日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

倖田來未に関する記事

人気再沸騰/(C)日刊ゲンダイ

倖田來未辞退で…2人の運命変えた「モー娘。」最終選考会

「羊水発言」で一時活動自粛、長男出産のための産休などで、ここ数年元気がないかに見えた倖田來未が、3年ぶりの全国ホールツアーでかつての輝きを取り戻している。そんな倖田について耳寄りな情報を入手した。かつて「モーニング娘。」2人の運命を左右したことがあるという。 「モー娘が国民的アイドルと呼ばれるようになったのは、後藤真希が新メンバーとしてセンターを取った『LOVEマシ…

寂しい15周年/(C)日刊ゲンダイ

紅白は遠のき…倖田來未に今なお影を落とす「羊水腐る」発言

歌手の倖田來未(32)がデビュー記念日の今月6日、都内でデビュー15周年記念ライブを行った。1日4公演を行い、デビューから06年までと、07年以降のシングルメドレーを2公演ごとに別々に披露。1日でシングル62曲をすべて歌ったが、翌日のスポーツ紙などで話題になったのは「整形しなくてもメークでいける」という発言ばかり……。かつての歌姫としては寂しいメモリアルイヤーの幕開…

「マイルドヤンキー」に大ウケ/(C)日刊ゲンダイ

浜崎あゆみvs倖田來未 パチンコ舞台に火花散らす元歌姫

全盛期はともに「日本レコード大賞」を受賞した浜崎あゆみ(36)と倖田來未(31)。ともにエイベックスのエースの座を争い、火花を散らした時期もあったが、現在はかつて予想だにしなかった場所で熱く火花を散らしている。 先月から全国のパチンコホールで稼働しているのが「CR浜崎あゆみ2」と「CR倖田來未4」。ともに、2人のライブ映像とヒット曲を使用し、ド派手なリーチアクション…

イカした中年を養成する大人の必読本

小田嶋節炸裂、禁断の味のコラム集

それはそれとして、あえて時間が経ってから、倖田來未羊水発言問題(2008年)や朝青龍バッシング(2009年)について書かれた原稿を読むのも、またオツなもの。 「なんだったんだろう、あの騒動は」と冷めた目で見ることで、翻って今世間で熱く語られている問題に対して、落ち着いた視点を持つことができます。 洋楽の名曲が各章のタイトルになっているあたりも含めて、小田嶋隆が凝縮…

かつての歌姫も今は昔

芸能界クロスロード

マドンナ模倣も度が過ぎて…浜崎あゆみに見る時の移ろい

ちなみに後輩・倖田來未は「エロ可愛い」と人気を博したが、エロの演出はやはり米国のビヨンセを模倣しているように見えていた。 本来、マイケル・ジャクソンの“ジャケットプレー”を「いいとこ取り」して独自色を演出。和製ポップスとして認知される。「あまり似すぎると次第に底が見えてしまう」と懸念する声も聞く。 浜崎は私生活もマドンナをほうふつする一面があった。最初の結婚相手と成…

None

SMAP独身メンバーが相次ぎ公開し始めた「結婚しない理由」

中居といえばかつて、モー娘OGの中澤裕子(41)やフリーアナの中野美奈子(35)、歌手の倖田來未(32)、最近ではモデルでタレントのローラ(25)など、数々の美女との交際がうわさされたが、いずれもゴールに至りそうな気配はなかった。 5月10日に放送された情報番組「ワイドなショー」(フジテレビ系)では、松本人志(51)から「SMAPは5人中4人が独身者。全員が結婚し…

セレブママに絶大な人気

最新ママタレ名鑑

神田うのが芸能界ママ友“最大派閥”ボスに君臨し続けるワケ

メンバーは、同じパチンコ関連企業社長と結婚した伊東美咲、NHKアナの青山祐子、歌手の倖田來未、ほしのあきなど。 「旦那の仕事が傾いて香港に移住した青山アナにも気遣いをするなど、うのには情に厚い面があり、最強ママ友派閥のボスに君臨しているだけのことはある」(前出の芸能ライター) 義理人情に厚く、カネ回りもよし。人が集まるのも納得だ。…

“育ての親”を裏切った代償は?/(C)日刊ゲンダイ

業界は冷ややか…安室奈美恵“エイベックス移籍”の全舞台裏

浜崎あゆみ、倖田來未らのアーティスト、沢尻エリカ、高岡早紀、中村獅童、小雪らの役者陣、大リーグ・レンジャーズのダルビッシュ有らはいずれも同じマネジメント専門の子会社に所属している。ところが、安室だけはレーベルが窓口という前例のない形態。こうなったのも、絶対に他の事務所への移籍を認めないライジング側と、コンサートとグッズ収入も含めて莫大な利益を上げる安室が仕事もできず…

DVD「静かに、ゆっくりと…」より

「静かに、ゆっくりと…」仲倉静香が魅せる“マシュマロG乳”

特技は変顔で倖田來未のフリコピをするという静香クン。忘年会で見たい!…

太めだからエクササイズ?/(C)日刊ゲンダイ

ジャニタレの後塵…“元エイベックス女王”浜崎あゆみの心中

エイベックスは主題歌を歌うMay J.を猛プッシュしているので、同社所属の浜崎か倖田來未が割を食って落選する可能性が濃厚です」(音楽ライター) 売れなくなれば手のひら返しの芸能界。寂しきエイベックスの女王は何を思っているのか。…

None

ラジオで反省の弁も…「次長課長」河本はなぜ許してもらえない

ただ、そのまんま東は宮崎県知事になって一発逆転できたし、“羊水発言”で批判を浴びた歌手の倖田來未には、彼女の歌が好きだという熱烈なファンがいた。現実の世界に支持者がどれだけいるかが、生き残りの分かれ目でしょう」(テレビ局関係者) 河本は、劇場で地道にお笑い芸を磨くほうががいいのかもしれない。…

None

総勢300人! NHK紅白は「過去最大の出演者数」が目玉

昨年は出場していた倖田來未、中島美嘉も消えてしまった。 代わりに初出場する面々だが、白組は泉谷しげる、サカナクションなど6組。紅組はE―girls、NMB48、miwaの3組。会見そのものは泉谷の「ドッキリかと思って来てみたら、本当だった。やめとけよNHK。でも、もう二度とないからな」といった発言で大いに盛り上がったが、全体としてはサプライズに乏しい結果となった。 …

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事