日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

北島康介特集

「師匠」から「社長」へ

実業家・北島康介が狙う 五輪アスリート界に“王国”の樹立

24日、北京・アテネの五輪競泳で2種目2冠の北島康介(34)が社長を務めるマネジメント会社から、リオ五輪競泳400メートル個人メドレー金メダリストの萩野公介(22)とマネジメント契約を結ぶことが発表された。 水泳を始めて4年後、アテネで2冠に輝く北島の姿を見ていた萩野は「幼い頃から憧れの存在だった北島さんと、このような形でご一緒できるのは非常にうれしく心強い。4年…

引退表明後、会場を後にする北島

リオ消滅で引退表明 水泳・北島康介「第二の人生」は?

悔しいけど、晴れ晴れというか、やり切った感がいっぱいです」 04年アテネ、08年北京五輪で、平泳ぎの2種目を連覇した北島康介(33)が8日、現役引退を表明した。 リオ五輪代表選考会を兼ねた日本選手権200メートル決勝は5位。5大会連続の五輪出場を逃した直後、報道陣に囲まれてこう言った。 会見では感極まって涙ぐむ一幕も。ただ、気になったのは「自信を持って次のステージに…

平泳ぎ決勝で5位に終わった北島

今や実業家の北島康介が「競泳パンツ」脱げない“大人の事情”

競泳男子平泳ぎの北島康介(32)はこう語っているが、22日のジャパン・オープン100メートル平泳ぎ決勝は1分01秒28の平凡なタイムで5位に終わった。 アテネ、北京五輪で2冠に輝いた王者も、力の衰えは隠せない。今年8月の世界選手権(ロシア・カザン)の代表からも漏れた際は、引退を示唆していた。それなのに、今後も積極的に国内外でのレースに参戦する。 6月上旬から中旬に…

書き上げた記事は大きな話題を呼んだ

スクープドッグ咆哮記「北島康介」編

「あとはいい記事書いてくれ!じゃあな」と手を振った

北島康介は下町が生んだヒーローだった。 家族思いの北島は、祖母の誕生日にエルメスのスカーフをプレゼントしたこともあるという。読者の関心は、どうしたらそんな子供に育つのかということもある。そこで私は富士男さんに、特別な子育て論はあるのかとあらためて聞いた。ちょっと首をひねって考えた富士男さんはこう語った。 「俺はそんな学があるわけじゃないし、ちゃんと子供たちにご飯を食…

04年アテネ五輪男子平泳ぎの北島

スクープドッグ咆哮記「北島康介」編

週刊誌がスポットを当てるのはやはり“人間”に尽きる

北島康介のバルセロナ世界水泳金メダルの快挙も、いざ取り上げようとしても実際に会場に行っていないため、現地にいるジャーナリストから話を聞いたり、日本にいるスポーツ関係者に連絡先を尋ねて、当事者にインタビューできないかお願いすることになる。 今回は北島本人、ないしは彼を中学2年から指導している平井伯昌コーチから話を聞きたかった。スペインとの時差を踏まえてアポ取りを続けて…

平凡なタイムで3位と惨敗した北島康介

世界水泳逃し引退示唆の北島康介が次に狙うは「実業家で金」

五輪2大会連続2冠の北島康介(32)が潔く負けを認めた。 8日の競泳日本選手権。男子100メートル平泳ぎ決勝で1分0秒18の平凡なタイムで3位と惨敗。派遣標準記録Ⅱ(1分0秒04)すら切れず、今年7月開幕の世界選手権(ロシア・カザン)の代表入りを逃した。 かつての世界記録保持者も今年の9月で33歳。力の衰えは隠せず、今大会を前に米国で高地合宿を行い、59秒台を狙っ…

