日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

札幌ドームの関連ニュース

None

札幌ドームの「ファウルボール訴訟」 メジャーではどうなる?

先日、5年前に札幌ドームで観戦中、ファウルボールが右目に当たって失明した30代の女性が安全対策が不十分だったとして日本ハムなどを相手取って損害賠償を求めていた民事訴訟の判決が札幌地裁であった。原告の訴えが認められ球団など被告3者に4190万円の支払いが命じられた。被告側はこれを不服とし控訴して徹底的に争う構えだ。こうしたケースは米国でも起きているのだろうか? ■ファ…

満員御礼の札幌ドーム

ひねくれスポーツ論

日本ハム開幕セレモニーでぶっ飛んだ 札幌ドームで“チャルメラ演奏”はないだろうよ

プロ野球の開幕戦、札幌ドームのセレモニーで、わたくしはぶっ飛んだ。両チームの選手が脱帽してたたずむ中、真っ白いロックンローラーのようないでたちで俳優の武田真治がアルトサックスで「君が代」を演奏した。地元北海道出身、いろいろな人間関係の中から人選されたのだろうし、表現の自由もあるし、好きにすりゃいいんだけどね。 サックスは上手でない吹き手が吹くと「チャルメラ」状態に…

札幌ドームで基本プレーをじっくり確認

日ハム栗山監督 CS向け調整に「宮崎より札幌」選んだワケ

4日、本拠地の札幌ドームでCSファイナルステージに向けた練習を行ったのがパの優勝チームの日本ハム。指揮を執る栗山監督はシートノックや投内連係などの基本プレーをじっくり確認した。 9月30日に全日程が終了。12日にスタートするファイナルステージまで10日以上、間があく。4年前の日本シリーズは主力が教育リーグの行われている宮崎まで出掛けて調整したが、巨人に2勝4敗で敗戦…

日本ハム大谷翔平

早くも162キロの日ハム大谷 壊滅「ダル門下生」と何が違う

2日は札幌ドームの巨人戦に先発し、5回を2安打無四球無失点、8奪三振。四回2死からギャレットへの2球目は、自身が持つ公式戦最速記録と同じ162キロをマークした。2月中の実戦からこれで計10イニング、点を取られていない。 「久々の(札幌ドームの)マウンドで、自然と力が入りました。全体的に出力も上がってきていますし、やりたいことができたのでよかったと思います。162キ…

まだ成長途上の大谷

8勝目もまたまたトラブル…日ハム大谷“100球足”の深刻度

今季のトラブルはいずれも札幌ドーム。球数にして100前後で降板するケースが多い。 大谷の体はまだ、成長途上だ。トレーニングによって年々、体が大きくなっているのは一目瞭然として、実は身長もまだ伸びている。花巻東高時代に診察した医者は「体が完全に出来上がるのは22~23歳くらい」と話したそうだ。日本ハムOBがこう言った。 「体がまだ出来上がっていないところにもってきて…

岡田監督とハイタッチする久保田

アスリートの会話に注目 ファン喜ぶ「キリトリTV」の新手法

クライマックスシリーズでソフトバンクに負けた瞬間に引退となったわけだが、ホークス胴上げの後、札幌ドームのファンに日ハムナインが挨拶すると、ホークスナインが稲葉に駆け寄り胴上げした。 実はこれには布石があった。12年に小久保が札幌ドームで引退した時、日ハムナインが小久保を胴上げしたことだ。その時、輪の中心にいた稲葉の口元をキリトリ再生すると、「よし!行こう! みんな!…

「悔いはない」と引退表明/(C)日刊ゲンダイ

幹部候補にはなれず? 日ハム稲葉の「精神論」に“劇薬”懸念

努力はうそをつかないとは稲葉選手の野球人生を言い表すものだと思う」 2日、本拠地の札幌ドームで今季限りでの現役引退を表明した稲葉篤紀(42)に関して、小林浩オーナーは最大限の賛辞を贈った。 2000本安打の名球会メンバーながら、アマ時代から注目されていたわけではない。法大から94年のドラフト3位でヤクルト入り。当時の野村監督が、たまたま長男の野村克則(明大)を観戦し…

2ケタ本塁打もいける!?/(C)日刊ゲンダイ

打者・大谷の「2ケタ本塁打」 二刀流じゃやっぱり無理?

しかも、大谷の前半戦の本塁打は本拠地(札幌ドーム=2本)以外に、風の影響で左打者に右翼への本塁打が出やすいQVCマリン(2本)、狭い東京ドーム(1本)でマークしたもの。今後は札幌ドームの20試合だけでなく、QVCマリンで7試合、東京ドームも6試合を残す。大谷は残り試合の半分以上(計33試合)を「相性のいい球場」で戦える。2ケタ本塁打へ「追い風」は吹いているのだ。 昨…

自滅で降板/(C)日刊ゲンダイ

7三振5四球で連敗…楽天・松井裕が抱える“もろ刃の剣”

突然の乱調に、「札幌ドームのマウンドが合わなかったのでは」という声も聞かれた。ここのマウンドを知り尽くす元日ハムの金村暁氏(評論家)は「ネット裏で見ていましたが、立ち上がりなどは苦にしていませんでした。むしろ、札幌ドームのマウンドは硬くて投げやすいと思いますが……」と、否定した上で乱調の原因をこう話す。 「僕の見方ですが、体を目いっぱい使ったフォームこそが崩れた原因…

全治2~3カ月の見込み

レコ大疑惑の次はMAKIDAI重傷…EXILE軍団の“受難続き”

