日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「細川護煕 首相」に関する記事

None

都知事選 「小泉―細川共闘」は“原発推進”安倍首相潰しだ

細川護煕元首相(75)の都知事選への出馬が濃厚になり、安倍官邸が真っ青になっている。安倍周辺が危機感を強めているのは、細川のバックに小泉純一郎(72)がついていることだ。原発ゼロを掲げる〈細川―小泉連合〉は、都知事選がスタートしたら、安倍首相の「原発推進」を徹底的に批判し、安倍政権と真っ向から対決するつもりでいる。 ■官邸真っ青 2月9日投票の都知事選は、自民党が推…

None

都知事選で造反 「小泉親子を潰す」安倍自民の“報復計画”

都知事選で細川護煕(76)を支援し、公然と「安倍政権打倒」に動いた小泉純一郎(72)。案の定、都知事選で勝利した安倍周辺が“報復”に動こうとしているらしい。「小泉親子を潰す」と憎悪を強めている。どんな報復をするつもりなのか。 まず、次男の進次郎(32)を処罰する方針だ。進次郎は「除名した舛添さんを応援する大義がない」と“正論”を吐いて応援を拒否。「有権者100人分の…

第81代総理大臣を務めた村山富市氏

注目の人 直撃インタビュー

20年ぶり演説の村山富市元首相 「国民に主人公意識芽生えた」

None

都知事選“舛添優勢”覆す仰天情報 「細川元首相」急浮上

「原発ゼロの国民運動推進の一環として細川護煕元首相(75)が出馬するかもしれないというんです。細川元首相のバックには小泉元首相がいるという情報も流れている。脱原発で連携する小泉さんが応援すれば、大フィーバーになって舛添さんは吹っ飛びますよ。細川さんは元熊本県知事として行政経験があるし、五輪の顔として国際的な知名度もある」(ベテラン秘書) ここ10年ほど陶芸家や茶人…

米山隆一候補は激戦を制するか?

巻頭特集

野党候補猛追 新潟県知事選次第でデタラメ政治も激変

連合は14年の東京都知事選でも、脱原発の細川護煕元首相ではなく、自公推薦の舛添要一候補を支援するなど、野党共闘の障害になってきた。民進党にとって、獅子身中の虫になりつつあります」(五十嵐仁氏=前出) 勝てるムードが出てきたことで、民進党の国会議員も新潟入りして米山支持を訴えている。11日は新潟県連代長の黒岩宇洋衆院議員が応援に入った。連合抜きで勝てれば、今後の野党共…

None

都知事候補 細川護煕と宇都宮健児の意外な“因縁”

都知事選に「脱原発」を掲げて出馬する細川護煕元首相(76)と前日弁連会長の宇都宮健児(67)の候補者調整のことだ。 宇都宮陣営には連日、細川周辺や有識者から「一本化すべきだ」との要請が届いているが、宇都宮はなかなかクビを縦に振らないという。かたくなに拒む理由として囁かれるのが、20年以上前の「オレンジ共済組合詐欺事件」をめぐる2人の「因縁」だ。 事件は95年の参院選…

None

「脱原発」都知事選 「小泉-細川」が仕掛ける“反安倍”戦争

都知事選で小泉純一郎元首相が細川護煕元首相を全面支援することになったが、これは小泉の安倍自民党に対する“宣戦布告”だ。ケンカを売られ、当初は表に出ないつもりだった官邸もムキになってきた。いよいよ全面戦争である。 14日のぶらさがり会見。小泉は出馬する細川以上に力が入っていた。細川を支援することについて、「喜んで」「積極的に」という言葉を使い、前のめりな姿勢をわざわざ…

何がしたいのか?(イベント後に取材に応じる2人)/(C)日刊ゲンダイ

しびれ切らす人も…小泉・細川元首相コンビ“次の一手”は?

29日夜、小泉純一郎氏(72)と細川護煕氏(76)は脱原発を訴えるロックフェスティバル「NO NUKES」に参加。10~20代の若い観客3000人に向かって「原発ゼロで日本を発展させよう」(小泉氏)と声を張り上げた。 細川氏が今年2月に都知事選で敗れてからも、2人は一般社団法人・自然エネルギー推進会議を立ち上げて注目を集めてきた。小泉氏は「特定の候補者を応援すること…

None

そこまでやる? 安倍自民の露骨な細川潰し

東京都知事選の告示日(23日)が迫る中、政府・自民党がいよいよ本気で細川護煕元首相(76)“潰し”に動き始めた。これまでは細川の「年齢」「佐川急便献金問題」「短命首相」の3本柱でネガティブキャンペーンを仕掛けてきたが、ここにきて細川の身辺調査に本腰を入れる一方、官邸が「官房機密費」を使ったマスコミ対策にも乗り出したというのだ。永田町関係者がこう言う。 「今までのネガ…

作詞家としてもヒット曲多数/(C)日刊ゲンダイ

注目の人 直撃インタビュー

反原発で闘う湯川れい子氏「女性閣僚?誰でもいいってもんじゃありません」

今年2月の都知事選では小泉純一郎元首相とともに細川護煕元首相を応援、反原発の活動でも知られる湯川れい子さん(78)の目は冷徹だ。 ――安倍さんは女性閣僚を5人に増やしたことをPRしていますが、顔ぶれを見て、どんな感想をお持ちですか。 女性なら誰でもいいってもんじゃありません。でも、今の安倍さんがやろうとしていらっしゃる政治にとっては、強い味方たちなんじゃないでしょう…

