美さんが亡くなった。54歳。若過ぎる。1960年生まれ、我が新人類世代の大スターだ。80年代初頭、フレッシュな女子大生アイドルとして登場した時の鮮烈さは、忘れられない。篠山紀信が「GORO」の激写で撮ったはちきれそうな肢体は、当時の野郎どもの股間を直撃だった。川島なお美の水着グラビアに「お世話になった」80年代ボーイズはそれこそ無数にいるだろう。 81年、青…

None

自称「表現者」 セミヌード披露の紗栄子に評論家の厳しい声

「その時々の要所要所を押さえる才能は、体がワインでできている川島なお美に似ているかもしれません。川島も、連続ドラマ『失楽園』の制作発表直前に、原作者の渡辺淳一氏との北海道旅行が報じられた。50歳を前に結婚した相手は、人気パティシエの鎧塚俊彦氏。話題づくりで食いつないでいます」(在京キー局関係者) もしかしたら紗栄子は“第2の川島なお美”を目指せる? もっとも、芸能…

4年前、日刊ゲンダイ連載時の川島なお美さん

川島なお美さん 生前語っていた私生活とスキャンダルの真相

川島なお美さんが24日にこの世を去った。54歳、余りに早すぎる死だ。 敵も多く、スキャンダルも報じられた女優だが、その発言は率直かつ印象に残るもので、流行語にもなった。その川島さんが4年前、本紙連載「魔性の女と呼ばれて…」でスキャンダルの真相、プライベートを語ってくれた。 最初の洗礼はカンニング騒動。デビューして通っていた青学大3年のこと。試験でカンニングしたが、反…

None

北斗晶、川島なお美さん…ネット上でウワサされる“共通点”

タレントの北斗晶(48)が乳がんで右乳房を全摘出、女優の川島なお美さん(享年54)は胆管がんで死去と、有名人のがん報道が相次いでいる。驚きと悲しみの声がやまない中、ネット上で“あるウワサ”が飛び交っている。 2011年3月の原発事故後に被災地入りしたことと無関係ではないのでは、というのだ。 ネット掲示板などには、川島さんが2011年6月に福島入りした様子をつづったブ…

根っからの女優だった

川島なお美さん 抗がん剤&放射線拒否で貫いた“全身女優魂”

女優の川島なお美さんが24日午後7時55分、がんのため都内の病院で亡くなった。享年54。川島さんは肝内胆管がんを患い昨年1月に12時間に及ぶ手術を行った。肝内胆管がんは肝臓内にある胆管にがんができる病気で、早期発見で手術すれば助かる可能性が高いが、川島さんは5年生存率が50%であることを公表。しかし、仕事の意欲が衰えることはなく、今夏もイベント出演など仕事をこなし…

手術は成功/(C)日刊ゲンダイ

妻はがん、夫は目の病…川島なお美夫妻に訪れた“正念場”

川島なお美(53)夫妻にとって最大の“危機”かもしれない。 川島が肝内胆管がんを患い、極秘手術を受けていたことが発覚した。発売中の写真誌フラッシュによると、川島が1月下旬に都内の大学病院のVIP室に入院し、12時間に及ぶ手術を敢行。そのまま2週間ほど入院し、先月上旬に退院したという。 肝内胆管がんは肝臓内にある部分の胆管にがんができる病気で、早期発見で手術すれば助か…

絵本の読み語りをする高見知佳さん

あの人は今こうしている

80年代アイドル高見知佳さん 家族のため沖縄と愛媛を往復

「山城新伍さん、川島なお美さん、青島幸男さん……素晴らしい方たちと共演させていただきました。かわいがってくださった方たちが亡くなると、本当に胸が痛い。『ああ、いい時代だった昭和が終わる』と思います。当時を思い出すと、夢の中の出来事だったようにも思いますね」 華やかな芸能界に戻りたいとは思わない? 「芸能界は懐かしくもあり、たまに当時の自分をテレビで見ると照れくさく…

精力的に番宣をこなしていたが…

ドラマもブログも…“騒動”引きずる香里奈の泣きっ面にハチ

ドラマ撮影のオフショットなどが掲載されており、かなりの人気ブログになるかと思われたが、「上位には乳がんの手術を終えた北斗晶、その夫の佐々木健介、その下には亡くなった川島なお美さんやラグビー日本代表の五郎丸らが並び、香里奈のブログは90位前後が定位置。ドラマの放送当日には59位までアップしましたが、そこが限界でした」(芸能ライター)。 ドラマは20日、第2話が放送され…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事