日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「松たか子 映画」に関する記事

(左から)二階堂ふみ、黒木華、橋本愛/(C)日刊ゲンダイ

二階堂ふみ、黒木華…映画界は“第2世代”若手女優が花盛り

「小さいおうち」は主演だった松たか子が本来なら受賞してもおかしくなかったのに、黒木の受賞となった。これだけをとっても、いかに演技力と存在感が圧倒的だったかがわかる。 今年18歳の橋本愛も絶好調である。 中島哲也監督の大ヒット作「告白」で注目され、12年度の国内の映画賞を総なめした「桐島、部活やめるってよ」に出演。昨年は「あまちゃん」で一躍、お茶の間に知れ渡った。今…

日本人女性4人目の快挙/(C)日刊ゲンダイ

ベルリン映画祭で大金星 主演の松たか子を「食った」黒木華

主演の松たか子が夫の部下である年下男(吉岡秀隆)にハマっていく――その一部始終を目撃する重要な役どころである。 主演女優に負けない存在感を発揮し、ベルリンの審査員をして「群を抜いた演技力」と言わしめたが、芸歴は短く、まだまだフレッシュ。 野田秀樹氏主宰の「NODA・MAP」(10年)で初舞台を踏み、その翌年、「東京オアシス」でスクリーンデビュー。黒木の地元・大阪放送…

(C)2014松竹株式会社

毛深い女子高生好演 中高年の欲情を刺激する刈谷友衣子

松たか子が教師役で37人の中学生を描いた映画『告白』(10年)は、いまをときめく“あまちゃん女優”の橋本愛と能年玲奈の共演が注目された作品。でも、忘れてはいけないのが、『スイートプールサイド』に主演の刈谷友衣子も同じく生徒役で出演していたこと。『告白』で発掘された第3の美少女女優が今作では、われわれ中高年の妄想をこれでもかとかき立てる演技を見せているんです!」 …

メーン2人の不在

松たか子&阿部寛抜き…先が見えるキムタクの続「HERO」

キムタクのかつての大ヒット作「HERO」の続編が7-9月期のフジテレビ“月9枠”で放送されるらしいが、新ヒロインは、前作の松たか子から北川景子に代わる。メーンキャストだった阿部寛も出演しない。 何となく結果が見えるようじゃないか。 松は、吹き替えをやったディズニー映画「アナと雪の女王」が社会現象といわれるほどの大ヒット。松が歌う日本語の主題歌も売れに売れまくっている…

None

「HERO」再び映画化 なりふり構わぬキムタクのプライド

前シリーズの視聴率より大幅にダウンしたこともあり、このまま“負け戦”で終われないというのが偽らざる彼の心境でしょう」(前出の芸能関係者) 今月末にクランクイン予定の続編には新旧のヒロイン、松たか子(37)と北川景子(28)に加え、おなじみの城西支部の面々と、佐藤浩市(53)などが“大物ゲスト”として出演する。豪華な顔ぶれを揃え、前作の興行収入80億円超えを目指すこと…

“目玉デュオ”はどうやら実現せず/(C)日刊ゲンダイ

松たか子産休でMay J.にのしかかる紅白“レリゴー”の重圧

松たか子(37)がオメデタを発表し、NHK紅白歌合戦出場の芽はほぼ消えた。空前のヒットを記録したディズニーアニメ「アナと雪の女王」の主題歌「Let It Go」を松の生歌で楽しめないのは残念だが、これでガ然注目を集めるのが、エンドソングを担当した初出場のMay J.(26)だ。 映画の大ヒットでメディアへの露出が増えたMay J.は、松たか子の知名度が高すぎるあまり…

共演で衝突が多いパターン/(C)日刊ゲンダイ

ライバル心むき出し テレビ界に出回る「共演NGリスト」

松たか子と黒木華は映画「小さいおうち」で共演したが、脇役の黒木が主演の松を食って、今年のベルリン国際映画祭で銀熊賞に選ばれたため。 劇団ひとりと品川祐は映画監督としても注目されているが、公開作品の興収でひとりが上回ったことが理由である。 変わったところでは和田アキ子と千昌夫で紅白の楽屋問題、内村光良とキングコング西野、タモリとオードリー若林はともに番組内での発言で…

