日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「石原裕次郎 女性」に関する記事

スザンヌは「信じたい」と涙したが…

斉藤和巳、坂本勇人…切っても切れぬプロ野球選手と女性問題

故・石原裕次郎ら銀幕のスターは、銀座で大盤振る舞いして豪遊していたが、むしろ「カッコいい」とスターとしての価値を上げていた。野球選手も見習ってスマートに遊べば、芸能マスコミに追いかけられることも減る。シーズン中は野球記者に任せたい。 (ジャーナリスト・二田一比古)…

吉田鋼太郎の年下妻は元銀座ママ

吉田鋼太郎、渡部篤郎…バツアリ俳優と“銀座の女”の恋模様

石原裕次郎、勝新太郎らの豪快な飲み方は今や語り草になっている。政財界からスポーツ界の名だたる人たちも堂々と飲んでいた。ヤクザの幹部もここでは紳士の振る舞いだった。迎える銀座にも作詞家でも知られた山口洋子さんの店もあったし、タレントママもいた。 芸能記者も定点観測する街として、芸能人とホステスが熱愛に発展すれば追いかけたものだった。昔、結婚発表時の彼女の肩書に「家事…

「のんです」と自己紹介

活動再開も強い風当たり 能年玲奈改め“のん”不穏な再出発

表舞台に姿を見せたのは、昨年12月の石原裕次郎賞授賞式以来、実に9カ月ぶり。会場には大勢の報道陣が集まったが、本人は独立や改名に関する質問にはダンマリを決め込んだ。もっとも、発表できるような進展はないようで、「両者の弁護士による話し合いは現在も継続中。歩み寄りは見られず平行線をたどっており、長引きそうです」(芸能関係者)という。 朝ドラ「あまちゃん」で主役の座をゲ…

ヒットチャートめった聴き

「デュエットの帝王」稲垣潤一 2年ぶりのシリーズ新作を語る

もちろんデュエット曲数は日本記録(ちなみに2位は石原裕次郎の28曲)で、これが稲垣が〈デュエットの帝王〉と呼ばれるゆえんである。 女性シンガーと稲垣がコラボレーションすると良い化学反応が起きて新しい魅力が生まれるという〈稲垣マジック〉にかかると、聞き慣れたヒット曲が洗練された都会的なサウンドとなって新鮮な大人の音楽に進化するようだ。これは稲垣にしかできない“匠の技”…

“ヘアヌード”の仕掛け人の異名

私が書いた離婚届

高須基仁さん 1人目にバイ菌のように嫌われ、2人目は…

かつて石原裕次郎と浅丘ルリ子の主演映画「憎いあンちくしょう」(蔵原惟繕監督)で、長門裕之と芦川いづみの演じる“絶対愛”が石原と浅丘によってぶち壊された時、高校生だった私は、同じころに見た吉永小百合と浜田光夫の主演映画「泥だらけの純情」(中平康監督)の“純粋愛”とか“絶対愛”って、この世にないんだとしみじみ思った。 だが、心の中には“純粋愛”を演じた芦川と吉永の“顔…

井原裕 独協医科大学越谷病院こころの診療科教授

薬に頼らないこころの健康法Q&A

少年による殺人事件 実は年間100件未満で推移している

高齢者世代にとって懐かしい映画を例にとれば、J・ディーン「理由なき反抗」(1955年)、石原裕次郎「太陽の季節」(1956年)、F・トリュフォー監督「大人は判ってくれない」(1959年)、A・ペン監督「俺たちに明日はない」(1967年)、P・フォンダ「イージー・ライダー」(1969年)など、どれも乱暴な若者が主人公です。 団塊の世代の場合、現在は60代後半にさしかか…

上場が注目される/(C)日刊ゲンダイ

関ジャニ大倉 実家の居酒屋「鳥貴族」新規上場で株長者へ

世間で名前が売れているだけに、将来、経営陣に加われば営業効果は絶大でしょう」(芸能リポーター) 「俳優は男子一生の仕事にあらず」と言っていたのは故石原裕次郎である。グループのみならず、ソロで俳優としても活躍している大倉だが、ジャニーズに見切りをつけて実業界入りする日は遠くないかもしれない。…

None

プレイバック芸能スキャンダル史

賑やかに行われた水の江滝子の「生前葬」

岡田真澄、浅丘ルリ子、石原裕次郎らを発掘し、スターに押し上げた。 その後も「独占!女の60分」(テレビ朝日)のメーン司会を12年も務めるなどマルチタレントとしてテレビになくてはならない存在だったが、87年突然、芸能界を引退。趣味だった宝石やアクセサリーのデザインに本腰を入れ、都内に店をオープン。人気を呼んだ。 亡くなったのは09年11月16日、94歳。生前葬で葬儀委…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事