日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「成宮寛貴 映画」に関する記事

「言の葉の庭」

前田有一氏が厳選 “クリぼっち”に贈る新旧映画大特集

今年は清原和博やASKAなど有名人のドラッグ事件が多かったが、中でも成宮寛貴はコカイン疑惑で引退にまで追い込まれた。「ばかもの」(10年、日)はそんな彼の主演映画で、内田有紀演じる年上女性相手の童貞喪失シーンなど体当たりの演技が見どころ。とくに彼女と別れたせいで酒におぼれて中毒となり、人生を台無しにする姿は今となっては真に迫るものがある。終盤、2人が再会した後の展…

名コンビの水谷豊(左)と及川光博

主演映画惨敗で水谷豊“背水の陣” 「相棒」にミッチー出戻り説

前作で相棒役の成宮寛貴が逮捕され、次はだれかと話題である。 「これまで織田裕二から反町隆史らの名前まで取りざたされました。最新の名前は『相棒』に出演して“伏線作りか”といわれた仲間由紀恵や2代目相棒だった及川光博です。とくに及川はseason7からseason10まで出演し、成宮に交代した後も昨年の劇場版映画で“完全復活”するなど、水谷の覚えもめでたい。しかも、se…

None

成宮寛貴 次の一歩

昨年12月の薬物疑惑報道を受け、芸能界引退を表明した成宮寛貴(34)の近況が「女性自身」で報じられた。海外へ渡航し、バリ島などで潜伏といった臆測が流れていたが、2カ月前に帰国していたというのだ。 同誌によれば、成宮は先日、ある有名ブランドのパーティーで目撃された。もともとファッションに興味があり、デザイナーに転身したいという考えもあったのではないか、との推測を伝えて…

None

菅田将暉に課せられた打倒キムタク

いずれにせよ、今年はほとんど休みはないのでは」(芸能プロ関係者) 菅田の事務所といえば昨年12月、一部で違法薬物吸引疑惑を報じられた成宮寛貴の契約を解除。 「木村佳乃とともに創業間もない事務所を支えていただけに断腸の思いでクビを切った」(前出の芸能プロ関係者) しかし、入れ替わるように菅田が大活躍。成宮を切っても十分に“お釣り”が来たようだ。…

None

超売れっ子 菅田正暉が頭を抱えるパワフル親父

昨年末に電撃引退した成宮寛貴と同じ事務所所属で、松坂桃李と並び、“ポスト成宮”の一番手として名前が挙がる若手実力派だ。今年も、又吉直樹の小説「火花」の映画化で主演に決まるなど、快進撃は止まりそうにない。 そんな男が頭を抱えていることがあるらしい。自身の父、菅生新氏(57)のことだ。発売中の週刊新潮が直撃しているのだが、〈いやあ、“お父さん出たらアカンよ!”て事務所か…

au三太郎シリーズの“鬼ちゃん”でおなじみ

二階堂ふみと交際報道 菅田将暉「先輩ごぼう抜き」の凄み

「所属事務所の先輩である成宮寛貴や松坂桃李に追いつき追い越せと、地力がつく映画の現場を中心に経験を積ませてきたが、デビューから7年。今の勢いは先輩たち以上です。事務所はおろか、将来の映画界を背負って立つ俳優のひとりといえるでしょう」(芸能プロ関係者) テレビでも大人気。 「1年ほど前にインタビューしたが、絶対的なオーラを放っていた」(テレビ誌ライター)と取材側に印…

最強コンビ復活?

成宮寛貴の卒業で…水谷豊の新相棒にミッチー“出戻り”情報

テレビ朝日系人気刑事ドラマ「相棒」で水谷豊(62)演じる警視庁特命係・杉下右京の“相棒”を3年にわたって務めてきた成宮寛貴(32)が、今月まで放送の「season13」の最終回で卒業する。成宮の出演は当初2年の約束だったが、視聴率が好調だったこともあって水谷の希望により1年延長したという。話題の焦点は次期“相棒”の人選だが、いまだに発表されていない成宮の後釜をめぐり…

None

小栗旬が結成か 俳優労働組合

昨年12月、突如、引退した成宮寛貴を皮切りに、今年に入って女優の江角マキコ、清水富美加、堀北真希と、4人の人気俳優が、わずか3カ月の間に自ら幕引きを行ったのだ。 「こんなことは、芸能史をひもといても、あり得なかったこと。売れっ子俳優が自らの事情で引退に追い込まれるなんてことは10年に1人……、いや20年に1人いたかどうか……。今後も、引退を口にする俳優が出てくるかも…