ファンは待っている/(C)日刊ゲンダイ

松たか子がアナ雪「Let It Go」をテレビで歌う“Xデー”

松たか子が歌う主題歌「Let It Go」がついにテレビで解禁されるかもしれない。 ディズニー映画「アナと雪の女王」の興収が200億円を突破。このブームをもたらしたのは間違いなく日本語吹き替え版でエルサ役を務め、主題歌を熱唱した松だ。 「松の歌唱力はモノホンです。ウォルト・ディズニー社から日本語版アニメ映画を製作する時の専属声優として、早速オファーされたなんて話が飛…

井上真央(上)と左下から綾瀬はるか、松たか子、深田恭子

井上真央どうなる? “低視聴率”大河俳優の気になるその後

その後、息子の不祥事があったにもかかわらず、さすが大ベテラン、地位は微動だにしないが、ここでは三田(日野富子)の子供時代を演じた松たか子(38)を見てみると――。 「実は松にとって『花の乱』はテレビ初出演でした。つまり最初でコケたわけですが、『ロンバケ』や『HERO』など、その後の大活躍はいまさら言うに及びません。『東京タワー』や『ヴィヨンの妻』などの映画も好調で、…

映画「シンデレラ」

「シンデレラ」に絶賛の声 ディズニーの恐れ入ったる商売上手

吹き替え版では引き続き、ブームの立役者である松たか子や神田沙也加といったお馴染みの声優陣が集結。♪ありの~ままの~と歌うことはないが、アナ雪ワールド再びでファンを裏切らない。 その甲斐あってか、ツイッター上には子連れ観賞ではない若い女性たちが、“アナ雪”の吹き替え版見たさに字幕か吹き替え版か、はたまた、両方見るかと悩むつぶやきがワンサカ。「『アナ雪』の続編効果は絶大…

神田沙也加(左)と松たか子も再登板?

見たい?見たくない?…「アナ雪」続編発表にファンから賛否

前作で日本語版のキャストを務め、主題歌「Let It Go~ありのままで~」が大ヒットした松たか子(37)と神田沙也加(28)についても、<松さん、松さん!><神田沙也加の声もキャラもすげー可愛かった>と再登板を期待するコメントがズラリだ。中には<ボスキャラで松田聖子の予感…>と、紅白で共演を果たした母・松田聖子(53)の起用を願う声も上がった。 その一方で、否定…

ついに「レリゴー」を初披露するのか/(C)日刊ゲンダイ

ついに「レリゴー」披露? 松たか子が小田和正ライブ特番出演

小田和正(67)が毎年恒例で行う音楽番組「クリスマスの約束2014」(TBS系、25日深夜放送)のゲストアーティストとして、松たか子(37)が出演する。 先月27日に第1子妊娠を発表。「第65回NHK紅白歌合戦」の出演は実現しなかっただけに、今年大ヒットしたディズニー映画「アナと雪の女王」日本語吹き替え版で主人公・エルサ役として歌った劇中歌「Let It Go~あ…

None

23歳で「山田組」入り ブレーク女優・黒木華の“実力”

松たか子(36)、黒木華(23)、妻夫木聡(33)、倍賞千恵子(72)、そして山田洋次監督(82)らそうそうたるメンバーが登壇した。 この作品は「第64回ベルリン国際映画祭」コンペティション部門に出品されることが決定。山田監督と黒木の参加が発表された。海外映画祭は初参加となる黒木は「どうしたらいいんやろ。今からすごく不安です」と大阪弁でポロリ。山田監督も「光栄だが、…