肋骨骨折や肺挫傷などの重傷を負ったMAKIDAIらは出演予定だった24日と25日の三代目J Soul Brothersの札幌ドーム公演に出演が不可能で、公演は中止となった。 「MAKIDAIらは悪天候で新千歳までの飛行機が飛ばず、新幹線で函館まで行き、陸路札幌に移動中の事故だった。そのため、事務所社長のHIROは責任を感じ、有無を言わさずにほぼ独断で中止を決定したよ…

ファウルボールによる事故は年間100件ほど(写真は札幌ドーム)

あなたが事故に巻き込まれたら

【イベント被害】火災で5歳児死亡 誰を訴えればいいのか

右目を失明した30代女性は当初、札幌ドームとドームを所有する札幌市にも賠償を求めたが、こちらは認められなかった。ファウルボールによる事故は年間100件ほどあり、今後は訴訟が増えそうだ。 ■落雷の重度障害で賠償金2億9000万円 判断が分かれる事例もある。2012年に大阪市長居公園の「EXILE」らの野外コンサートに訪れた22歳女性が落雷で死亡し、その両親がエイベック…

心配なのはWBCで投げた後

ダルは直後に故障 日ハム大谷に気がかりな“WBC球”の反動

21日、2年連続で札幌ドームMVP賞を受賞した大谷は「これを励みに、来年もいい投球、いい打撃ができるよう精いっぱい頑張ります」とコメントしたが、WBCで投げた後が心配だ。…

入団発表で活躍を誓った石川(右は吉川)

巨人に移籍した石川慎吾 「大田泰示より上」の根拠と課題

練習では、札幌ドームの右翼スタンドにもポンポン放り込み、逆方向にも長打を打てるリストの強さがある。精神的にムラがあり、調子を落とすと考え込んで不調を引きずるタイプ。そういえば、日ハムでは先輩にかわいがられる一方、後輩からの評判はあまりよくなかった。つまり、課題は性格というか精神面。それが改善されれば、外野のレギュラーが長野しかいない巨人でなら定位置を取る可能性はあり…

笑顔でスタンドに向かう西川(左)と大谷

DHなし第7戦なら…日ハム大谷「3番・右翼」を限定解除か

DH制がある札幌ドームに来て改めて分かったのは、大谷がいるといないとじゃ、打線の迫力、つながりがまったく違うということ。DH制がない2戦目は大谷がベンチに座ってくれて相手打線は4安打。ラッキーでした。栗山監督は『やらせない』と言っているそうですけど、第6戦に投手として先発した大谷を、最後の試合に限って『限定解除』するんじゃないか。CSでも最後に抑えをやらせたり、何を…

打った瞬間に雄たけび

“チャラ男”がサヨナラ満塁弾 日ハム西川を変えた懲罰抹消

たった一振りで、札幌ドームを興奮の坩堝に変えた。 27日の日本シリーズ第5戦、日本ハムの西川遥輝(24)が、92年の杉浦(ヤクルト)以来となる、日本シリーズでのサヨナラ満塁ホームランを放った。 今シリーズは直前の打席まで20打数2安打、打率1割。それが九回2死満塁の場面で、これ以上ない大仕事を果たし、チームの日本一王手に貢献した。 お立ち台では「何が起きたのか分から…

再びマウンドに戻ってきた黒田だが…

球団本部長らに聞く 広島「黒田監督誕生」は14年先?

引退会見に同席した鈴木清明球団本部長(62)を試合前の札幌ドームで直撃すると、来季の入閣は否定した。 20億円ともいわれるメジャーからのオファーを蹴って広島に復帰して2年。「男気」旋風を巻き起こし、カリスマ的な存在感でチームを牽引した。25年ぶりの優勝の立役者と言っても過言ではない黒田が、このまま「さようなら」ではいかにも寂しい。将来の監督就任の可能性について尋ねる…

黒田は日本シリーズ第3戦に先発

第3戦先発で見納め? 広島・黒田が漏らしていた引退後

「黒田は来年、コーチで残るのかね? 残って欲しいけど、家族はロスにいるんだもんな……」 25日に敵地・札幌ドームでの日本シリーズ第3戦に先発する黒田博樹(41)の今後について、広島ファンの関心が高まっている。 黒田本人は引退会見の席上、来年以降については日本シリーズが控えていることから、多くを語っていない。メジャーの年俸20億円の巨額提示を蹴って、14年オフに古巣復…

九回代打出場も三振の大谷

想定外の不調でチーム沈黙…連敗ハム“大谷頼り”の弊害露呈

(チーム内の)『窮地でも何かをしてくるんじゃないか』という雰囲気が、普段ほどではなかったように思いますね」 第3~5戦は舞台を本拠地の札幌ドームに移して行われる。「自分たちができることをしっかりやりたい」とは試合後の栗山監督。大谷が投げない日もDHでスタメン出場できるのはプラス材料とはいえ、図らずも大舞台で「大谷依存症」のモロさを露呈した日本ハムが、いったん傾きかけ…

投手としての意地を見せた大谷

日ハム大谷 圧巻ピッチングの裏に“投手より野手”の首脳陣評

大谷翔平(22)が12日、札幌ドームのマウンドに上がる約12時間前、東に約8200キロほど離れた米ロサンゼルスでファンの歓声が上がった。 ドジャース対ナショナルズのプレーオフ地区シリーズ第4戦。ドジャースはここまで1勝2敗、負ければ今季終了の崖っぷちでエース・カーショウ(28)が初戦から中3日で先発登板したのだ。 カーショウは6回と3分の2を投げ5失点。走者を残して…

名実ともにチームの顔

マーティンに残る不安 ハム大谷“守護神”で三刀流に現実味

試合終盤で「○○に代わりまして……ピッチャー、大谷!」というアナウンスが札幌ドームに響くかもしれない。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事