日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「鈴木亮平 モデル」に関する記事

鈴木亮平と蓮佛美沙子

18年大河「西郷どん」主演 鈴木亮平の知られざる不遇時代

18年NHK大河「西郷どん」の主演に決まっている鈴木亮平(33)。昨16日に行われたP&G社の柔軟剤「レノアハピネス」のイベントでは来年の抱負をこう語った。 「テレビの仕事が中心で、後半は大河の撮影が入って忙しくなりそうですが、共演者やスタッフ、関わる人たちすべてと“半径30センチ”に近づける関係になって作品を作っていきたい」 さすが、役作りで体重の増減も完璧に行う…

人気急上昇/(C)日刊ゲンダイ

絶好調男・鈴木亮平が明かす「花子とアン」の裏話

そのひとり、吉高由里子(26)が演じる村岡花子の夫・栄治役の鈴木亮平(31)がブログで「花子とアン」の裏話を披露している。「英治が花子の書斎に差し入れている飲み物はホットミルク」で、これには「村岡夫妻のエピソードが隠されている」というのだ。 「当時すごく体にいいと言われていた牛乳。英治のモデルになった儆三さんは、牛乳嫌いの花子さんのために、温めれば飲めるだろうとよく…

吉高由里子と鈴木亮平/(C)日刊ゲンダイ

「花子とアン」で吉高の夫役 鈴木亮平の“素顔”は超インテリ

この村岡英治を演じるのが鈴木亮平(31)。実はこの鈴木、超のつくインテリだからビックリだ。東京外大で英語を専攻してきた英検1級の持ち主だが、秀才ぶりは高校時代からズバ抜けていた。通っていたのは偏差値62の兵庫県立芦屋南高校(現・国際高校)で、1年間交換留学でアメリカにわたっている。そこで俳優を目指すことになり、「ならば東京へ」と外大を受けた。留学経験があるから英語…

精力的に番宣をこなしていたが…

ドラマもブログも…“騒動”引きずる香里奈の泣きっ面にハチ

それにしても脇役は原田美枝子、鈴木亮平、遠藤憲一など演技派で固めただけに初回の数字はショックのはず」(TBS関係者) ドラマのプロモーションのため、9月23日には1カ月間限定で、多くの有名人が利用する「アメーバブログ」に「香里奈 期間限定ブログ with GINGER」を開設。香里奈が専属モデルを務めるファッション誌「GINGER」とコラボし、香里奈本人が文章を執筆…

24歳のモデル朝香りほ

歴代最年長 東レキャンギャル朝香りほ“バレエ仕込み”肢体

男性のタイプを聞かれると「ちょっと前までは、俳優の鈴木亮平さん」とはにかんだ。18年放送のNHK大河「西郷どん」の主役に抜擢された旬の俳優だが、実は10年前、無名時代に同社の初代水着キャンペーンボーイに選ばれている。 演技にも興味シンシンだったりほクン。目指すは大河出演だ!…

ヒロインを演じた映画「仮面ライダーフォーゼ」の製作発表会見で

朝ドラ「まれ」出演の清水富美加 “脇役ヒットの法則”なるか?

ちなみに「変態仮面」でパンツをかぶって主役を演じたのは「花子とアン」で花子の夫となった鈴木亮平(32)だ。 事務所の先輩は長谷川京子(36)や羽田美智子(46)など。なんと「あまちゃん」を演じた能年玲奈(21)も同じ事務所だった。 「『まれ』では、モデルを夢見て単身、東京に出て行く少女を演じています。なるほど、芸能界を目指す役どころだけにルックス、スタイルの良さなど…

赤いドレスで抜群の存在感/(C)日刊ゲンダイ

園子温監督に見いだされたニューヒロイン清野菜名の将来性

壇上には監督をはじめ、主演の鈴木亮平、共演のYOUNG DAISらが登場。中でも、赤いワンピース姿で抜群の存在感を発揮したのが清野菜名だった。 ヒロインとなるスンミ役を演じる清野は94年生まれの19歳。 07年にモデルとしてデビュー。特技はアクション、バック転、殺陣、陸上という運動神経を生かして一昨年から女優としての活動をスタート。 その矢先に今作のオーディション…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事