日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

大石内蔵助に関する記事

浅野内匠頭の上屋敷があった跡(現在の聖路加看護大学)

あなたの知らない「忠臣蔵トリビア」 歴史作家が解説

②山鹿流陣太鼓はない 討ち入りの際、陣頭指揮する大石内蔵助がドーンと叩いたとされる陣太鼓。これが山鹿流陣太鼓などと呼ばれているが、「大石が持っていたのはドラです。太鼓は持っていません。彼らは幕府に討ち入りで使った道具をすべて差し出しているため、記録が残っているのです」。 ③装束をまねた新選組 黒地の羽織に袖口が白、襟には播州赤穂浪士と書かれている討ち入り装束も、歌…

ザッツエンターテインメント

現代人の心に響く時代小説編

その勘解由のもとを、身分を隠し、大石内蔵助など赤穂浪士たちが訪ねてくる。(KADOKAWA 1800円+税) ある日、日本橋の茶問屋・玉木屋に養子に行った倫之助が深川の実家・千鳥屋に顔を出し、両親の儀右衛門とお俊に相談事を持ち掛ける。1年前に夫を亡くした義母のお杉が、無宿者の石蔵という男と一緒になりたいと言いだしているらしい。石蔵はお杉よりも25も年下でどう考えても…

二木啓孝の一服一話

ゲスト加来耕三さん一番の楽しみは友人たちとうまい日本酒を飲むこと

東軍流は12代前に、大石内蔵助を教えている流派です。ほかに古流剣術のタイ捨流も42歳のときに、免許皆伝をいただきました。日本がいよいよおかしくなったら、ヨーロッパにでも行って武道を教えましょう(笑い)。 二木 武道といえば、最近、大層な事典を出されたそうですね。 加来 「日本武術・武道大事典」(勉誠出版)を出しました。9800円(税別)もする本ですが、全国の武道、武…

None

戦国武将サバイバル術

【大石内蔵助編】47人をまとめた内蔵助のリーダーシップ

本日は、忠臣蔵の主要人物ともいうべき大石内蔵助からリーダーシップを学んでまいりましょう。 「おのれ上野、待てッ」 思わず振り返ったところ、左文字の小刀でサッと斬りつける。烏帽子の金輪でガチッと止まったが、額からタラタラと流れる血潮……。 「ウワッ、お出会い下され。浅野殿、刃傷でござる。お出会い下され!」 いじめられ堪忍袋の緒が切れた浅野内匠頭が吉良上野介に斬りつけた…

玉屋の「討入りそば」(左)

夜の「吉良邸跡」はひと味違う

大石内蔵助の息子である大石主税らが討ち入り、泉岳寺へ引き揚げる際に出発した「裏門」は、公園から西へ50メートルほど離れた場所にあった。現在は、「焼肉 仁」という店の横のマンション前に、それを示す木の案内板が立っている。その並びに、暖かそうに明かりをともす赤提灯が。居酒屋「みきや」。ここで、夜風で冷えた体を温めよう。 お酒を頼みつつ聞いたところによると、こちらは創業5…

イラスト・内藤毅

嫉妬、憎悪…コンプレックスの日本史

「生類憐みの令」は身体的劣等感とマザコンから生まれた

この裁定を“片落ち”だとして大石内蔵助らが翌年、討ち入りによって上野介を討ち取った。…

水戸黄門のすべてを知る男

時代劇スター ここだけの話

里見浩太朗 役作りのため「1日5食」で10キロ増

「僕が念願の大石内蔵助を演じた『忠臣蔵』では、吉良上野介を森繁久弥さんにお願いする際、テレビ局の重役もさすがに敵役でご出演をと言い出せなくて、結局、僕が森繁さんの楽屋に頼みに行ったんです。緊張しましたよ。一度目はジロリとにらまれて『帰れ!』と一言。それでもめげずに脚本の杉山義法さんに助けてもらいながら、やっとOKをもらいました。放送時間が『紅白歌合戦』とぶつかりな…

(C)AP

高倉健インタビュー秘録

宇崎竜童が語る「高倉健からもらったもの」

その際、大石内蔵助を演じていた高倉さんは離れた場所で休憩していたのですが、どうやら撮影シーンを見守っていたらしい。次に会ったとき、ぽつりとおっしゃったのです。『宇崎さん、あのシーンのとき、刀の鯉口を切っていましたね』……」 宇崎は高倉と共演することがわかっていたから、芝居の準備として、2カ月間、居合の道場に通った。刀の抜き方、納め方、武士の所作を学んでから撮影に臨ん…

None

キアヌ主演「47RONIN」 記録的大コケもプロは高評価

今回の役柄に真摯に取り組んだキアヌの姿勢は、大石内蔵助役の真田広之との壮絶なチャンバラシーンにもよく表れている。そして大きなポイントは、リンシュ監督が忠臣蔵の精神を理解していること。世界各地で内紛が絶えないことからも分かるように、外国人にはあだ討ちは連鎖するもので終止符を打つという思想はない。最後の四十七士の切腹シーンを劇的かつ華々しく描いたのは、極めて日本的な情緒…

None

「江戸っ子が惚れた忠臣蔵」菅野俊輔著

さらに、吉良邸の隣家の住人をはじめとする目撃者の証言から、大石内蔵助が率いる四十七士による吉良邸討ち入り当夜の様子を再現。 事件後、約半世紀を経て上演された「仮名手本忠臣蔵」の生まれた背景、そして江戸っ子たちの赤穂事件に対する思いなどを明らかにしながら、忠臣蔵が愛される理由を考える。 (小学館 1300円)…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事