共演がアダに

成宮引退で大迷惑 前田敦子の初主演作が“お蔵入り”ピンチ

俳優・成宮寛貴(34)の薬物疑惑と引退騒動で、出演CMの放送打ち切りなどテレビ界には大きな波紋が広がっている。とりわけ「ダメージが大きい」ともっぱらなのが、元AKB48で女優の前田敦子(25)だ。 前田は来年1月スタートのドラマ「就活家族 ~きっと、うまくいく~」(テレビ朝日系)に出演予定。そのカレシ役を成宮が務めていたため、制作現場はパニックに。すでに3話分を撮り…

芸能界を電撃引退

成宮引退に芸能リポーター城下尊之氏「事務所の判断も」

ドラマ「相棒」などで知られる売れっ子俳優、成宮寛貴(34)の突然の引退劇。9日、「全ての原因を作ったのは自分自身だと承知しております。こんな形で去っていく自分を許してください」などと書かれた直筆メッセージを所属事務所がマスコミ各社に流した。成宮は写真誌「フライデー」が2週連続で報じたコカイン吸引疑惑に対し、「私、成宮寛貴は、薬物を使用したことは一切ございません」と全…

夏ドラマで大ブレークなるか?

蓮佛美沙子 民放連ドラ初主演で躍り出る若手女優トップ争い

さらに、上司役の成宮寛貴とシングルファーザー役の速水もこみちとの間で三角関係も展開される恋と仕事の成長ドラマだ。 病児保育士を演じるに当たって自慢のロングヘアを35センチ切ったほど民放連ドラ初主演には意欲満々。もともと演技への評価は高く、初主演映画となった「転校生~さよならあなた~」のメガホンをとった大林宣彦監督から「20年に一人の逸材」と言われたほど。実力があるだ…

絶妙だった「官房長」

「テルマエ」に完敗 「相棒」に求められた岸部一徳の“存在感”

「水谷さんが演じる杉下右京の相棒も、成宮寛貴の“甲斐享”で3代目になりますが、やはり初代の“薫ちゃん”こと寺脇康文が<一番良かった>というファンの声は、根強くある。それと同じぐらい、意外と人気があるのが、劇場版IIで刺殺された“官房長”こと岸部一徳さんです。“天皇”水谷さんの意向でこれまでキャスト変更されてきましたが、対立しつつも時に理解を示す右京と官房長の掛け合…

亀梨が“異色の大怪盗”を演じる

TV見るべきものは!!

亀梨が悪ガキ好演…中盤でも謎だらけ「怪盗山猫」の魅力

仲間の里佳子(大塚寧々)や勝村(成宮寛貴)や真央(広瀬すず)などといる時の山猫は、まるで手のつけられない悪ガキみたいだ。この増幅キャラのおかげで、山猫の本性は容易につかめない。視聴者の「コイツ、本当は何者なんだ?」という興味が持続していく。それは大塚寧々や広瀬すずなど女性陣も同様で、中盤に至っても謎だらけだ。また、誰と誰が裏でつながっているのか、その意外性も物語を…

「レッドクロス~女たちの赤紙」主演の松嶋菜々子

俳優やアイドルを続々起用 “戦後70年特番”への関心度は?

16日(日)の「妻と飛んだ特攻兵」(テレビ朝日系)は堀北真希と成宮寛貴が夫婦役で、“今までの戦争ものとは違う切り口”らしい。 ドラマだけではない。「NHKスペシャル」は「きのこ雲の下で何が起きていたのか」や「カラーで見る太平洋戦争」など、戦時下の秘蔵映像や新たに発掘された資料テープを基に戦争ドキュメンタリーを連発だ。 さらにリポート番組でも「私たちに戦争を教えてくだ…

舞台裏で“難問”が噴出/(C)日刊ゲンダイ

「相棒」成宮の降板説も…テレ朝を悩ますヒット番組“舞台裏”

平日夕方の再放送も数字は好調だが、「水谷豊の“相棒”の成宮寛貴が降板するという情報が流れています。どうも水谷との関係がビミョーで、演技に対する並々ならぬこだわりに、もうついていけないと漏らすなど弱気になっているとか」(芸能プロ関係者)。 さすがにマンネリ感は否めないだけに、成宮が降板したら影響ゼロでは済まない。 平均視聴率20%超をマークし、今季暫定トップの座を独走…

藤原竜也(左)と岡田将生/(C)日刊ゲンダイ

藤原竜也&岡田将生 ドラマ「ST」が模倣した「相棒」の秘密

「実は岡田と藤原の関係は、『相棒』でいう杉下(水谷豊)と甲斐(成宮寛貴)。2人組が活躍する“バディームービー”は昔からある定番ですが、『相棒』を分析した結果、女性視聴者がかなり存在し、しかも、大半がBL(ボーイズラブ)を妄想しながらドラマを見ていることが判明。『ST』もその関係性を模倣したのです」(テレビ関係者) “バラ族”目線で刑事ドラマを見ている層が多いとは驚…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事