日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

江角マキコ特集

「年金未納」を超える大ダメージ/(C)日刊ゲンダイ

全番組降板も?…江角マキコが“落書き騒動”で負った致命傷

江角マキコ(47)の落書き騒動の余波は止まりそうもない。先週「週刊文春」が報じた「江角マキコに『バカ息子』と落書きされた長嶋一茂邸」という記事だ。 実際に落書きしたのは元マネジャーで、江角の母親は「その人が勝手にやったんじゃないの? 娘はやってませんからね」と否定したが、それで事は終わらない。 すでにCM契約している企業は、すぐに事実確認に走り、事実上の打ち切り状態…

本人のブログから

ママ友が抗議文で反撃 江角マキコが食らった痛烈しっぺ返し

江角マキコ(47)のブログが波紋を広げている。 発端は「人は人、自分は自分」と題した先月30日付の投稿だ。 かいつまんで言うと、江角は4年以上前にいろいろなウワサ話を流された。その時は露骨に無視をされたり、お茶会やランチ会をそのウワサを広めるために開かれたり。「違います!」と言いたいのを我慢して耐えたけど、子どもと一緒にいる時に無視をされたり、嫌みを言われたり…など…

大物も詐称 (C)日刊ゲンダイ

江角マキコは“2歳”…業界の常識「年齢詐称」芸能人リスト

最近はSNSが発達したから発覚するケースが相次いでいますが、森光子さんなんて紫綬褒章を受ける64歳になるまで、何十年間もずっと3歳サバを読んでましたからね」(芸能評論家・肥留間正明氏) そういえば、ここ十数年間だけ見ても、真鍋かをり(2歳)、岡本夏生(2歳)、ほしのあき(1歳)、久本雅美(2歳)、江角マキコ(2歳)、三井ゆり(4歳)、麻木久仁子(3歳)など次々に年齢…

出直しヌードに期待/(C)日刊ゲンダイ

落書き騒動の余波で…江角マキコ“芸術ヘアヌード”が再評価

菅野美穂(37)や宮沢りえ(41)は不動の人気だが、最近支持されているのが江角マキコ(47)のヘアヌード集「ESUMI」(96年)。長嶋一茂邸の落書き事件の影響で注目度が高まっている中、江角のカッコいい時代のヘアヌード写真集は発売から20年近く経っているにもかかわらず、購入者が続出しているというのだ。 「値段は1000~2000円程度ですが、古書店やネットオークシ…

「落書き」報道から2週間/(C)日刊ゲンダイ

元マネに責任転嫁? 江角マキコがブログで済ませた“謝罪”

江角マキコ(47)が9日、13日ぶりにブログを更新し、長嶋一茂(48)宅への落書き騒動について「心より深くお詫び申し上げます」などと謝罪した。 江角は2週間前の週刊文春で、12年12月末に前所属事務所の元マネジャーに一茂宅の壁に「バカ息子」「アホ」と書くよう命じたと報じられた。幼稚園のママ友同士のいじめが原因とされ、元マネジャーも事実関係を認めている。 しかし、江角…

長嶋一茂邸「落書き」騒動で火だるま/(C)日刊ゲンダイ

“崖っぷち”江角マキコは元カレ・武田真治に救われるのか?

武田といえば知る人ぞ知る江角マキコ(47)の「元カレ」。江角が最初の夫・霧島ローランドと結婚9カ月で離婚後、つきあったのが6歳年下の武田だった。 その武田の新著に江角の素顔がつづられているのだ。 「武田が江角と知り合ったのは、彼が顎関節症でボロボロになり、とりまきすべてが離れ、頼りにしていたマネジャーにも逃げられたどん底の時期。同著では江角の実名こそ書かれていませ…

