日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「香川真司 人気」に関する記事

18日のCLスポルトィング戦に出場した香川

ドルトで冷や飯…香川真司に「横浜M移籍情報」の信憑性は

「ドイツ・ブンデスリーガ1部のドルトムントで調子が上がらず、完全に控え扱いの日本代表MF香川真司をJリーグに復帰させ、日本国内のサッカー人気復活の起爆剤にしたい――という動きがあり、その“仲介役を果たす”のがタグ・ホイヤーなんです。というのもタグ・ホイヤーは14年2月、香川の出身クラブC大阪のスポンサーになり、6月には香川と公式アンバサダー契約を結んでいる。香川と…

帰国会見での五郎丸

人気沸騰でCMオファー殺到 ラグビー五郎丸の“市場価値”

ギャラは錦織圭が6000万円~、田中将大は5000万円~、香川真司は3000万~4000万円です。彼らと比べてマイナー競技とはいえ、一気に知名度が上がり、イメージも抜群にいい。1500万~2000万円の値はつくでしょう。それぐらいの活躍です」とのこと。 当分の間、五郎丸フィーバーは続きそうだ。…

お気に入りは本田圭佑/(C)西山幸之

元セレソンJリーガーが見たザックジャパン(3) トニーニョ

彼の調子が良いと日本代表は良い試合をする」 日本では「本田よりも香川真司の方が人気があるかも知れない」と言うと即座に首を振った。 「それはサポーターの人気だろ。チームの中での信頼は別。試合を決める選手はホンダだ! そう選手たちは分かっているはずだ。思い出してくれよ。ボクが読売クラブにいた時、人気があったのは(三浦)カズとラモス(瑠偉)だった。でもピッチの中で試合を決…

タイ戦で左SB酒井高の評価は高かった

タイ現地記者を直撃 「日本代表は決定力に問題がある」

だが、エース格のFW本田圭佑(ミラン)、MF香川真司(ドルトムント)が決定機を外し、消化不良感が残ったのも事実である。タイ戦を現地取材したサッカージャーナリストの元川悦子氏が現地メディア関係者を直撃した――。 そもそも元日本代表でタイリーグ経験者のDF岩政大樹(岡山)が「タイでは日本を必要以上にリスペクトする傾向がある」と指摘する通り、日本の有名選手人気が非常に高い…

チームのブンデス2部落ちで清武はどこへ?

レスター岡崎より人気? 清武&ハーフナーの来季“新天地”

決定機を演出する絶妙ラストパス、相手DFを幻惑する俊敏な動きなどが欧州内で一定の評価を集め、「ドルトムントの香川真司(27)よりも攻撃のアイデアは多彩」という声もある。しかし所属クラブが悪かった。今季7勝4分け23敗・勝ち点25と断然の最下位に低迷。テクニシャン清武は宝の持ち腐れだった。 実は今季ブンデス7位のヘルタが清武にご執心だった。清武もソノ気になっていたが…

Fカップのスレンダー美人

タイで「知っている日本人」6位にAV女優・雅さやかのナゼ

調査にはタイ人563人が回答しており、雅は今上天皇(8位)や本田圭佑(10位)らを抑え、香川真司と並ぶ13票を獲得した。 雅は昨年11月にデビュー。清楚なお姉さん風でFカップのスレンダー美人だ。 「撮影前はスタッフと談笑したりしているが、本番になるとスイッチが入り“メスの顔”になる。とにかくエロさがダントツにすごい。ルックスとやることのギャップが人気の理由です」(A…

ブラジルでは振るわず (C)真野慎也/JMPA

惨敗日本代表のエースたちを待ち受ける厳しい新シーズン

日本代表の中で「当てが外れたナンバーワン選手」の烙印を押された香川真司(25)。それでも欧州移籍市場での人気はまずまず。かねて目をつけていたスペインの強豪アトレチコ・マドリードが、正式獲得の意思をマンUに表明したという。 香川の移籍金は20億円ともっぱらだが、スペイン代表FWディエゴコスタのチェルシー(イングランド)移籍が2日に発表され、移籍金が50億円の大台に乗…

マンU所属/(C)AP

【W杯14日の見どころ】香川の“冷遇仲間”チチャリート

「チチャリート」(小さなエンドウ豆)の愛称で知られ、香川真司(25)と同じイングランドプレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドに所属している。 前回の南アフリカW杯にも出場して2ゴールを記録。メキシコでは、「チチャリートが試合に出場している時間は犯罪率が低下する」といわれるほど絶大な人気を誇っている。 マンUでの13―14シーズンは24試合に出場して4ゴールを記…

トップ下で直接指導/(C)日刊ゲンダイ

ザックが直接指導も…合宿の“主役”大久保はW杯で出番なし

FW香川真司(25=マンチェスター・ユナイテッド)は54試合17得点。点取り屋の大久保としては肩身の狭い数字である。 「その5得点にしてもお世辞にも強豪国とは呼べないエジプト、タイ、オマーン、シリアからのもの。さらに言えばゴールを決めたのは07年(2得点)と08年(3得点)。日本代表としてはすでに盛りの過ぎた選手なのです」(マスコミ関係者) 加えて、欧州リーグでも結…

飛び交う「ウッチー!」の歓声/(C)日刊ゲンダイ

内田篤人の代表入り 一番喜んでいるのはメディア関係者?

FW岡崎慎司、大迫勇也、香川真司、清武弘嗣、MF長谷部誠、DF内田篤人、吉田麻也、酒井高徳、酒井宏樹の9選手が1時間半、フィジカル中心の練習メニューをこなした。 練習後にはバックスタンドに詰め掛けたファンにサイン、写真撮影のサービス。選手の中で一番騒がれていたのが、ビジュアル的に人気ナンバーワンの内田である。私服に着替えて練習場を立ち去る時も「ウッチー!」と歓声が飛…

None

飼い殺し…マンU香川 “戦力外”でも放出されない理由

同じトップ下、左サイドMFを主戦場とするMFマタが加入し、マンチェスター・ユナイテッドMF香川真司(25)は、居場所を失った。 29日のカーディフ戦に先発した移籍金62億円男のマタは、合流したばかりなのに軽快な動きで攻撃を差配。ベンチに下がる際には、盛大なスタンディングオベーションが送られた。交代選手は香川とプレースタイルが似ている技巧派MFヤヌザイ。最後まで香川に…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事