日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「松山英樹 マスターズ」に関する記事

初日は出遅れ

46位発進の松山英樹 マスターズへ心配される「過密日程」

3年連続3度目出場の松山英樹(25)がベイヒル名物の浮き島グリーン、17番パー3でティーショットが池につかまり、トリプルボギー。初日はこのトラブルが響いて、73で回り、1オーバー46位。一昨年21位、昨年6位と会場との相性はいいが今年は出遅れた。 ただ、3週間後に迫った今季メジャー初戦のマスターズ(4月6日開幕)に向けて過密スケジュールを心配する声もある。 というの…

マスターズ委員会のビリー・ペイン会長

「五輪金で全メジャー出場可」掲げたマスターズ委の焦り

松山英樹(24)も「位置づけが難しい」と戸惑いを見せる。 しかし業界団体にとって、五輪ゴルフを失敗させるわけにはいかない事情がある。2005年のデータによると米ゴルフ人口は過去10年間で約500万人も減っている。この数字はさらに悪化しているという指摘がある。だから米国内でのゴルフメーカーの売り上げは減少の一途をたどり、ゴルフ場は閉鎖に追い込まれるなど、ゴルフ人気が高…

賞金王なのにマスターズに出られない小田孔明/(C)日刊ゲンダイ

なぜ日本ツアー賞金王・小田にマスターズ招待状が届かない?

一般的にはマスターズ委員会からの招待状は、1月中にはすべて発送が終わって、松山英樹(22)のもとにはすでに昨年12月末に届いてる。ただ2012年には、3月上旬になって石川遼(23)の特別枠での出場が決まったこともあり、可能性はゼロではないが、この時の石川は賞金王ではなかった。 日本ツアーにとって賞金王が出場できないとなれば、“事件”だ。日本にツアー制度が発足した19…

過去2大会はトップ10入りの松山

プロツアー激辛情報

松山英樹 マスターズ優勝の条件は狭いルート攻める決断力

ゴルフ界で今年一番の注目は? と聞けば、ほとんどのゴルフファンは「松山英樹のメジャー制覇」と答えるに違いない。 昨年、松山は10月から2カ月足らずの間に5戦して4勝を挙げている。メジャー制覇に向かってまっしぐらの一年になりそうだ。日本人には特に人気があって、本人も一番欲しがっているのは4月のマスターズだ。 マスターズの開催コース・オーガスタナショナルGCは7445ヤ…

None

プロツアー激辛情報

準備不足の池田勇太は期待できない

世界ランク4位の松山英樹と、昨年、国内ツアーで初めて賞金王になり、世界ランク39位の池田勇太。 松山は米ツアーですでに4勝し、マスターズには今年6回目の出場。2015年5位、16年7位と2年連続トップ10入りしている。 今年の日本の男子ツアーはアジアンツアーとの共催で幕を開けているが、池田はシンガポールとミャンマーで行われた1、2戦とも予選落ちし、予選カットのないW…

今年もマスターズには日本人は松山ひとりだけ

グリーン黙示録

松山英樹に注文

今週はマスターズ・トーナメントが開催されるが、日本の出場選手は寂しいことに松山英樹ひとりである。基本的に招待されるのは過去の優勝者やメジャーや米ツアー勝者、世界ランク50位内だから一人になってもやむをえないが、かつて新人の羽川豊が日本オープンと日本シリーズに勝った翌年に招待された。そのときは賞金王の青木功も招待されたから、日本選手は二人だった。 今はどうなっているか…

None

ゴルファー羽川豊の「プロの目」

マスターズに向けて選手の好不調が明確になった

ポイントランキングでも松山英樹を抜きトップです。 昨年からグリーン上で、歩くタイミングやライン読み、アドレスに入ってからストローク始動までの一連の動作がスムーズになり、厳しいパットを決めてよくしのいでいます。 ドライバーは飛んで曲がらず、ショット、アプローチも申し分ない。絶好調は間違いなく、いまのジョンソンには欠点が見当たりません。 谷原秀人との準決勝は3アップ、ジ…

None

ゴルファー羽川豊の「プロの目」

松山英樹 世界ランク上位との直接対決はメジャーで生きる

ジョンソン、マキロイと初日、2日目と同組になったのが松山英樹です。本人は「どうしてこういうペアリングになったのかなぁ」と大会前に首をかしげましたが、世界ランク4位になれば注目され、優勝が期待されるので当然です。 しかし会場が2400メートルを超す高地にあって、距離のバラつきを修正するのに手間取ったようです。ピンの根元を狙ったショットがグリーンをオーバーしたり、届か…

None

グリーン黙示録

マスターズはメジャーとして評価され過ぎている

優勝候補は誰か、タイガーの復活はあるのか、飛ばし屋のB・ワトソンの3度目の勝利はあるのか、日本の松山英樹はどこまでやれるのか、わたしたちのゴルフプレイの合い間にも話が出るに違いない。スポーツ紙や週刊誌でも、日本選手がどこまでやれるかは報道されるだろう。 これまで、日本選手の最高成績は4位だった。かつて日本オープンに勝っている伊沢利光や片山晋呉が4位に入っているし、日…

None

世界ゴルフ新潮流

松山がズバリ指摘 マスターズは「コースのレベル差と選手層の違」がよくわかる

今年は日本勢として松山英樹、池田勇太、谷原秀人の3選手が出場する。 WGCデル・マッチプレー4位の成績で世界ランク50位内を決めた谷原や、池田はともかく、現在米ツアーのポイントランキング2位の松山は現地の予想でも、優勝候補のひとりに挙げられている。 その松山で思い出されるのが、昨年の日本ツアー「三井住友VISA太平洋マスターズ」での優勝コメントである。 筆者が日米…

