日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「蜷川幸雄 劇団」に関する記事

現在も舞台で活躍する大久保鷹さん

あの人は今こうしている

唐十郎「状況劇場」で異彩 怪優・大久保鷹の“破天荒”人生

■故・蜷川幸雄に招かれ舞台出演も… 「芝居の稽古中でしてね。唐十郎の『新・二都物語』なんだけど、ボクが状況劇場を退団した後に上演してるから、新作と向き合ってる感じ。すごく新鮮な気分です」 高田馬場にある喫茶店で会った鷹さん、こう言ってニヤリと笑った。 「蜷川幸雄さんが亡くなりましたよね。その昔(78年)、蜷川さんに招かれ、日生劇場に出たことがあるんです。いわゆる商…

10年にはジョン・F・ケネディー・センター芸術金賞を受賞した

罵声と灰皿と胃薬と 蜷川幸雄さん“強烈演出”の裏に深い愛

演出家の蜷川幸雄氏が12日、肺炎による多臓器不全のため都内の病院で亡くなった。享年80。現代劇からシェークスピア、ギリシャ悲劇など海外の古典まで多岐にわたる作品を演出。海外でも高く評価され「世界のニナガワ」と呼ばれた希代の演出家が泉下の人となった。 俳優を「バカ!」「マヌケ!」と激しく怒鳴りまくる、灰皿を投げつける――。稽古場での厳しい演出指導は有名で、19歳の時に…

数々の人気劇団を渡り歩いてきた

野田秀樹が絶賛 生粋の舞台人・手塚とおる“狂気の演技”

役者デビューとなるそのオーディションが蜷川幸雄の「黒いチューリップ」という演劇エリート。その後も野田地図、大人計画、劇団☆新感線など人気劇団を渡り歩いてきた生粋の舞台人だ。 「ただ20代のころ、一時期だけテレビの構成作家をしていた過去がある。SMAPの出世作『夢がMORIMORI』や山田邦子の『やまだかつてないテレビ』などにかかわっていた。才能はあったんですが、本人…

謎めいた女を演じる宮沢りえ

演劇えんま帳

新たな伝説となった80年代演劇の金字塔「ビニールの城」

5月に逝去した蜷川幸雄が演出を手掛ける予定だったが、金守珍(新宿梁山泊主宰)が演出を引き継ぎ、「芸術監督・蜷川幸雄追悼公演」としての公演となった。 おびただしい人形たちが横たわる廃虚に忍び込んだ腹話術師・朝顔(森田剛)が探すのは、生き別れになったかつての相棒「夕顔」。彼は生身の人間と関わりを持つことができず、心を通わせるのは「遠くから来た」という、ひとりでは言葉を持…

いまや大御所俳優

プレイバック芸能スキャンダル史

石橋蓮司と緑魔子 形式を嫌った2人の「未婚の母」騒動

一方、石橋は蜷川幸雄や蟹江敬三らと劇団を旗揚げ。財布の中はいつも空っぽで魔子の稼いでくるカネが頼りだった。 2人が一緒に暮らし始めるのは、清水邦夫と田原総一朗が共同監督したATG映画「あらかじめ失われた恋人たちよ」で共演した頃から。魔子は東映から独立してフリーになっていた。石橋は魔子の渋谷区のマンションに転がり込み、共同生活がスタートした。「子供は好きじゃない」と言…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事