初々しい笑顔/(C)AP

女子高生スイマー渡部香生子は北島康介も舌を巻く完成度

中学生時代から潜在能力はそれと知られており、北島康介も「完成度が高い。将来が楽しみ」と舌を巻いていたほど。ロンドン五輪では高校1年ながら代表入りし、200メートル平泳ぎで準決勝まで進出。6月のジャパンオープンでは100メートル平泳ぎで1分05秒88の日本新記録をマークした。 才色兼備の女子高生スイマーは、今や競泳女子のエース。躍動感ある泳ぎから、目が離せない。…

アテネ五輪では史上初の平泳ぎ2大会連続2種目制覇

スクープドッグ咆哮記「北島康介」編

「負けないという気持ちがある限り負けない」というのが口癖

アテネオリンピック、北京オリンピックで金メダルを獲得し、史上初の平泳ぎ2大会連続2種目制覇を成し遂げた北島康介。アテネでは「超気持ちいい」、北京では「何も言えねえ」というコメントを発し、私たちの記憶に強烈にその偉業を刻み付けたが、若手が力を伸ばすなか、北島はいまリオデジャネイロオリンピックを目指している。しかし現在33歳。もはや水泳選手のピークは過ぎたといっていい。…

散り際も潔かった北島

ひねくれスポーツ論

総理、競泳北島を見習えや!

桜前線が北へ駆け抜ける時期に、水泳の北島康介がわが身を桜に見立て、「選手としてやりたいことをやってきたが、桜は散った」。 日本選手権で100メートル一本に絞って優勝を狙ったが3位だった。取り囲む記者ども、ついに引退か! と色めき立ったが、「来年もう一花咲かせたいという気持ちもある」。 ピークの過ぎたわが身を桜に例えた。引退を「散り際」、桜散るように去り行くのを「花道…

少なくともあと3年半は大忙しだが…

嫁姑問題も…プロ転向の内村航平が手を焼く母親との関係

理想は錦織圭や北島康介だという。 日本初のプロ体操選手となった内村航平(27)が21日、スポーツ用品メーカー「アシックスジャパン」とのアドバイザリースタッフ契約記者会見に登場。契約期間は今月1日からで、同社の宣伝、販売促進、イベント活動などに携わるという。 「自分の好きな時間帯で練習ができるのが一番違う」とプロになってからの変化を話した内村だが、もっと変化していきそ…

None

青田買いの時代へ 次々出てくる小中学生のプロアスリート

93年に日本人初のプロ卓球選手となった松下浩二氏(49)、アテネ大会を翌年に控えた03年にプロになった陸上ハードルの為末大氏(38)、アテネ後の05年にプロスイマーとなった競泳の北島康介氏(34)、ロンドンで金メダル獲得後、13年にプロボクサーになった村田諒太(30)ら数えるほどしかいない。それが、リオ前後だけで4人と、空前の「プロブーム」が起きているのだ。 五輪や…

勝算あり…?

水泳北島は5億円 体操界初のプロ内村航平はいくら稼ぐ?

同じように現役全盛期の05年にプロ転向した競泳平泳ぎの北島康介は一時、5億円近い収入があったとされる。プロ内村は、平泳ぎの王者の稼ぎを軽く上回るかもしれない。…

推薦文の依頼を快諾してくれた坂上忍

スクープドッグ彷徨記 序文

実感した“週刊誌記者はゲスな嫌われ者”という現実

シャブ&飛鳥、高倉健の養女、宇多田ヒカル、勝新太郎、北島康介などスターの肖像、さらにオウム事件、ルーシー・ブラックマン事件、9・11テロ事件、NHK紅白プロデューサー巨額詐欺事件、また「もっと読みたい」と読者の反響が大きかったホスト地獄も取り上げた。週刊誌の最前線ではいったいどんなことが起きているのか、ワクワクする興奮、ドキドキする緊張を体感していただけるはずだ。…

