日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

細川たかし特集

北島三郎、森進一に続き、細川たかしも卒業表明

細川たかしまで…大物歌手が続々「紅白卒業」の裏事情

演歌歌手の細川たかし(66)が21日付の日刊スポーツ紙上で、今年のNHK紅白歌合戦の出場を辞退することを明かして話題だ。出場すれば40回の“メモリアル”となったのだが、細川は「(紅白は)最大の夢。でも枠は限られているし、世代交代も必要です」などと説明した。 紅白を巡っては、ここ数年、ベテラン歌手たちがドミノ倒しのように卒業を表明している。13年には北島三郎が記者会見…

29日付蘋果日報(アップルデーリー)の報道から

細川たかしに買春報道…台湾紙「蘋果日報」が写真付き1面で

演歌歌手、細川たかし(64)の“お持ち帰り”が発覚して大騒ぎになっている。 といっても、日本ではなく台湾での話。細川は今月27日に台北市内でデビュー40周年記念コンサートを開催。自身9年ぶりの台湾公演では「北酒場」や新曲「艶歌船」を含む約20曲を熱唱し、ファンを魅了したという。問題はその夜だった。 関係者らと日本人向けのスナックが軒を連ねる一角へ向かった細川は、ある…

紅白落選には触れず…

和田アキ子 紅白落選“完全スルー”でご意見番の限界も露呈

紅白出場歌手が発表されたのは11月24日だから対象外の話題だが、今月1日の定例会見ではNHK籾井会長が「若返りはある程度必要」などと、和田や細川たかし(66)といったベテランの欠場に言及したことを考えれば、ニュースバリューは十分にあったといえよう。 代わりに“おまかせ”が大きく取り上げたのはASKAの再逮捕報道だが、これがどうにもこうにも。同容疑者の自宅へ押しかける…

ジャニーズ事務所とNHKが水面下で駆け引きか?

SMAP巡りジャニーズと綱引き 紅白メンバー発表の舞台裏

今回で出場40回を数えるはずだった和田アキ子をはじめ、伍代夏子、藤あや子、先に卒業宣言した細川たかしらベテラン歌手……この表向きの理由は出場者の若返りだが、それなら天童よしみ、島津亜矢といった面々はなぜOKだったのか、女優の大竹しのぶが選ばれたのはなぜかなど、結構分かりにくい。 そこで、大物外しは別の理由かと勘繰りたくもなる。実は紅白に大きな影響力があった大手芸能プ…

福田こうへい

紅白返り咲き 演歌歌手・福田こうへいの知られざる集客力

細川たかし(66)の出場辞退について紅白のチーフプロデューサーはこう語った。白組演歌勢は46回目の五木ひろし(68)の後は、17回目の氷川きよし(39)、3回目の福田こうへい(40)、2回目の三山ひろし(36)、山内恵介(33)の5人、平均年齢は43.2歳と大幅に若返った。 発表2日前の22日、「こればっかりは連絡をいただけるまでソワソワしてます」と明治座の座長公演…

すっかり陽気なイメージが定着

愉快な“病人”たち

作詞・作曲家の中村泰士さん 「嫌な性格」はうつ病が原因

72年、ちあきなおみの「喝采」で第14回日本レコード大賞、82年、細川たかしの「北酒場」で第25回日本レコード大賞を受賞。2006年から拠点を大阪に移し、歌謡曲ライブ「道頓堀SUPER歌謡劇場」を主宰。5月に7時間7分にわたる喜寿記念ライブを敢行。来年春には大阪城ホールにて「1万人の歌謡曲」を開催する。…

(写真左)三保ケ関部屋力士時代に曽根さん(右)2人の恩師について語る増位山太志郎さん

今あるのはあの人のおかげ

“美声”の元大関 増位山太志郎さんが感謝する2人の恩師

曽根さんは後に細川たかしさんの「港夜景」、三船和子さん復活の大ヒット曲「だんな様」、村田英雄さんの晩年の名曲「男の一生」をプロデュースされている方で、角刈りで一見、こわもて。多弁ではないけど独特の押しの強さがありました。 それで生まれたのが、74年8月10日リリースの3曲目、「そんな夕子にほれました」です。作曲は私の声質をご存じだからと「いろは恋唄」の山路進一さん。…

加茂田重政元組長の自伝「烈侠」

元大物組長が自伝で明かした ヤクザと芸能界の“蜜月時代”

細川たかしも関係があったな」とも。同書には加茂田氏が主催していた地元の夏祭り「地蔵盆」に訪れた有名芸能人の写真だけでなく、前記の松平や細川たかしとのツーショットも掲載。加茂田氏の手元には組関係の法要や会合などの際に撮影されたこうした写真が1万点以上も残されているという。 ちなみに加茂田氏の息子の結婚式の司会は今もテレビの最前線で活躍中の超大物芸人だというから驚きであ…

最初は「ピンと来なかった」と北原さん

あの人は今こうしている

歌手・北原ミレイさん語る ヒット曲「石狩挽歌」誕生秘話

石川さゆり、坂本冬美、細川たかし、氷川きよし、水森かおりなど、あまたの歌手がカバーしているが、最初に歌ったのがこの人、北原ミレイさん(67)。ドスが利いた歌声は強く耳に残っている。今どうしているのか――。 ■歌碑に刻まれた「創唱」の肩書 まずは「ちょっといい話」から。 97年、「石狩挽歌」のヒットを記念し、小樽市内のニシン御殿“旧青山別邸”(現・小樽貴賓館)に歌碑が…

吉幾三

あのヒット曲を追っかけろ!