妥協を許さない

高橋一生 ドラマ「カルテット」舞台裏の涙ぐましい努力

松たか子(39)、満島ひかり(31)、松田龍平(33)といった主役級の面々と肩を並べ、四角関係のひとコマを担うのだから大出世だ。 10歳の頃から劇団に所属しており、今年で芸歴27年目。デビュー作の映画「ほしをつぐもの」(1990年)で主演のビートたけし(70)と田中邦衛(84)の演技に触れ、幼心に何か感じるものがあったのだろう。 昔から妥協を許さない徹底した役作りを…

転落事故も乗り越えた(12年10月)/(C)日刊ゲンダイ

プレイバック芸能スキャンダル史

市川染五郎 写真誌のスクープで降ってわいた隠し子騒動

女優の松本紀保の弟で、松たか子の兄としても知られる人気役者だが、97年7月、隠し子騒動が発覚した。 「歌舞伎界でも知る人はほとんどいませんが、染五郎さんには隠し子がいるんです」「かつて舞台で知り合った女優さんだったと伺っています」という舞台関係者の証言をもとに写真誌が取材を進めて、関西に住む母娘を突き止めた。 過去にはドラマのヒロインも務めたことがあるという女性は染…

None

ディズニー新作アニメ主人公に抜擢 屋比久知奈の歌声

主人公姉妹の声優を務めた神田沙也加と松たか子の歌声は世界で称賛されたが、澄んで響く声は心地よく、先輩2人に決して引けを取らない。次はあなたの番ですね? 「どうなんだろう……。ただ、こうした環境でスタートできるのはありがたいこと。恵まれていますよね。それを今後、どう生かしていくかは私次第ですが、正直に言うと、生まれてからこれまで、モアナのように心が折れそうなぐらいの大…

浅野ゆう子(左)と鈴木保奈美

瀕死のフジ「月9」

女の脚本家が書き、いい男が主演するドラマの落とし穴

木村と松たか子(39)とのラブストーリーの要素もあったが、あくまでサイドだ。それ以外の高視聴率ドラマでも、「ひとつ屋根の下」は兄弟姉妹の話だし、「素顔のままで」は女同士の友情、福山雅治(47)の「ガリレオ」はミステリー。「東京ラブストーリー」や「101回目のプロポーズ」「ロングバケーション」などのイメージが強いので恋愛ドラマばかりやっていたように思われているが、そう…

トットちゃんとVサイン

華麗なる芸能人脈を築き始めた 元キンコメ今野の大胆変化

さらに、17日には女優の松たか子(38)とのツーショットを披露。「今共演してるわけでも過去共演した事があるわけでもないけど急におれの楽屋に挨拶に来て下さったよ」と、今野の興奮ぶりが伝わってくる。コメント欄には<素敵ですね!><す、す、すごい!>などの声が寄せられており、ファンの反応は上々だ。 2月に開かれた「第25回東京スポーツ映画大賞」で、主催者のビートたけし(…

DAIGOとの恋愛も順調

北川景子に“第2の絶頂期” 仕事に恋にアドレナリン出まくり

5日に行われた18日公開の映画「HERO」の完成報告会では、出演者の立場を忘れてしまったかのように主演の木村拓哉と松たか子のコンビ復活に「中学時代にテレビで見ていた『HERO』が目の前にある。すごい!」と大はしゃぎ。木村が演じる久利生検事をめぐって「ライバル」であるはずの先輩女優に向かう目線がミーハーそのものだった。 9日からは主演ドラマ「探偵の探偵」(フジテレビ…

第2のアナ雪?/(C)日刊ゲンダイ

「マレフィセント」吹き替え&主題歌で大竹しのぶ紅白濃厚

いまだ大ヒット中の「アナと雪の女王」では、ダブルヒロインを演じた松たか子(37)と神田沙也加(27)の歌声が高い評価を受けたが、大竹も数多くの舞台で培った実力をいかんなく発揮。「アナ雪」歌手2人はすでにNHK紅白の出場が濃厚といわれている中、以前、紅白の話を振られた大竹は「夢にも思っていませんでしたが、頑張ります!」とやる気マンマンだった。今年はある?…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事