リオでも抜群の統率力を発揮

兄貴から指導者へ 松田丈志が見据える競泳代表HCのイス

平泳ぎの北島康介が同大会の個人種目ではメダルなしに終わっていたことから「康介さんを手ぶらで帰すわけにはいかない」との名セリフで男を上げた。リオでは800メートルフリーリレーでチームの精神的な柱として52年ぶりの表彰台となる3位に導いた。 松田は今後について「リオでは若手と一緒にトレーニングして結果を出す喜びを味わった。選手を育てていくのに少し近いものを味わった」と指…

ベイカー茉秋は「スマスマ」に出演しご満悦だった

メダリストをタレント扱いするTV局とアスリートの“下心”

アテネ、北京で2種目を連覇した競泳の北島康介はお座敷が多くなったし、北京とロンドンで銀メダルを取ったフェンシングの太田雄貴もそう。太田は5月下旬にも飲食店のオーナーに連れられて銀座の高級店で飲み食いしていたが、リオで初戦負けは当然ですよ」 テレビ局がテレビ局なら、のこのこ出ていって喜んでいるアスリートにも問題があるのだ。…

惨敗に終わった池田勇太

プロツアー激辛情報

優れた指導者がいない限り東京五輪もメダル獲得は無理だ

水泳には北島康介を世界一に育てた平井伯昌コーチがいて、今は萩野公介などを指導している。 シンクロナイズドスイミングがリオ五輪でメダルを奪還出来たのは、井村雅代監督が中国から戻ったからだ。 日本のゴルフが東京五輪でメダルを取れるかどうかは、指導者いかんにかかっている。 「個々の選手にコーチがついているので、技術的なことについては口出しをしない」 リオ五輪のコーチに就…

銅メダルを獲得して喜ぶ(左から)松田、江原、小堀、萩野

競泳男子800mリレーで銅 52年ぶり表彰台で“伝統復活”

松田は、個人種目でメダルを逃した北島康介(33)への思いを「康介さんを手ぶらで帰すわけにはいかない」と表現した。自らが最年長選手になった今回、若いメンバーの3人があの時と同じように「丈志さんを手ぶらで帰すわけにはいかない」と口を揃えた。その思いに松田は積極的な泳ぎで応えた。 3位フィニッシュを確認すると、右拳を握り咆哮した。 800メートルリレーはもともと、日本の独…

ジャニーズ事務所

リオも東京も…ジャニーズに頼る民放TVの「五輪戦略」

各スポーツのアスリートがひな壇に座り、サッカーの槙野智章が「みんな試合前に香水をつける」とか、北島康介がドーピング検査のために「自分がどこに寝泊まりしててどこで練習してるかを(年365日毎日提出していた)」や、200メートル中に脚を肉離れしたのに「(脚の)ここのポジションなら蹴れると探って」レースを続けたなどエピソードを披露した。 昨年は関ジャニの村上がMCをしてい…

松田は選手の兄貴分的存在

4大会連続五輪の“兄貴”松田丈志が語る競泳日本の潜在能力

いいメンバーばかりで、僕はコーチと選手の間を取り持つような役割に徹しています」(松田) ロンドン五輪では今年4月に引退した平泳ぎ2大会連続2冠の北島康介(33)らとともに400メートルメドレーリレーで銀メダルを獲得。自身の銅(200メートルバタフライ)も含め、日本競泳陣は戦後最多となる11個のメダルを手にした。 松田は「大会ごとにコーチ、選手、練習内容は違うだけに比…

2位となるも五輪派遣標準記録を突破できなかった北島

男子100m平は代表ゼロ 厳格選考崩さない日本水連の自信

5大会連続の五輪出場を狙った北島康介(33)は、100メートル平泳ぎ決勝で59秒93の2位。準決勝では、北島1人だけ突破した派遣標準記録(59秒63)をクリアできず、この種目での代表入りは逃した。タイムについての感想を聞かれた北島は「ハー」とひと息ついてから「イヤー……言葉にならないですね」と、どうにか声を絞りだし、こう続けた。 「この緊張感を味方につけられず力を…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事