吉幾三「海峡」

北国がテーマの演歌は、都はるみ「北の宿から」、新沼謙治「津軽恋女」、細川たかし「望郷じょんから」と枚挙にいとまがない。なぜだろう。津軽には風雪や海峡、海鳴りなど、人のつらさや悲しみを表現するに必要な自然条件が揃っているからだろう。 もっとも今後は、そうした景色も変わってしまう。3月26日に北海道新幹線が開通する。東京から新函館北斗まで最速4時間2分。新青森から新函館…

番宣で出まくった堀北真希

あれもこれも言わせて

高市&甘利大臣、堀北真希…正月番組で見たくなかった3人

甘利大臣は友人の細川たかしからもらった金ピカのステージ衣装を着て「北酒場」をご機嫌で歌い、「TPPよりも緊張した」と笑いをとっていた。 さらにYOSHIKIの大ファンという高市大臣に甘利大臣は直筆サイン色紙をプレゼント。甘利大臣はYOSHIKIともお友達ということで、高市のために書いてもらったという。公共の電波を使って接待カラオケっていかがなもの!? こういうのは偏…

数々の名曲を手がけたヒットメーカー

今だから語れる涙と笑いの酒人生

中村泰士さんの酒流儀 「カッコよく飲む」が「うまい酒」

日本レコード大賞受賞曲のちあきなおみの「喝采」、細川たかしの「北酒場」の他、数々の名曲を手掛けたヒットメーカー、中村泰士さん(76)。ダンディーな洋酒党で知られるが、酒もめっぽう強い。 酒の原点といえば、神戸・三宮、北野坂のオーセンティックバーだね。実家のある奈良の高校を中退してロカビリーバンドで歌ってた僕は、まだ19歳だったにもかかわらず飲み歩くのが大好きで、毎晩…

ピンチの森進一と復帰の小林幸子

ジャニーズ内闘争、森進一の落選危機…ドタバタ紅白の舞台裏

一新を図りたいNHKが市川由紀乃、山内恵介、三山ひろしらを初出場させたい一方、藤あや子、細川たかし、森進一らベテランを当落線上で検討している。ちなみに歌手生活50周年の森は納得できない。森自ら作詞作曲した記念曲のタイトル『あるがままに生きる』とは裏腹に、泣くに泣けない落選だと猛アピールしているそうなんです」 そんな舞台裏のドタバタなんて「勝手にやって」と視聴者は言い…

総合司会の北島三郎と司会の松坂慶子 出演した田原俊彦

昭和が満載 お得感があったNHK歌番組「思い出のメロディー」

三波春夫の「世界の国からこんにちは」を歌う細川たかし、高田みづえなどもそうだろう。 「戦後70年」といいながらも、平成の歌は皆無。NHKとしては平成など必要なしということかも。視聴率も14.4%とまずまず。 7月に民放各局が長尺の歌番組を放送したが、ダラダラと長いだけで、牛のヨダレかという感じ。出演者が固定され、既視感ありあり。正直いって飽きる。ジャニーズタレントの…

ブランド米がおいしいとも限らない/(C)日刊ゲンダイ

料理研究家オススメ おいしい「レトルトパックご飯」BEST10

自民党の野田聖子、演歌歌手の細川たかし、山川豊が食べているといわれているのが「美里のおいしいごはん」だ。 「EM菌という善玉菌を使うことで防腐剤を入れず、石川県産コシヒカリをパックにしています」(Rサプライ広報) ■雑穀系・まぜごはん 雑穀、玄米、まぜごはんは味の差が大きく、パサつきがち。ただ、「雑穀類は自分で炊くと手間がかかるので、健康志向の方には便利ですね」(則…

“目玉デュオ”はどうやら実現せず/(C)日刊ゲンダイ

松たか子産休でMay J.にのしかかる紅白“レリゴー”の重圧

あの中島みゆき(62)でさえ、黒部ダムで歌った「地上の星」の歌詞を間違えてしまったし、北島三郎(78)や細川たかし(64)、矢沢永吉(65)らそうそうたる大御所もしくじった。沢田知可子(51)、徳永英明(53)、天童よしみ(60)、レミオロメンもチョンボ組だ。 しかもMay J.は、ノドにも不安を抱えている。11月上旬のイベントで「Let It Go」を披露したもの…

都はるみ(中央)は「タッチ」を熱唱/(C)日刊ゲンダイ

八代亜紀がエヴァ主題歌 「エンカのチカラ」に業界が大注目

都はるみ、八代亜紀、細川たかしといった、そうそうたるド演歌の歌手たちが、なんとアニメソングやJ-POPを歌うという趣向なのである。 たとえば、都は「タッチ」、八代がエヴァンゲリオンの主題歌「残酷な天使のテーゼ」、細川はチェッカーズの「ジュリアに傷心」といった具合だ。 「これまでアニメオタクと演歌は最も遠い存在でした。彼らにとって演歌とは最もダサいものだったかもしれな…

メンバーの南こうせつ

プレイバック芸能スキャンダル史

ソロと両立 グループ解散後も再結成繰り返す「かぐや姫」

◇1975年4月 1日、細川たかしデビューシングル「心のこり」リリース。4日、蒋介石が死去。5日、ザ・ピーナッツ引退。13日、ロックバンド、キャロルが解散。30日、サイゴンが陥落。ベトナム戦争終結。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事