パットの流れをつくることができず…

ゴルファー羽川豊の「プロの目」

マスターズに向け 松山英樹の喫緊の課題はパット修正

再来週に迫った今季メジャー初戦、マスターズ(4月6日開幕)に向けて松山英樹(25)が気がかりです。先週のアーノルド・パーマー招待は、24位発進の最終日に76と崩れて通算2オーバー45位に終わりました。 ポイントランキングはJ・トーマスが欠場したので首位に返り咲きましたが、勝負どころのパットがオーバーしたり、ショートしたりと決めきれず、流れをつくることができませんでし…

A・スコットが米ツアー12勝目を挙げた

プロ求道

松山英樹はマスターズに向けて焦らないほうがいい

さて、ホンダクラシックを棄権した松山英樹が気がかりです。 バックスイングするときに痛みが出るという右股関節痛ですが、無理をしないで休養を取ったのは正解です。そこで体をだましだまし戦ってもひどくなるばかりです。 痛みはスイングの乱れから不振にも続くから怖い。打ち急ぎや、軸が動いたり、力感がなくなったりする。股関節をかばって手打ちになることもある。いずれにしろ体に爆弾…

初日はただ一人ノーボギー

WRもスルスル上昇 片山晋呉がマスターズ出場に現実味

「ところが松山英樹が世界ランク上位の活躍を見せてから、賞金王だから招待という慣例がなくなった。だから昨年の賞金王・小田孔明は招待されなかった。ようするにWR50位内という明確な出場基準が出来たのです」(前出の記者) それにしても片山はいつの間にWRが上昇したのか? 今年初めは105位(中日クラウンズ終了時点)からスタートし、8月のKBCオーガスタに予選落ちすると1…

今季はグリーン勝負

松山英樹は攻略なるか マスターズ復活のガラスのグリーン

5度目の出場となる松山英樹(24)は、00年覇者のビジェイ・シン(53=フィジー)、米ツアー4勝のクリス・カーク(30=米国)と同組になった。 初日は7日午前10時21分(日本時間同日午後11時21分)、2日目は8日午後1時17分(同9日午前2時17分)にスタートする。 昨年は、21歳のジョーダン・スピース(米国)が、大会最少スコアタイとなる通算18アンダーでメジャ…

松山英樹

日本人初マスターズVに最も近い男・松山英樹を徹底解剖

日本男子プロ悲願のメジャータイトルに一番近い存在が松山英樹(24)だ。今季メジャー初戦のマスターズ(4月7日開幕)に向けて、調子を上げている松山を徹底解剖する。 ■恩師・高橋章夫氏が見たアマチュア時代 昔から周囲を気にしないというか、周りと上手に話をするのは得意ではなかったですね。だから必要以上にしゃべらない。おべんちゃらは言えなかった。ギャラリーにリップサービスを…

None

グリーン黙示録

マスターズは日本人が出なくても何も困らない

そのマスターズにしても、本年の出場選手約百名の中に名前のある日本の選手は松山英樹ひとりである。若い日本のプロゴルファーに目標を質問すると、ほとんどの選手が「マスターズに出て勝つことです」という。 プロをめざして練習し、そしてプロになった以上は、高い目標を持つのは当然だが、といって可能性のほとんどないことを口に出したところで意味はない。マスターズという試合は、ボビイ・…

None

マスターズ 中嶋の解説もひどかった

パット下手の松山英樹は3日目に優勝争いから脱落したが、中嶋常幸(62)のテレビ解説もひどかった。 還暦を過ぎていながら「ティーをめちゃくちゃ低くして打つこともあります」と、若者に媚びるような言葉を使い、ガルシアが8番(パー5)でグリーン右手前からのアプローチでウッドを使って2メートルオーバーすると、「ウッドは選択ミス」とバッサリ。それをラウンドリポーターの芹沢信雄プ…

None

●インサイドリポート

松山 マスターズでどのメーカーのクラブを使うのか注目が集まる

日本選手は松山英樹、池田勇太、谷原秀人の3人が出場する。 なかでも注目は、日本ゴルフ界が期待を寄せる世界ランク4位、松山のメジャー初制覇である。 松山がマスターズに勝てば、AON(青木功、尾崎将司、中嶋常幸)以来のゴルフブームが再び巻き起こり、日本ゴルフの起爆剤になれば、という熱い思いが関係者の間にあるのだ。 同時に、メジャーではゴルフメーカー間の競争も裏で繰り広…

ジョーダン・スピース

ゴルフ中継で驚いた松山英樹の好敵手

スピースはアメリカンドリーム歩み続けるショットメーカー

14年は未勝利に終わり、充電の年になりましたが、秋に初来日してダンロップフェニックスで松山英樹と4日間一緒に回って3位タイ。その足で出場した豪州オープンは圧勝。 その勝利で自信を深めたスピースはキャリア最高の15年シーズンを迎えます。マスターズ、全米オープンのメジャー2連勝と最終戦のツアー選手権も制して年間5勝をマーク。ポスト・タイガーに名乗りを上げて最優秀選手賞…

勇気を持ってパッドできるかが問われている

プロツアー激辛情報

メジャー制覇へ 松山英樹がクリアすべき課題

今年のマスターズでも松山英樹は勝つチャンスがあった。しかし、アーメンコーナーあたりから2、3メートルのバーディーパットを打てずに7位にとどまっている。 2位に7打の大差をつけて圧勝した今回のWGC-HSBCチャンピオンズ(中国・上海)は試合前の雨でグリーンが軟らかくなっていた。フェアウエーからはピンを狙ってバックスピンの利いたアイアンショットができた。ラフからグリ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事