日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「寺山修司 舞台」に関する記事

「星の王子さま」の稽古風景/(C)日刊ゲンダイ

ピンク・レディー未唯mie 寺山修司作品で男装の麗人に

「1984年に寺山修司さんの1周忌公演『時代はサーカスの象にのって’84』で主演させていただいているんです。今回、2月の『宝島』に続いて30年ぶりに寺山作品に連続出演することになったのは不思議な巡り合わせを感じます」 こう話すのはピンク・レディーの未唯mie。11日から池袋・東京芸術劇場シアターウエストで始まる青蛾館30周年記念公演 「星の王子さま」に主演。とあるホ…

エキゾチックな容姿が忘れられない

あの人は今こうしている

20歳で芸能界引退 “伝説”フラワー・メグさんは離婚後に復帰

寺山修司さんや唐十郎さん、谷川俊太郎さんなどがクラブ運営に協力し、石原慎太郎さん、横尾忠則さんなんかが出入りされてた。ホステスは全員シースルー。ダンサー兼任だったワタシはトップレスにパンティー1枚でエロチックなショーに出てました」 その評判を聞きつけた平凡パンチの編集者がまだ若手だった写真家・長友健二に撮影を依頼。メグさんの妖艶なカラーグラビアはたちまち人気沸騰…

ザッツエンターテインメント

浅草通になれる本特集

それでも寺山修司は街はずれの見世物小屋を舞台に「浅草放浪記」を発表、日常からはタブー視された大衆社会としての浅草を描き、ビートたけしは渥美清、萩本欽一らがテレビ界へと去った浅草演芸最後の残り火を「浅草キッド」で活写した。 もっとも著者らの主眼は、今日の浅草はかつて文芸作品に描かれた「大衆」の町ではなく、もはや単なる「消費者」の町になり果てたのでは、という問題提起でも…

高橋洋子

高橋洋子「のっぴきならない人生で」

「寺山さん…」とバカな独り言を言って書き進めた

「ある競馬雑誌が寺山修司さんの追悼特集を組んでいて、寺山さんが生前書かれた『旅路の果て』のエピソードを用いたエッセーが載っていたんです。寺山さんとは天井桟敷の舞台で朗読劇をさせていただいたり、映画『さらば箱舟』(84年)に出させてもらった思い出深い方。ちょうど苦しみながら執筆している時にこのエッセーに出合ったので運命みたいなものを感じて……。窓を開けて星を見ながら…

19人の音楽陣と俳優30人が集結/(C)日刊ゲンダイ

見世物オペラ劇「身毒丸」 37年ぶりにオリジナル版が復活

今年は詩人、歌人、劇作家、演出家、映画監督、競馬評論家とマルチに活躍した天才・寺山修司生誕80年。さまざまな記念イベントが展開されるが、第1弾は「演劇実験室◎万有引力」による舞台「身毒丸」。 これは78年に紀伊国屋ホールで、寺山の主宰する「天井桟敷」によって上演されたもので、寺山の死後は、蜷川幸雄演出で再演を繰り返し、寺山作品の商業演劇化ではもっとも成功した舞台とい…

NHK大河「国盗り物語」にも出演/(C)日刊ゲンダイ

あの人は今こうしている

「ケチで有名になるくらい倹約」していた俳優・山谷初男は今

寺山修司の天井桟敷や蜷川幸雄、美輪明宏演出の舞台に数多く出演し、また、秋田県出身、東北弁を交えた素朴なしゃべりで聞く人を魅了した。しかし、最近は見る機会が減った。今どうしているのか。 「去年、(高倉)健さん、(菅原)文太さんが相次いで亡くなったのはショックだったね。あの人たちは若い頃からとっても忙しかった。その疲れが今になってドッと出たんだな。オレも同世代だけど、…

高橋洋子

高橋洋子「のっぴきならない人生で」

ひと言でいうと“へたくそ”なんですよ、生き方が

でも、寺山修司さんは『小説を書いた女優をだね、使ってみたいと思うのは僕ぐらいなもんだよ』と余裕をもって言ってくれましたが、使う側にとっては扱いづらい存在になってしまったんでしょうね。本当は役者をやりたいくせに事務所に所属しなかったり。長期的なビジョンが立てられず、目先のものばかりを追いかけちゃう。ひと言でいうと、へたくそなんですよ、生き方が(苦笑い)」 13年ぶりの…

10年にはジョン・F・ケネディー・センター芸術金賞を受賞した

罵声と灰皿と胃薬と 蜷川幸雄さん“強烈演出”の裏に深い愛

余談ですが、政治活動とは距離を置いた劇作家の寺山修司とは反発して生前はほとんど没交渉でしたが、寺山の死後、寺山作品『身毒丸』を演出し、ヒットさせた。同時代に演劇活動をスタートさせた2人の不思議な因縁も感じます」(演劇ジャーナリスト・山田勝仁氏) 蜷川演出によって演技を開花させた役者は数え切れないほど多いが、東山紀之、木村拓哉、森田剛、岡田准一などジャニーズ事務所のタ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事