日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「東山紀之 写真」に関する記事

元カノ相武紗季に先を越された

元カノ相武紗季ゴール 長瀬智也の結婚阻んだ“3つの条件”

その基準はいろいろあって、静香のように気に入られる、相手が芸能人ならイノッチ(井ノ原快彦)と瀬戸朝香、東山紀之と木村佳乃のようなカップリング、釣り合いの良さ、3つ目がTOKIOの国分太一や山口達也のように相手が一般女性であること。長瀬の場合、あゆは格上、相武は不釣り合いでダメだったようです。だから、今度こそと一般女性のバイオリニストを選んだのに、やっぱりOKが出ない…

沢村一樹の「桃太郎侍」が見てみたい

絶滅寸前から視聴率も大健闘 TV「時代劇」復権の裏側

かつての藤田まことの大ヒットシリーズを東山紀之・松岡昌宏で07年から単発で放送(新たに、知念侑李が加わり、必殺の3人が全員ジャニーズ!)。あの、トランペットでの「パパパ~、パ、パ、パ、パ、パララ~」の不気味なBGMで悪いヤツを背後から刺し殺すシーンも完全に昔のまま! しかも細い刃物が内臓に刺さる様子をレントゲン写真のような絵で見せてくれる。「今どき、そんな時代劇アリ…

唐沢寿明と沢村一樹

アラフィフ男優が活躍 中高年向き“渋連ドラ”増殖の気配

アラフィフものでは東山紀之が主演の「刑事7人」も始まって、こちらは初回11.8%。「はぐれ刑事純情派」「相棒」を生んだテレ朝水曜21時枠だし、タイトルからして懐かしい「七人の刑事」(61~69年)っぽい作品なのか? といろいろ期待させた。 ほとんど男(女性は1人だけ)の7人の捜査課で、汗をかいて聞き込みする昔の刑事ものと違い、鑑識的な解析に推理をプラスする現代的な…

「契約妻」を好演/(C)日刊ゲンダイ

柴咲コウの「○○妻」は“夫婦とは何か”を問う社会派ドラマ

ニュースキャスターである東山紀之の妻・柴咲コウ(写真)は、夫を支えることにかけては完璧だ。家事全般はもちろん、服装のコーディネートから番組の感想まで手を抜かない。誰よりも尊敬する夫に尽くしたいからだ。 ところが、2人は正式な夫婦ではない。柴咲は「契約妻」なのだ。東山は普通の結婚を希望しているが、柴咲は断固拒否する。なぜ契約なのか。「家政婦のミタ」同様、ヒロインの秘…

この頃ずっとNIGOを支えていた牧瀬里穂/(C)日刊ゲンダイ

プレイバック芸能スキャンダル史

牧瀬里穂 裏原系カリスマプロデューサーとアラフォー玉の輿婚

私生活では、東山紀之や熊川哲也、真木蔵人らとの熱愛が噂されたが、いずれも結婚につながる真剣交際までには至らなかった。 転機が訪れたのは04年5月。牧瀬は上原さくらに誘われた食事会で、ファッションプロデューサーのNIGOと知り合った。猿の顔をモチーフにしたストリートファッション系ブランド「A・BATHING・APE」を立ち上げた、裏原宿のカリスマプロデューサー。ドラマ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事