日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

伊賀市の関連ニュース

None

チャーター機も初体験 なでしこ待遇面は4年前と“雲泥の差”

INACの選手は午前、午後と一日2部練習もこなせ、他チームの羨望の的です」(マスコミ関係者) INACとともになでしこリーグで「勝利給が支給されている」(前出の記者)のが、三重県伊賀市を本拠にしている「伊賀FCくノ一」である。 「ドイツW杯後、自動車関連部品などを作っている東証1部上場企業のE社がメーンスポンサーになり、そのE社の伊賀市にある工場で半日働くことで30…

長谷川容疑者数千円の稼ぎのために私生活を“裸”に

チェーンソー男も犯行を公開 ユーチューバーなぜ過激に?

「ユーチューバー、なめとったらあかんのぉ、コラァ!」――チェーンソーでヤマト運輸の従業員男性(53)を脅したとして、5日、三重県警に暴力行為法違反容疑で逮捕された同県伊賀市のトラック運転手、長谷川和輝容疑者(27)。 長谷川は、ヤマトの配達員が自分の不在時に代金引換の荷物を持ち帰ったことに逆ギレ。12月3日未明、自宅近くのヤマトの営業所に押しかけ、チェーンソーの電源…

長谷川容疑者数千円の稼ぎのために私生活を“裸”に

チェーンソー男も犯行を公開 ユーチューバーなぜ過激に?

「ユーチューバー、なめとったらあかんのぉ、コラァ!」――チェーンソーでヤマト運輸の従業員男性(53)を脅したとして、5日、三重県警に暴力行為法違反容疑で逮捕された同県伊賀市のトラック運転手、長谷川和輝容疑者(27)。 長谷川は、ヤマトの配達員が自分の不在時に代金引換の荷物を持ち帰ったことに逆ギレ。12月3日未明、自宅近くのヤマトの営業所に押しかけ、チェーンソーの電源…

軍国主義者に武器を渡すな…

巻頭特集

森友疑獄を隠れ蓑 共謀罪とGPS捜査法が同時進行の恐怖

学校法人に対する行政や捜査機関の立ち入り調査は、国の就学支援金を不正受給していた「ウィッツ青山学園高校」(三重・伊賀市)が記憶に新しいが、今回ほど物々しい雰囲気はなかった。森友も補助金の不正受給疑惑が浮上しているとはいえ、異例の大調査だ。 理由はハッキリしている。安倍政権は何が何でも籠池前理事長をフン縛り、「森友疑獄」を闇に葬り去りたい。そのためには、大阪地検特捜…

濵井葉子さん

有名人の財布の中身

“女医ドル”で活躍の濵井葉子さん 金券ショップをフル活用

また、2月には故郷・三重のなばなの里のイルミネーションと伊賀市の忍者屋敷を見に出かけた。 「映画のチケットも新幹線のチケットも定価で買ったことがなく、新宿の金券ショップ4、5軒を回って少しでも安く買っています。映画や旅行の費用は月に5万円くらいですかね」 どこまでも庶民的で堅実な生活スタイルだ。…

長谷川容疑者は「申し訳ない」と供述

逮捕を覚悟? 三重“チェーンソー男”は退職届を出していた

「ユーチューバー、なめとったらあかんのぉ、コラァ!」――チェーンソーでヤマト運輸の従業員を脅したとして、5日、三重県警に暴力行為法違反容疑で逮捕された同県伊賀市のトラック運転手、長谷川和輝容疑者(27)。 長谷川容疑者は、ヤマトの配達員が自分の不在時に代金引換の荷物を持ち帰ったことに逆ギレ。12月3日未明、自宅近くのヤマトの営業所に押し掛け、チェーンソーの電源を入れ…

長谷川容疑者は「申し訳ない」と供述

逮捕を覚悟? 三重“チェーンソー男”は退職届を出していた

「ユーチューバー、なめとったらあかんのぉ、コラァ!」――チェーンソーでヤマト運輸の従業員を脅したとして、5日、三重県警に暴力行為法違反容疑で逮捕された同県伊賀市のトラック運転手、長谷川和輝容疑者(27)。 長谷川容疑者は、ヤマトの配達員が自分の不在時に代金引換の荷物を持ち帰ったことに逆ギレ。12月3日未明、自宅近くのヤマトの営業所に押し掛け、チェーンソーの電源を入れ…

創設者とズブズブの仲の下村前文科相

USJ散策は「美術」 インチキ高校が10年も野放しのワケ

国の就学支援金を不正に受給していた疑いで家宅捜索を受けた「ウィッツ青山学園高校」(三重県伊賀市)が、トンデモ授業を行っていたことが発覚した。文科省が「過去に例がない極めて悪質なレベル」と表現するほどで、その内容は呆れ果てるものだ。具体的に列挙してみる。 ▼大阪市のテーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)」での買い物のお釣り計算を「数学」 ▼USJでの…

馳文科省にも疑惑の目

オンブズマンが公開質問状 馳文科相の政治資金に問題再燃

「詐欺まがいで就学支援金を搾取している可能性が明らかになった以上、捜査と並行して(支援金の)あり方を議論していく必要がある」 12日の衆院予算委員会で、国の就学支援金の不正受給事件で東京地検特捜部の捜索を受けたウィッツ青山学園高校(三重県伊賀市)について質問され、こう語気を強めた馳浩文科相。自身にくすぶる政治資金の疑惑にもスパッと答えてもらいたいものだ。 政党や国会…

議員辞職レベルでは済まない

就学支援金不正受給疑い 三重の高校と下村前文科相の“関係”

国の就学支援金の不正受給事件で東京地検特捜部の捜索を受けた「ウィッツ青山学園高校」(三重県伊賀市)に、新たな疑惑が持ち上がっている。 同校の設立者は、下村博文前文科相の後援会「博友会」の会長とされる人物だというのだ。本人が所属している企業のホームページ(HP)によると、1992年に「ウイン」という塾を設立。05年9月に特区制度を活用して、「ウィッツ」を設立したという…

上は長崎県平戸市の特産品(同市HPから)

過熱する「ふるさと納税」合戦…高額特典で寄付誘う悪ノリも

500万円以上の寄付に50万円相当の純金製の手裏剣を送っていた三重県伊賀市も国にダメ出しを食らっている。しかし、返礼品の高額化に歯止めがかかる気配はない。 たとえば群馬県富岡市は300万円以上の寄付に130万円相当のシルクコート。石川県輪島市は150万円以上で100万円相当の輪島塗の座卓を用意。100万円以上で“一日町長体験”ができる山形県真室川町、兵庫県多可町は1…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事