身から出たサビとはいえ…(右・長嶋一茂)/(C)日刊ゲンダイ

CM打ち切り…江角マキコ“問題行為”でタレント生命の危機

江角マキコ(47)が、タレント生命の危機に立たされている。イメージキャラクターを務める「花王」のテレビCMが“打ち切り”の事態に見舞われているというのだ。 「北は北海道から南は沖縄までネット局を含め、出稿予定だった江角さん起用のCMが、次々と同社他製品のCMに差し替えられている。この動きはウチの局だけではないはず。ここ数日の間で“江角CM”は完全にお蔵入りになるので…

(C)日刊ゲンダイ

江角マキコ 長嶋一茂邸「バカ息子」落書きで名門校が大揺れ

コトの発端は江角マキコ(47)が先日、つづったブログだった。長女(9)が通う私立小学校でかつてママ友からイジメを受けていて、「いろいろな噂話を流された」「露骨に無視されたり、嫌味を言われたり」と、突然告白して話題になった一件だ。 この内容に当初は江角への同情や擁護の声が多かったが、同じ小学校に子供を通わせている保護者が猛反発。女性誌に「迷惑をかけていたのは江角の方…

大沢たかお

男たちの性豪列伝 PART2

最後の独身 大沢たかおにふさわしいのは“プロ彼女”なのか

「俳優になる前は『MEN’S NON-NO』モデルから、パリコレまで上り詰め、江角マキコと付き合っていました。俳優に転向してからドラマ『君といた夏』で注目を集め、『星の金貨』でブレーク。名前が世に広まったのは、99年に広瀬香美と結婚してからですね」(放送関係者) 広瀬香美といえば、「愛があれば大丈夫」や「ロマンスの神様」などメガヒットを飛ばすトップアーティスト。当…

左から布袋寅泰、江角マキコ、GACKT

布袋、江角、GACKTも…芸能人をカモにした投資詐欺の手口

布袋寅泰(54)、江角マキコ(49)、GACKT(43)ら芸能人を投資詐欺のカモにしていた男が14日、警視庁に再逮捕された。 男は、都内の投資コンサルタント会社「クエストキャピタルマネージメント」社長の松井直幸容疑者(47)。2009年9月~昨年2月にかけ、15都府県の63人に対し、実体のない先物取引の投資話を持ちかけ、計約113億7000万円をかき集めていた。布袋…

“和牛王”社長と熱愛が発覚した柴咲コウ

大手プロ巡るナゾ 柴咲コウは熱愛と同時に“独立”したのか

それですぐにアプローチしたところ、電話口に出たのが、なんと江角マキコさんのマネジャー。『私が(柴咲の)窓口です』と言うのです」 江角といえば、大手プロから独立し、昨年、個人事務所を設立している。柴咲コウもそこに移籍したということなのか。こんな見方がある。 「スターダストからは、やはり看板女優として鳴らした中谷美紀が昨年独立し、話題になりました。マネジャーとの人間関係…

「ケンカ対面SP」に出演した石田純一(左)とMCの仲間由紀恵

あれもこれも言わせて

古傷に塩を塗りたくる内容もネットでの匿名攻撃よりマシ

あの江角マキコがMCの「私の何がイケないの?」という女性週刊誌のエグみを凝縮したような番組が終了したと思ったら、新たに始まった「ご対面バラエティー 7時にあいましょう」もかなりのエグさ。 タイトルから察すればその昔、桂小金治や徳光和夫、はたまた島田紳助がやっていた感動のご対面番組かと思ったら、とんでもない。5月30日放送「一触即発!有名人ケンカ対面SP」を見る限り、…

「ぐるナイ」出演が好評な二階堂ふみ

「ぐるナイ」好評の二階堂ふみにバラエティー番組が熱視線

「『ぐるナイ』でブレークした女優といえば江角マキコですが、二階堂は“ポスト江角”の声も上がっている。まだ日テレだけですが、今後はTBSやフジテレビもオファーを出すのは確実。すでに候補に挙がっている番組がいくつかあります」(放送関係者) これからはバラエティーで二階堂イジリを頻繁に見ることができそう。…