None

五輪組織委会長に就任の矢先…森喜朗もビクつく「細川出馬」

細川護煕と小泉純一郎の元首相“強力タッグ”を苦々しく思っている人物が、自民党内にもうひとりいる。細川の都知事選出馬表明と同日の14日、2020年東京五輪大会組織委員会会長へ就任が決まったばかりの森喜朗元首相(76)だ。 森は10日夜のテレビ番組に続き、14日午前に行った講演でも、脱原発を掲げ出馬する細川を「五輪を人質に取って原発をやめさせるかを迫るのは卑怯なやり方」…

None

都知事選 細川元首相の3本柱「小泉連携」「脱原発」「非民主」

細川護煕元首相(75)が東京都知事選(23日告示、2月9日投開票)への出馬を本気で検討し始めた。日刊ゲンダイ本紙既報に続き、9日の朝日新聞や時事通信、TV各社が、細川に近い複数の関係者の話として立候補の可能性を伝えた。細川は「脱原発」を最大の争点にしたい意向。関係者らに「立候補は五分五分だ。勝ち負けじゃない」と話し、意欲を見せているという。 自民党と公明党が舛添支持…

None

誰が勝つ? 細川元首相まで出てきて都知事選はグチャグチャ

さらに民主党が細川護煕氏(75)に出馬を打診し、固辞されていることがわかった。細川については日刊ゲンダイ本紙がいち早く報じた通りで、実は、除名処分した舛添要一・元厚労相(65)を担ぎたくない自民党の一部も相乗りを模索している。細川が出馬すれば、脱原発で政策が一致する小泉純一郎・元首相も支援する可能性があるというが、本人がウンと言わなければしょうがない。 タイムリミッ…

都知事選は小池百合子のペース

巻頭特集

「さらば自民党」と言わない小池百合子のシタタカさ

細川護煕さんが『いい政治的な勘をしている』と評価していましたが、その通りです」(政治評論家・浅川博忠氏) ニュースキャスターから政界に転じ、細川護煕、小沢一郎、小泉純一郎と、「時の権力者」にスリ寄ることでのし上がってきた小池百合子。そのシタタカさは半端じゃない。どうやって立ち回れば世論を味方にできるか、よく分かっているということだ。 ■すべて小池ペースで進んでいる …

著者の佐高信氏

著者インタビュー

「自民党と創価学会」佐高信氏

自民党を飛び出した小沢一郎が細川護煕を担ぎ出し、公明党を引き込み、7党連立を組んだのである。その後、細川政権は下野、羽田政権を経て、自民党は社会党の村山富市を担ぐというウルトラCの“野合”で政権に復帰する。 連載が書かれたのはその頃で、公明党と創価学会の政教一致の危険性や強引な金集め、池田大作名誉会長の横暴ぶりなどが余すところなく描かれている。 「第1回のタイトルは…

受け皿に/(C)日刊ゲンダイ

小泉&細川が再び共闘 「原発ゼロ社団法人」は新党の準備か

細川護煕、小泉純一郎元首相らが7日夜、原発ゼロを目指す一般社団法人「自然エネルギー推進会議」を立ち上げ、設立総会を開いた。ふたりは「原発ゼロ」を国民運動に発展させる方針を確認。敗北を喫した今年2月の東京都知事選に次ぐ脱原発運動の第2幕、いよいよスタートである。 小泉節は健在だった。発起人代表として壇上に上がると、「原発は安全ではないし、金食い虫だ。強引に(再稼働を)…

原発ゼロ社会へ/(C)日刊ゲンダイ

社団法人はカムフラ “細川・小泉コンビ”企む「進次郎新党」

「原発ゼロ」を掲げて2月の東京都知事選で共闘した小泉純一郎(72)と細川護煕(76)の元首相コンビが再びタッグを組むことが明らかになった。近く、一般社団法人「自然エネルギー推進会議」を設立し、5月7日に都内で設立総会を開く。都知事選で3位に敗れた元首相コンビが再び共闘する狙いは何か。細川選対の幹部を務めた人物が言う。 「小泉元首相は先月末、安倍政権が『原発ゼロ』を根…

None

異例ずくめだった都知事選「細川出馬会見」 識者はこう見た

22日の細川護煕元首相(76)の都知事選出馬会見は何から何まで異例だった。 まず、報道陣の数。カメラは50台前後、記者は200~300人。細川が「原発ゼロ」を最大の政策に掲げていることもあり、多数のネット記者や海外メディアも押しかけた。新聞社やテレビ局は地方選挙の場合、社会部がカバーするが、今回は政治部の記者も入った。それやこれやで、「石原・猪瀬時代もここまでごった…

None

「原発ゼロなら五輪返上」 ハタ迷惑な森喜朗の“ご乱心”

森喜朗元首相(76)が細川護煕元首相(76)への“バッシング”をエスカレートさせている。 東京五輪組織委員会会長に決まった途端、「原発を人質にしている。卑怯だ」と細川を“口撃”していたが、先週18日のテレビ番組では「原発ゼロなら五輪返上」とさらに踏み込んだ。原発の有無と五輪が、なぜ結び付くのか理解不能だが、歴代首相の中でも最低といわれる「サメの脳みそ」の頭では合点…

None

都知事選 「自公は舛添」なら細川護煕、東国原英夫はどうする?

民主の打診を断ったという細川護煕元首相(75)は、「民主の推薦は受けないが、都知事選への色気は消えていない」(関係者)とも。舛添に既成政党色が付くだけに、無党派狙いで東国原英夫(56)も動く可能性が高い。 23日の告示日まで2週間ある。まだまだ後出しジャンケンがあるかもしれない。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事