対応のまずさが命取りに

芸能界クロスロード

ベッキーは謝罪会見で墓穴 問われる芸能プロの危機管理

長嶋一茂宅の塀に落書きした事件で江角マキコは「マネジャーがしたこと」として対応したが、いかにも信憑性に欠けた。江角が3月をもってレギュラー番組がすべて消滅するのも、対応のまずさにあったとみられている。 芸能界は先人から芸だけでなく危機対応も学ぶ。「独立・解散」騒動で揺れたSMAPは冠番組で謝罪という奇策で対応。表向きは危機を回避した。問題はベッキー。即座に会見で対…

坂上忍

斬り取り 報道・情報番組この1本

チグハグ感たっぷり!打開策はあるか

スタジオの江角マキコらから「ホントか」「もっと驚きましょうよ」などの声があがり、対策をあげ、最後は坂上が「日本人として正しい姿勢を意識しないと」と極めて真面目に締めて終了。チグハグ感たっぷりだった。 14年4月スタート後は豪華な出演陣や「地引き網クッキング」が話題になったが、視聴率は低空飛行を続けている。打開策はあるのだろうか。…

直前で破談にならなければ良いが…

過熱一方の「結婚報道」に透ける紀香と愛之助の“正念場”

役者を取り巻く人たちの間から『反対』の鶴の一声で当人の意思に関係なく、破談するケースもめずらしくない」(歌舞伎関係者) かつての尾上菊之助と江角マキコの交際しかり。菊之助の両親の菊五郎・富司純子も江角を気に入り、「結婚間近」の情報も流れていたが、破局した。 菊五郎は「結婚うんぬんとなると別」と口ごもったが、「目に見えない圧力があった」と喧伝された。その圧力を堂々と指…

月9出演を報告した本田翼

タメ口、棒読み、話を聞かず…本田翼「月9主演」に心配の声

「ショムニ2013」で共演した江角マキコからも「人の話はまず聞かない、目上の方にタメ口」と“ダメ出し”されたほか、ベッキーには「台本を読んでこない」と暴露されていた。ドラマの主役は現場の雰囲気作りも大事な役目。それだけに、演技以外の部分でも「心配」の声が少なくないのだ。 本田の愛らしいルックスを支持するファンの間では「はなから演技力など求めていない」という声もある…

事務所の2トップ

菅野美穂が産休突入で…“稼ぎ頭”天海祐希にのしかかる重圧

「長年、事務所の看板だった江角マキコが昨年独立し、復活を期していた山口智子もドラマがコケて再浮上できなかった。実質的に2トップは菅野と天海だった。ところが、その菅野が妊娠で復帰時期も未定なだけに、1トップの天海への期待は増すばかりです」(芸能プロ関係者) 天海には相当なプレッシャーがのしかかるが、天海といえば、一昨年の舞台公演中に心筋梗塞で入院し、舞台を降板。以後…

イメージが大事/(C)日刊ゲンダイ

三船、江角が沈み菊池浮上 激変「ママタレ」報酬ランキング

続く3Aクラスは榊原郁恵、江角マキコ、工藤静香ら。2Aは千秋、早見優、堀ちえみ、松嶋尚美、RIKACOらで、Aは菊池桃子、三船美佳、梨花、渡辺美奈代。Bは紗栄子、山田優、森尾由美、東尾理子ら。Cは北斗晶、大沢あかね、木下優樹菜、辺見えみりら。5万円以下のDは藤本美貴、くわばたりえ、辻希美、熊田曜子、小倉優子、西山茉希らとなります。ランキングには芸歴はもちろん、夫の影…

None

ゲイカップルの料理研究家 Toshi&Lithiの“波瀾の経歴”

「2000人以上の女性を救ってきたスピリチュアルカウンセラー」という触れ込みで、「バイキング」(フジテレビ系)に出演すると江角マキコ(47)や、すみれ(24)のオーラを分析してスタジオを沸かせていた。テレビの効果もあってか、今や大人気カウンセラーで、年内は予約でいっぱいだという。 また新手の“ゲイ能人”の登場だが、2人とも実はリッパな大卒。 中学生の時にゲイを自覚し…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事